まなみん

元京大医学研究科勤務の『論理派リケジョ』が、フランスで自己催眠出産・ヒプノバーシングを体験・・・。

その結果『潜在意識に覚醒』。

フランス語ができたおかげで意識のサイエンス『イメージ呼吸セラピー (仏語:ソフロロジー)』を習得。

日本人発のフランス公式資格RNCPレベル認定者となりました。

 

佐々木 まなみ(まなみん)

■天気のいい日は近くの公園からサクレクール寺院が見えるパリ近郊在住。

 

住んだ場所
大阪生まれ、5ヵ月~3歳までオランダ2年・アメリカ1年。
小学校~大学まで四日市市・福岡市。
社会人になってから大阪・京都・パリ近郊。

 

学歴: 九大 卒。

 

好きな観光
「九州の自然」
「美味しい食べ物・ラーメン」
京都周辺の神社・お寺・お祭り観光」
「サクレクール寺院」
モンサンミッシェル」
「スペイン・テネリフ島」
「レマン湖」
「アイルランド」

 

好きなアニメ
「ハイキュー」
「弱虫ペダル」
「毀滅の刃」
「ソード・アート・オンライン」
「コードギアス」
「フルメタル・アルケミスト」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「攻殻機動隊」
「フルメタルパニック」
「ガンダム・シード」
「青のエクソシスト」
「のだめカンタービレ」
「伝説の少年アン」

 

好きな映画
「ヒックとドラゴン」
「ファインディング・ニモ」
「ライラの冒険」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」
「ハリーポッター」

 

好きな小説
「精霊の守り人」
「ゲド戦記」

 

バイオリン歴:4歳から

 

好きな曲
「ドボルザーク: 交響曲第7番、第9番」
「ブルックナー: 交響曲第4番、第5番」
「ブラームス:  バイオリンソナタ第1番『雨の歌』」
「バッハ:    バイオリン無伴奏曲集」
「モーツァルト: レクイエム、オペラ魔笛」

 

好きなアーティスト
「Xジャパン」
「クイーン」

 

趣味:アニメ鑑賞、映画鑑賞、瞑想。

 

家族
4歳児とフランス人夫との3人暮らし。
バイリンガル育児に奮闘中。

フランスと私

私が初めてフランスに渡ったのは2008年のことなんです。

幼少期に海外で育っていたこともあり「大人になったら海外に行ってみたい」と、常々思っていたんですよね。

実は、特に思い入れがあってフランスを選んだわけではありません。英語は中学から学びますし、大学ではドイツ語を第二外国語選択で専攻。

フランスは「未知の世界だから、新しい発見があって面白いかも!」

動機は、こんな風に、吹けば飛ぶような軽いものだったんです。

ですから、フランス語も、ほとんど話せないまま渡仏し、「フランス語は難しいから、片言が話せるだけでも十分」と思っていました。ところが、現地で学び始めてみると、意外に面白くてフランス語の勉強にハマってしまいました(笑)。

それは、フランス語で学ぶフランス文化、フランス人とのコミュニケーションが魅力的だったからでもあります。

フランス

日常で出会うフランス人は気さくでユーモアに溢れ、初対面でも心や感性で接してくれます。

地下鉄で席が隣になった、というだけでも、私が日本語で話しているのを聞いて、話しかけてくる親日家のフランス人の方もいらっしゃいます。

そんなときは、日本に旅行したときの感動や、自分が愛する日本人の人柄や心の在り方について情熱的に語ってくださり、そして、降りる駅で「オ・ルボワー」と別れます。

数分間の一期一会ですが、その間にも、相手の人生観や人柄などが伝わってくる会話があるんですね。

 

そんな風にして、フランス語の勉強が好きで、数年ごとに日仏を行ったり来たりしながら、最終的には「DALF C1」というネイティブレベルのヨーロッパ規格・語学試験を通過するまでになりました。

