2019年には、日本の金融庁金融審議会から「老後の金融資産は約2000万円必要」
という報告書が発表され、2020年にはコロナ禍と、お金の不安は増すばかりですよね。

あなたも、将来のお金について不安を抱えながらも、今の生活に余裕があるわけでもなく、実際「お金の問題、どうしたらいいの?」

そんな風に悩んでいるのではないでしょうか?

 

そんなあなたが、もし、将来の不安が楽しみに変わるような、自分にとっての天職、天命が分かったら、この先、どんな気持ちで生きていけそうですか?

 

スポンサーリンク

「お金の源」が最初に生まれる場所

突然ですが、あなたはお金を何のために使っているでしょうか?

言うまでもなく、何かを買うためですよね。

ということは、お金自体が欲しいわけではなく「お金を払うことで手に入る何か」が欲しいわけです。

買い物=お金を払ってでも欲しい何か

私たちが本当に欲しいものは「お金」ではなく

お金は、欲しいものを得るためのツールである。

この公式は覚えておきましょう。

 

つまり、あなた以外の誰かにとって「本当に欲しいもの」を、あなたが持っていれば、あなたはお金をもらえる、理論上はそうなります。

 

誰かがお金を払ってでも、本当に必要としている何か=お金の源

ということです。

お金が手に入る仕組み

お金が欲しい、と思ったときに「給料のいい就職先を探す」というのは、誰もが考えますよね。

雇われ先が見つかれば、すぐに固定給が入るようになり、生活が安定するからです。

でも、デメリットもあります。

  1. 日常生活の大半の時間が雇用先の仕事に縛られ「時間の自由がなくなる」こと。
  2. 仕事内容に「自分のやりたくないこと、自分を活かせないこと」が含まれていても、我慢しなければならないこと。
  3. 仕事量や難易度が上がっても、昇進しても、収入の増加には一定の限界があること。
  4. 自分が産みだした価値は会社の社員全員で分け合う仕組みになっているので、お給料が自分の仕事の価値に比例しないこと。
  5. どんなに好きな仕事でも、雇用期間が終わったら収入源が絶たれること。

雇用されている間は、不満があったとしても、目の前にある仕事をこなしていれば、毎月、安定した給料がもらえます。

でも、会社に依存してお金をもらっている限り、自分の意志とは無関係に、時には理不尽に、収入源が絶たれる可能性があるわけです。

 

つまり、自分が他人に提供できる「眠っている自分の潜在的な価値とは何か?」
を正しく知り、それをお金に変換していく仕組みを理解しておくことは、自分の「お金の源」を会社に依存しなくて済む唯一の方法ということです。

 

「そうはいっても、自分でビジネスをするとなったら、たくさんの知識、セールススキルが必要なんじゃないの?ちょっとリスキー?」

 

実は、自分でビジネスを立ち上げずに、会社からお給料をもらうにしても、「お金の源」は同じです。

つまり、もし、あなたが今、会社からお給料をもらっているのなら、その会社は、お金を払ってでも「あなたの労働力が欲しい」ということを
意味しています。

さらに、お給料が上がる、ということは、「あなたが会社に提供しているものを、会社が、現在の給料よりも高いお金を払ってでも欲しい」
ということになります。

 

いきなり自分ビジネスを立ち上げるのが怖いなー、と思う方は、自分ビジネスで価値提供をするときに、「自分の見えない価値」だと自覚できるものを積極的に会社にも提供することを通して、その労力がどのような見返りをもたらすか、観察することで、本当にそれが他人様(ひとさま)にとっても価値となっているのか?を見分けることができるようになります。

提供した価値は、最初は、「承認」や「感謝」という目に見えないエネルギーとして還ってきます。

会社で、同僚や上司、部下、お客さんから、感謝される、仕事を認めてもらえる、
ということは、「あなたが誰かの欲しいと思っているモノを他人に提供できている」
ということであり、そこに収入アップや自分ビジネスをうまくいかせる「あなたの強み」が隠されている、ということなのです。

 

しかし、気をつけなければいけない点が2点あります。

1点目は、他人の言いなりばかりで「感謝はされても、自分は疲弊するばかりで全然嬉しくない」という場合です。

この状態を続けていると、エネルギーが逆流し始め、いずれお金が減る結果を招いてしまうことになります。

例えば、病気で仕事を辞めなければならなくなる、とか、精神的に参ってしまう、とか、不満が溜まって、それが周囲に伝わり、信頼がおちる、などのようなことになりやすくなります。

 

2点目は、自分は価値提供しているのに、目に見えないエネルギーが自分の元に還ってこない場合、それは、あなたが価値があると思っていることに対して、「相手は感謝するほど欲しいと思っていない」ということになります。

見えないエネルギーの見返りが返って来るケースでは、あなたが提供した価値を「相手が欲しがっていた」場合だけだからです。

例えば、あなたはキャビが高級食材なので、これがタダで試食できたら、誰だって嬉しいだろう、と考えたとします。
そして試食スタンドで、美味しそうなキャビアを勧めてみたとしても、キャビアが嫌いな人にとっては、感謝する理由にはならないということです。

 

その辺を見極める目を磨くように意識してみるといいですよ☆

天職へ転職する方法

楽しくお金を稼ぐ、と聞いたら、あなたも「天職」を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

お金の源=誰かがお金を払ってでも本当に欲しい何か

ということで、天職を、自分が持っている特技、資格、スキル、能力、経験、の中で、
「誰かがお金を払ってでも本当に欲しい何か」を仕事にする職を見つけようとすると、
実は、何十年という年月を棒に振ってしまいかねないので、注意してくださいね。

「天職」は、自分が持っている、目に見える資格や能力、他者に評価されるものではなく
「ソレをやっている自分が好き、ソレを他人に提供する喜びを感じる」ものを提供するお仕事です。

「自分にできることを提供すること」でお金をもらうのとは違うのです。

 

いくら、現在の給料がよくても、そうした仕事の給料で、真に満足することは難しいでしょう。

その場合は、どうしても将来の不安がつきまとってしまうものです。

会社勤めでも、自分ビジネスでも、例え、見返りがなくても、人に提供することで喜びを感じるものとは何か?について考えることで、

「自分にとっての天職とは何か?」その定義が見えてきます。

天職さがし

これが天職なんじゃないか?いや、アッチかな?

天職を探すときは「自分にとって最も価値を感じることは何か?」について考えることが大切です。

一度、コレかな?というものが見つかったら、その価値をお金をもらわずに友人や家族などへ提供しているかどうか?を振り返ってみてください。

 

人間行動学では、人は自分にとって大切なことは無意識に人と分かち合おうとしている、と言われています。

つまり、これまで「お金にならない」という理由で取り組んでこなかったことは、
あなたにとって、それほど優先順位が高いものではなく「他にもっと大切にしていることがある」ということを意味しているのです

天職につながる「あなたにとって大切なこと」は、プライベートでも職場でも
どんな場面でも大切にしていること、意識していることの中に見つかります。

 

この記事が気に入った方は、こちらの記事もおススメです。

仕事にやりがいを感じない方が「潜在意識で天職さがし」をするための5ステップ