まなみん

佐々木 まなみ

元京大医学研究科勤務の『リケジョ』がフランスで、アル方法で出産したところ・・・、

陣痛が、なくなっちゃう衝撃の体験に!

好奇心から『意識の仕組み』を学び始め、

日本人発、フランスの国家機関RNCP認定『呼吸・瞑想セラピスト』になりました。

佐々木 まなみ(まなみん)

■天気のいい日は近くの公園からサクレクール寺院が見えるパリ近郊在住。

 

住んだ場所
大阪生まれ、5ヵ月~3歳までオランダ2年・アメリカ1年。
小学校~大学まで四日市市・福岡市。
社会人になってから大阪・京都・パリ近郊。

 

学歴: 九大 卒。

 

好きな観光
「九州の自然」
「美味しい食べ物・ラーメン」
京都周辺の神社・お寺・お祭り観光」
「サクレクール寺院」
モンサンミッシェル」
「スペイン・テネリフ島」
「レマン湖」
「アイルランド」

 

好きなアニメ
「ハイキュー」
「弱虫ペダル」
「毀滅の刃」
「ソード・アート・オンライン」
「コードギアス」
「フルメタル・アルケミスト」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「攻殻機動隊」
「フルメタルパニック」
「ガンダム・シード」
「青のエクソシスト」
「のだめカンタービレ」
「伝説の少年アン」

 

好きな映画
「ヒックとドラゴン」
「ファインディング・ニモ」
「ライラの冒険」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」
「ハリーポッター」

 

好きな小説
「精霊の守り人」
「ゲド戦記」

 

バイオリン歴:4歳から

 

好きな曲
「ドボルザーク: 交響曲第7番、第9番」
「ブルックナー: 交響曲第4番、第5番」
「ブラームス:  バイオリンソナタ第1番『雨の歌』」
「バッハ:    バイオリン無伴奏曲集」
「モーツァルト: レクイエム、オペラ魔笛」

 

好きなアーティスト
「Xジャパン」
「クイーン」

 

趣味:アニメ鑑賞、映画鑑賞、瞑想。

 

家族
フランス人夫と娘と3人暮らし。
バイリンガル育児に奮闘中。

妊娠発覚 京都中の神社に安産祈願も、不安消えず・・・

第一子の妊娠が発覚した頃、私は、まだ京都大学医学部の研究室でDNA実験や細胞実験に明け暮れる毎日を送っていました。

「外国人の人気No.1!観光スポット」でもある、伏見稲荷大社のすぐ側にある深草という町に住んでいて、京都の神社巡りや鴨川散歩、アニメのオトナ見を満喫していた頃の話です(笑)。

神社観光稲荷大社

妊娠した私は、ついつい「リケジョ」の癖が出て、「受精卵から、どうやって胎児が赤ちゃんになっていくのか?」気になり、医師の文献を読んでは、お腹の中で繰り広げられているハズのドラマに、妄想(想像)を膨らませていました。

と同時に、京都のありがたい神社・仏閣に安産祈願するだけでは心配で、「痛くなくなる出産方法はないものか?」と探したことが、セラピストの私の始まり、になったのです (^-^; 。

妊婦 調べる

自分の意識をコントロールし、出産の痛みを抑えるための訓練は積みましたが、実際、それがどれ程、効果をもたらすのかは不明なまま、「これも実験」という気持ちで破水を迎え、いざ産院へ。

お腹が張る兆候を感じる度に「意識の状態を変える」ということを繰り返したのですが、まあ、本当に痛みは感じず、助産師さんたちにも驚かれたほどでした。

もしかしたら、この出産体験だけなら、そこまで衝撃を受けなかったのかもしれません。けれど、生まれてきた赤ん坊との意思疎通、赤ん坊の情緒の落ち着きは間違いなく妊娠期の「意識の訓練の影響だ」と感じたことから、私の潜在意識に対する認識が変わりました。

産婦人科医の文献を読んでいましたから、人間の脳が胎児期に最も大きな成長を遂げることは知っていました。

その時期に、母親である私が自分の意識の状態を整え、胎児の意識と繋がる、つまり潜在意識によるコミュニケーションを胎児と重ねていたことが、出生後の赤ん坊の「情緒の落ち着き」に繋がっていたこと、「新生児期から母子の意思疎通がスムーズな育児を可能にした」ことを、強く感じました。

