まなみん

佐々木 まなみ

元京大医学研究科勤務の『リケジョ』がフランスで、アル方法で出産したところ・・・、

陣痛が、なくなっちゃう衝撃の体験に!

『意識が変わる=現実の見え方が変わる』

これを出産で経験した私は、「意識と精神のバランスを整えるセラピーを習得し、日本人発、フランス労働省管轄RNCPレベル認定ソフロロジスト(呼吸療法のセラピスト)になりました。

佐々木 まなみ(ニックネーム:マナミー)

■パリ近郊在住。(大阪腑高槻市に引っ越し予定)

 

住んだ場所
大阪生まれ
5ヵ月~3歳: オランダ2年・アメリカ1年。
小学校~大学: 四日市市・福岡市。
社会人: 大阪・京都・パリ近郊。

 

学歴: 九州大学 卒。

 

好きな観光
「九州の自然とラーメン」
京都周辺の神社・お寺・お祭り観光」
「フランス:サクレクール寺院」
「フランス:モン・サン・ミッシェル」
「スペイン:テネリフ島」
「スイス:レマン湖」
「アイルランドの自然」

 

好きなアニメ
「ハイキュー」
「弱虫ペダル」
「毀滅の刃」
「ソード・アート・オンライン」
「コードギアス」
「フルメタル・アルケミスト」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「攻殻機動隊」
「フルメタルパニック」
「ガンダム・シード」
「青のエクソシスト」
「のだめカンタービレ」
「伝説の少年アン」

 

好きな映画
「ヒックとドラゴン」
「ファインディング・ニモ」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」
「ハリーポッター」

 

好きな小説
「精霊の守り人」
「ゲド戦記」

 

バイオリン歴:4歳から

 

好きな曲
「ドボルザーク: 交響曲第7番、第9番」
「ブルックナー: 交響曲第4番、第5番」
「ブラームス:  バイオリンソナタ第1番『雨の歌』」
「バッハ:    バイオリン無伴奏曲集」
「モーツァルト: レクイエム、オペラ魔笛」

 

好きなアーティスト
「Xジャパン」
「クイーン」

 

趣味:アニメ鑑賞、映画鑑賞、瞑想。

 

家族
フランス人の夫と娘と3人暮らし。
バイリンガル育児に奮闘中。

 

顕在意識しか信じなかった私

実は数年前までは、私も「意識」という言葉の意味が分かっていませんでした。

セラピストになる前は、京都大学の医学研究科で実験に日夜明け暮れ、目に見えるデータだけを信じる業界で人生を送っていたのですから、それも当然です。

実験2

そんな私の人生が、大きく変わったのは、妊娠と出産。

妊娠発覚 京都中の神社に安産祈願も、不安消えず・・・

第一子の妊娠が発覚した頃、私は「外国人の人気No.1!観光スポット」でもある、伏見稲荷大社のすぐ側の深草という町に住んでいました。

京都の神社巡りや鴨川散歩、アニメのオトナ見を満喫していた頃の話です(笑)。

神社観光稲荷大社

子どもを授かるのは嬉しいのですが、「出産が大変なのはイヤ」と思った私は、京都のありがたい神社・仏閣に安産祈願するだけでなく、「痛みが消える出産方法」と探しまくっていました(笑)。

そして遂にイギリスのキャサリン妃が実践された自己催眠出産(ヒプノバーシング)なるものを発見したのです!

ヒプノバーシングとは、意識の状態をコントロールすることで痛みをなくす「自然派・和痛分娩」です。

妊婦 調べる

その結果・・・???

本当に痛みは感じず、助産師さんたちにも驚かれ、私も、ビックリ仰天。

そうなの?

