あなたは心のどこかで、こんな思いを抱えていませんか?

「潜在意識をうまく使って、仕事で成功を収めることができたらいいのに!!!」

寸暇を惜しんで成功プランを練ったり、血の滲むような努力をしたりしなくても、「自然と仕事がうまくいく」「成功の流れに乗る」そんな未来が手に入ったら、あなたは、どんな気持ちになりますか?

それを実現するためには、どうしたらいいでしょうか?

その答えは・・・???

「あなたが努力していると感じない仕事」を選ぶことなんです。

何故って、自分の仕事が「努力しなくてもできる=頑張らなくてもできること」だったら、「頑張ってないのに、お金が入ってくる」ということになりますよね?

大したことやってないのに、なんか、感謝されて、お金まで貰っちゃった♪

なぁんて、ウキウキした毎日になりそうですね。

では、「あなたが努力と感じない仕事」って、一体どんな仕事なのでしょうか?

仕事の選び方

「努力してないと感じられる仕事」=「好きなコト」

あなたには、もしかしたら、こういう公式があるかもしれません。

これって、ハマりやすい落とし穴なんですよね。

この記事を読んだあなたは気をつけてくださいね。

何故、落とし穴なのかというと、こう思った途端、「私がそんなに大好きになれることって何だろう?」と、考え始めてしまうからです。

 

「ものすご~く好きなこと?・・・アレは好きだけど、でも、そこまでじゃないし、コレもいいけど、仕事にするのはなぁ」

こんな迷子ちゃんになってしまいます。

巷には、よく「ワクワクしたり、ウキウキしたりする感覚を大事にしましょう」なんてアドバイスがありますが、実は、これがアナタを迷走へと導いてしまう理由でもあるんですよね。

何故なら、こうしたダイッ好きな仕事を探しても、満足できる仕事には、なかなか出会えないからです。

そうなの?

知っていましたか?

趣味とか、好きなことをして感じる幸せって、一時的なものに過ぎないんです。

実は、心理学のある研究で「楽しみだったことが日常になると、その喜びが薄れる」という実験結果があります。

確かに、アイスクリームが好きでも、毎日食べられると分かったら、そんなに魅力的ではなくなりますよね?

ディズニーランドだって、毎日行ったら、いつかは飽きて、USJに行きたくなるでしょう。

というわけで、人生の幸せ感を上げるには「楽しみは、ときどきがいい」というのが、心理学の見解なんですね。

ですから、このようなタイプの「好き」は、仕事には向きません。

仕事は毎日、人生の大半の時間を使う習慣的な活動だからです。

下手をすると、「好き」だったことが「仕事」になった途端、好きではなくなり「趣味のない味気ない人生」になってしまうかもしれません。

そんなの、悲しいですよね。

そんなのイヤだ

ですから、「例え、仕事でなくても毎日してしまうような行動を仕事にしてしまう」方が、幸せな仕事選びができるのです。

そんな行動は “あなたが普段、無意識に繰り返している行動”にあります。

無意識に繰り返している行動は、どんなに長時間していても「あなたが努力しているとは感じない活動」であり、子どもの頃から無意識に何度も繰り返しているため「あなたにとって得意な活動、人より秀でている点」になります。

潜在意識を使えるようになる成功する仕事探し - ワーク1

あなたにとって、無意識に繰り返している行動とは、どんな行動なのでしょうか?

 

それを見つけるために、まずは「子どもの頃にしていた遊び」を思い出してみてください。

 

できれば、幼稚園や小学校低学年の頃のことがいいですね。その頃にしていた遊びの中で、あなたが一番、頻繁にしていた作業を挙げて欲しいのです。

 

遊びの種類ではなくて、実際に繰り返し、していた遊びのスタイルや行動、作業を思い出してみてください。

 

例えば次のような感じです。

 

  • レゴを図面通りに作ること
  • ヒーローごっこで、敵と戦うバトル
  • 友達とのお喋り

 

その際、自分が好きだったかどうかに惑わされないでください。

「好きでなくても頻繁にしていたこと、気づくとしていたこと」をリストアップしてみましょう。

 

その次に、今までしてきた仕事の中で、一番多くの時間を費やしてきた行動や作業を思い出してください。

 

その共通点にフォーカスを当ててみます。

 