出産

この恩恵を、もっと育児に活かしたいと「呼吸や意識のコントロール」を子どもの発達に活かすための書籍を読み込みました。セラピーの本が育児書になったんですね。そして、これにも大きな恩恵を受けました。

ここで「潜在意識、マジやべー」と、私は開眼してしまったのです。

人生の苦悩は親子連鎖する

そもそも、何故、「胎教・出産・新生児育児」に、私がそこまで身構えたのかといえば、育った家庭で信頼ある人間関係を育めなかったからなんです。

「親子連鎖」で、「生まれてくる我が子に、知らず知らず親のエゴを押し付けてしまわないか?」ということが心配でした。

そして、意識の世界を学べば学ぶほど、私の怖れは正しかったことが、分かってしまいました(汗)。

それと同時に「連鎖を断ち切る方法」を手に入れたこと、それが大きな救いだったと、今でも思います。

実際に、私のセラピーを受けに来られる方は、フランス人も日本人も、皆、苦悩の連鎖の中に生きていらっしゃいます。

そうなんです。

「人生の苦悩」は、あなたの身に突然、降りかかってくるものではなく、「親から子へと世代連鎖していくもの」なのです。

しかし、その連鎖は、あなたが自分と向き合い癒されることによって、断ち切ることができ、そこからは新たな「癒しの連鎖」が広がっていくことになります。

私も子育ての中で、その「連鎖のシフト」を体験しましたし、クライアントさんたちも皆、ご家族との人間関係、仕事やプライベートで「連鎖のシフト」が起こっていくのを体験しています。

諦めたくなるような人生の試練の中で、それでも「幸せになりたい」と思い、手を伸ばす。それが「人の心」だと私は考えています。

だから、伸ばしたその手を下ろさなくていいように、「セラピー」という名の「苦しみから幸せへ方向転換するためのツール」に出会って頂きたい、と思うのです。

現実化だよ

セラピストとしての特徴

私のセラピストとしての特徴は、大きく2つあります。

  1. フランス語でしか学べないセラピーを実践していること。
  2. 元々、体や神経の仕組みなどを専門的に学び、研究に携わってきたこと。

1つ目については、フランスで私と同じ手法を学んでいる日本人セラピストを他に知りません。

2つ目については、ほとんどのセラピストは、手法を学び実践できるようになりますが、その背景にある生体メカニズムの専門的な知識がありません。

逆に、生体の分子メカニズムを専門的に知っている方々は、セラピストを目指さず、他の職業に就かれます。

元々の生命科学的な知識の土台の上に「セラピーという実践手法」を学んだこと、フランスで学んでいることが、セラピストとして稀有な強みとなっています。

セラピストとしての使命

この世界にある「葛藤の親子連鎖」「言葉の暴力」「虐待」「イジメ」などから生まれた「生き辛さ」を「癒しの波紋」へと変えていく。

そのために、私はセラピーをしています。

元々セラピストになるために学んだわけではない「フランス語」「生命科学的な専門知識」、そして「これまでの人生の葛藤のすべて」が、今の仕事へと繋がっているんだなぁ、と感じます。

しかも、それは決して私だけのストーリーではありません。

『心の中に抑圧された葛藤』は、潜在意識に眠る生まれてきた使命にダイレクトに繋がっています。そして癒すことで初めて、人生の光へと変化していくんです。

私のセラピーでは、そんなことをご提供させて頂いています。

 

プロフィールを最後まで、お読みくださり、ありがとうございました!

ikigai

 

- 略歴 -

〇 九州大学・理学部生物学科 卒
〇 語学:DALF C1 (仏語 ネイティブレベル試験) 取得
〇 前職:京都大学・医学研究科勤務
〇 2016年にフランスで「自己催眠出産(ヒプノバーシング)」にて第一子出産。
〇   スペインの精神科医が創始した「意識の学問」『イメージ呼吸セラピー(仏語:ソフロロジー)』を習得。
職業技術レベル認定をするフランスの国家機関「France compétences」のRNCP認定ソフロロジスト
〇 フランス・ソフロロジー協会 協会員。

※ソフロロジストは英語読みでSophrologueソフロロッグがフランス語読みです。

RNCP

〇 ライフシントロピー心理学協会 (日本) 公認ライフシントロピスト

ライフシントロピスト認定証