※私の出産体験記事についてはコチラからどうぞ。

妊娠ママ

 

 

私のヒプノバーシング(自己催眠出産)【体験談】

 

 

この衝撃的な体験がきっかけとなり、「意識を整えるセラピー」ソフロロジーの育児書を読み始めました。ソフロロジーとは、意識の状態を呼吸を用いてコントロールすることで、心と体のパフォーマンスを上げていくセラピーです。

実践してみると、子育て・夫婦関係・人生の全てにおいて大きな恩恵を受けることができました。

潜在意識へ開眼した私

出産前までの私には、「愚痴がない人生」なんて想像できませんでした。

  • パートナーにイライラ。
  • 仕事で上司や客の態度にモヤっと感じる自分を抑えてる。
  • 昼過ぎると、体がしんどくなったり、呼吸が浅くなったり、精神的な負荷がかかると動悸がしたり、でも、コーヒーを飲んでムリやり乗り切っている・・・。
矢印 二重線

それが、意識を整えることで、外で起こっている出来事は同じはずなのに、私の現実だけが、こんな風に変わってしまったのです!

  • いつも心が平和。
  • 誰にもモヤっとしない。
  • 姿勢がよくなり、偏頭痛も消える。

実は、心や体の不快症状は、あなたが、周りの期待に応えようと必死になり、「自分の本音」とは対立する行動をしているときに出てきます

このとき、あなたは、潜在意識では自分でしていることに納得できていません。

本当はしたくない仕事を、我慢してやっていたり、言いたいことがあるのに大人っぽく冷静に振舞うために飲み込んでいたりしていて、そして、心や体は、自分に嘘をついているあなたを、必死でサポートしようとしているのです。

けれども、どんなに心や体が頑張っても、限界があります。

だからこそ、倒れてしまう前に軌道修正してもらおうと、潜在意識からメッセージが送られてくるのです。

それが、即ち、「イラッ・怒り・モヤっ・くやしさ・寂しさ」「体の疲労感・だるさ・しんどさ・慢性痛・凝り・呼吸のしづらさ」などの、あると面倒くさい、消したくなる症状なです。

 

心と体の困った症状は、心と体が私たちに呼びかける「コーリング・呼び鈴」

電話

「コーリング」という言葉は、実は、英語では「使命へ目覚めるための啓示」という意味でも使われます。

心や体の困った症状の裏には、「~がイヤだ」という潜在的な気持ちが隠れていて、その思いと表裏一体に「本当はこうあってほしい」という願いや望みが存在するのです。

そして「本当はこうあってほしい」という願いや望みが大きければ大きいほど、感じるストレスの度合いは強くなり、心や体にかかる負担も大きくなります

それら、1つ1つのストレスの裏側にある「本音にある望みや願い」をパズルのように組み合わせていくと、本来の自分を輝かせながら生きるには、どうしたらいいか?が分かるようになります。

抑圧から解放され、自分らしく、やりたいことに目覚め、充実感と幸せを感じる毎日へシフトするための「人生の宝の原石」は、ストレスという鉱山の山奥に埋蔵されているのです。

diamond

人生の苦悩は世代連鎖する

セラピストとして、多くの方の「心や体との対話」を重ねていく中で、私はあることに気づくようになりました。

それは、不遇な子ども時代、辛い気持ちや体の症状を持つ方ほど、「本来の自分の姿」に目覚めたときの輝きが大きいということです。

子どもの頃から、「親から玄関に投げつけられた」という話を聞いたり、他人にひどい言葉を言われたり、親が自殺したりした話を聞いては、とても心が痛みました。

けれど、そんな話を聞いても、子どもの頃の私には、何の力もなかったのです。

大人になってからも、親からのDV・モラハラ、離婚、兄弟間差別、親兄弟との死別、学校教師からのイジメなど、様々な体験を克服できないまま、周りとうまくやっていこうと必死に生きている方々に逢う度に、それでも、うまくやっていけない孤独の中に生きている状況に、「なんて人生は不平等なんだ」と、理不尽さを感じ続けていました。

そうなんです。

「人生の苦悩」は、あなたの人生に、突然、降りかかるものではなく、「祖父母の代から、親へ、子へ、孫へと世代連鎖していくもの」なんです。

世代連鎖しない「苦悩」がない、ということがハッキリと分かったのも「意識の構造」が理解できたからでした。

泣く子ども

人生のどこかで被害者になると、私たちは、いつまでも加害者に対して、自分の人生の責任を負わせたくなるところがありますよね?