このワークを実践し、例えば、次のようなことに気づいた方がいらっしゃいます。

潜在意識で成功する仕事を見つけた人の例

話の聴き役

子どもの頃は、お友達の話をよく聞いていた。

大人になってからも、仕事の中で、いつも誰かの話を聴く役をしていた。

この方にとって「聴く」という作業は、普段、無意識に当たり前にしていることで、「聴く」ということは「努力せずにできる」ということなんですね。

なので、この方にとって「聴く」ことが重要な作業は、天職になる可能性があります。

実際、この方は、それに気づいてから『傾聴』を専門に学び、仕事にされるための準備を始めました。

ものすっごく楽しいそうです。

コミュニケーション&繋げ役

子どもの頃は、友達と話すこと、友達と友達の間をとりもつことをしていた。

大人になっても、コミュニケーションをして、人と人、或いは組織と組織をコーディネートしたり、システムとシステムを繋げたりしていた。

この方は、「人とのお喋り」や「人との繋がりの輪を広げていく」ことを無意識にしてきたので、そういった仕事は努力しなくてもできる、ということになります。

潜在意識でアナタが成功する仕事探し ワーク1のまとめ

ここまでお話してきたことは、「潜在的な才能」と言うこともできます。

誰もが「人の話を聴くこと」が得意ではないですし、誰もが「人と人との繋がりを作っていくこと」を得意とするわけではありません。

では、「潜在的な才能」が分かっただけで、スグに「潜在意識で仕事の成功を引き寄せる」ことができるのでしょうか?

実は、潜在意識で自分に合った仕事を引き寄せ、成功するには、これだけでは不十分なんです。

そうなの?

あなたが持っている、そうした潜在能力を「どういう目的で使いたいのか?」が分からないと、仕事としては成功しません。

何故なら「仕事とは、何かしらのメリットを誰かにもたらす目的で行うもの」なので、スキルがあっても、それを「どんな人に」「どんなメリットを提供する目的で」行うのか、が明確になっていなければ、誰もあなたの仕事に興味を持ってくれないんですよね。

就職先や、お客様の存在しない「仕事」になってしまうのです。

「私には○○な技術があります!」「○○おススメですよ~」と言っても、○○を求める人がいなければ、仕事にはならないわけですね。

また、その「どんな人に」「どんなメリットを提供する目的で」という部分が、あなたにとって心から大事だと思える価値観とズレた目的になっていると、今度は、お客様や、会社から求められて引き受けたとしても、あなた自身は仕事にストレスを感じることになります。

ここが大事

では、あなたが仕事をする目的は、どうやって探したらいいのでしょうか?

潜在意識で仕事に成功するための目的さがし - ワーク2

それには、あなたの「潜在意識の欲求」を知る必要があります。

潜在意識の欲求とは、あなたが「心の奥底から望む、理想の世界観」のことです。

あなたにとって「社会(人々の暮らし)がこんな風に変わっていってくれたらいいのに、と思えることに貢献できる仕事」なら、活き活きと輝いて、仕事にやりがいを見出すことができるでしょう。

では、あなたが「潜在意識から望んでいる理想の世界観」とは、どんな世界なのでしょうか?

それが分かるのが、次に紹介するワークです。

  1. 日常で、「頻繁に聞く愚痴」は、どんな愚痴ですか?どんな話題を頻繁にしていますか?
  2. 人生の打ち明け話を聞いたり、ニュースを見たりして「なんとかならないのかな?」「理不尽だ」と頭に残ったり、ついつい「解決策をアドバイス」したくなったりする話題には、どんなことがありますか?
  3. いつも、心配していること、友だちに久しぶりにあって、まず心配すること、まず尋ねることは何ですか?

これら、よく話題になっていることについて、あなたは、「どうなったらいいのにな」と望んでいますか?

 

それが、あなたにとっての「理想の世界」の雛形になります。

多くの場合、「人なら誰だって同じように思うでしょ?」と感じるのですが、実は違うんですね。

私も、セッションをしていて、毎回、お客様が「当たり前だと思っていること」に驚いたり、私にとって当たり前なことが、全くそうではなかったりすることに驚きます。

あなたが「心を痛めている問題」について、他人は「まあ、そうだね」くらいにしか思っておらず、他にもっと優先度の高い問題があるのです。

会社の上司やパートナー、親子などとの間で、人間関係がうまくいかなかったり、理解されなくてガッカリしたりするのは、あなたにとっての「問題の優先度」と、相手にとっての「問題の優先度」が違うからです。

「あなたにとって、「優先度の高い問題」とは、何でしょうか?

あなたが「幸せな人生を送るために、絶対に大事なことだ!!!!!」と感じていること、ぜひ、見つけてくださいね。

 

潜在意識で仕事に成功するための目的さがしワーク2のまとめ

ワーク1で分かった「潜在的な能力」を、ワーク2で分かった「理想の世界の実現のために使う」ことで、「自然と仕事がうまくいく」「成功の流れに乗る」そんな仕事の種類が見つかります。

何故なら、「「心から大事だと思っていること」について、私たちは「無意識に努力する」脳になっているからです。

「無意識の努力」は自然に行われるため、「頑張ろう」と思うこともなく、「努力している」と感じることもありません。

自分にとっては当たり前にやっていることが、他人から見ると「大きな成果、誰にもできない成果」として評価される、ということで、「なんか運よく成功の流れに乗っている」と感じられるようになっていくんですね。

引き寄せも起こるようになりますよ♪

関連記事

天職の見つけ方3ポイント★誰でも簡単にできる自己分析