けれど、「親のせい、○○のせいで、自分の人生が台無しだ」と、加害者に苛立ちを募らせていても、苦しみは消えません。

それどころか、その歪んだ意識は、さらに新たな苦悩を引き起こす、という「意識の法則」があります。

だから、「苦しい子ども時代を送った人は大人になっても苦しみ続ける」という理不尽な人生ドラマが繰り広げられていくのです。

 

それでも、本人が本気で向き合う気持ちがあれば、例え、「変えられない過去の出来事」であっても、その「後悔」や「自責の念」「苦痛」や「思い出したくないほど辛い感覚」を消す方法があることも分かりました。

これが、私たち家族を救ってくれたのです。

もし、そのことを知らないまま子育てをしていたら、私の娘は、どんな風に育っただろうかと思うと、想像もしたくありません。

 

あなたが、自分らしく満たされて生きていくのに、親やパートナーの人格を変える必要はなく、親子関係、夫婦関係、職場の人間関係、お金の循環、すべて、自分にアプローチすることで、自由に変化させていくことができます。

意識をパラダイム・シフトさせることで、それは可能なのです。

 

そして、それを実践するようになってから、私の人生は経験したことがないほど平和になりました。

そして、それは私だけでなく、誰もが経験できることなんです。

何故なら、自分の外側に原因があるように見える心の苦しみ、体の苦痛は、自分の意識の内側で起こっている何かの対立が外に表れているに過ぎないからです。

そして、「呼吸をコントロールし、精神と意識のバランスを整え、安心感の中で潜在意識からのメッセージに耳を傾ける」という方法で、誰でも、その葛藤を平和に収めることができるようになります。

セラピストとしての私

出産をきっかけに、大きく人生が変わった私の、セラピストとしての強みは、大きく2つあります。

  1. 体の仕組みに関する生物学的な知識を持っていること。
  2. 日本語では学べない「精神と意識を整える」セラピーを実践していること。

1つ目については、フランスの労働省管轄RNCPレベル認定を持っている「ソフロロジスト(呼吸療法セラピスト)」は日本人では私が初めてです。

2つ目については、ほとんどの心理手法を学ぶセラピストは、その背景にある分子生物学的な知識がありません。

逆に、分子生物学的な知識を専門に学ぶ人はセラピストにはならないんです。

元々の生物学的な知識の土台があるうえでセラピーを実践していること、そして、セラピーなどの心理手法が日本よりも発展している海外文献を読める語学力が、他のセラピストさんとは異なる点です。

セラピストとしての想い

「子どもの頃から辛い思いをしてきた」

「大人になった今も人生を模索している」

そんな方々に、人生の苦悩から解放されてほしい。

そして、ただ問題をなくすだけではなく、実際に、人生を好転させていって欲しいと思っています。

あなたが、本気で「自分の人生を変えたい」と思ったとき、「人生の仕組み」や「意識の構造」を知ることで、それが可能だということが当サイトを通して少しでも伝われば幸いです。

『満たされた幸せな人生』は、『あなたの内面にある意識の平和』に宿ることを忘れず、不安や恐れを『安心』へと変えていきましょう。

そして、あなたの「内面に秘められている意識の力」を少しでも開花させていってくださいね。

 

呼吸療法「ソフロロジー」について、詳しく知りたいなと思った方は、コチラから資料をダウンロードください。

ダウンロードのためのパスワードは「sophro」です。

「呼吸療法『ソフロロジー』について.pdf」

 

意識を整える心と体のウェルネス・セラピー

セラピスト まなみ

セラピスト まなみん

 

 

プロフィールを最後まで、お読みくださり、ありがとうございました!

 

- 略歴 -

〇 九州大学・理学部生物学科 卒
〇 語学:DALF C1 (仏語 ネイティブレベル試験) 取得
〇 前職:京都大学・医学研究科勤務
〇 2016年にフランスで「自己催眠出産(ヒプノバーシング)」にて第一子出産。
〇   スペインの精神科医が創始した「意識の学問」『呼吸療法(仏語:ソフロロジー)』を習得。
職業技術レベル認定をするフランスの国家機関「France compétences」のRNCP認定ソフロロジスト。
〇 フランス・ソフロロジー協会 協会員。

※ソフロロジストは英語読みでSophrologueソフロロッグがフランス語読みです。

RNCP

〇 ライフシントロピー心理学協会 (日本) 公認ライフシントロピスト

ライフシントロピスト認定証