ちなみに、C1レベルの1つ下のレベル・B2があればフランスの日常生活には困りませんので、日本人で「C1」を取得している人は本当に少ないと思います。

ネット社会では言葉がパスポート

フランス語ができるようになると、フランス語でネット検索をする頻度が増えていきました。

すると、日本語サイトとフランス語サイトの情報の違いを目の当たりにしたんですね。これは私にとって、ショックな体験でした。

例えば、レストランに関するドキュメンタリーでは、様々な規模のレストランの裏側を取材し、「目安として10品目以上のメニューを置いているレストランは、委託先から冷凍で仕入れた料理を温めただけのものが客に出されている」つまり、「10品目よりも大幅に多い料理を自家製ですべて調理し、多くのお客さんに提供するのは無理だ」ということを、実際の取材映像と共に伝えているものがありました。

他にも、日本の地域のお祭りについての紹介では、私が日本で耳にしたことがないようなことをフランス語の情報で知りましたし、心理学や体の仕組みについても、深いところまで、一般の方々が理解できる形で公開されているサイトがたくさんあります。

「国際社会だ、国際的な競争力が必要だ」と言われている時代に、日本語の情報だけで世界を理解すると、間違ったことを信じるようになりかねない、という気持ちになりました。

言葉が違う、ということによる情報格差を切実に感じたんですよね。

バリア

フランス語ができるようになり、気づかされたことは、それだけではありません。

フランスには、理系の科学ジャーナリストがたくさんいます。つまり、子どもを含め、一般の方々がサイエンスの感覚をある程度、持っているのです。

元々、理系、研究業界で仕事をしていたので、この点も、日本社会とフランス社会の違いを歯がゆく感じた点でした。

セラピーとの出会い

日本語では学ぶことができない知識の一つに「ソフロロジー」というセラピーがあります。

※このサイトでは、日本の皆さんにイメージして頂きやすいように「イメージ呼吸セラピー」と日本語訳させてもらっています。オリジナルの名前は「ソフロロジー」といいます。

実は、このセラピーとの出会いも、フランス語と同じように、人生の流れの中で起こったものでした。

痛い出産がイヤでヒプノバーシング(自己催眠出産)を選び、フランスでスキルを習得して出産に臨んだことが切っ掛けなんです。

妊娠ママ

結果、「痛いはずの痛みがなくなった体験」に、人生最大といってもいいほど、大きな衝撃を受け、そこから、それまで信じてきた世界がガラリと変わました。

この衝撃は「海外に出て初めて知った新しいことに触れて、自分の世界が広がる」という体験とは質の違う、「自分が深く知っているつもりだった、信じて疑わなかった世界が、根底から崩された」ような体験でした。

薬などを使わず「自分の意識をコントロールするだけで痛みがなくなる!?」

とにかく、当時の私にとっては信じられない魔法のような体験だったので、「どんな仕組みなのか、もっと知りたい!」と強く思ったんですね。

このとき初めて、フランスが心理学やセラピーの分野で歴史のある国であることも知りました。

様々なセラピーの中で「ソフロロジー(日本語:イメージ呼吸セラピー)」を選んだのは、精神科医が創始した「意識のサイエンス」であり、顕在意識と潜在意識の両方、つまり、意識全体を扱うセラピーだったからです。

 

私たち人間の体の仕組みとして、確かに潜在意識は大きな影響力を持っていますが「私たちが気づいている世界は顕在意識の世界」です。

「総合的に意識の状態が変化しないと、現実は変わらない」ここに目を向けているのが「ソフロロジー(日本語:イメージ呼吸セラピー)」でした。

 

意識の状態を変えることで痛みがなくなったように、今度は、「意識の状態を変える、成長させていく」ことで、私の人生の問題が、みるみる解決していきました。

実は、私は元々、愚痴だらけの人生を送っていたんですね(笑)。

職場では、いつも研究者同士の人間関係のしがらみに振り回されていましたし、先輩からの嫌がらせも受けたこともあります。

プライベートでも、ニッチもサッチもいかないような人間関係に、たくさん悩まされてきました。

特に、夫の両親に関わる問題については「私は直接、口出しできない」上に、「被害を受けるのは私」という状況に、我慢も限界を迎えていたところだったんですよね。

こうした悩ましい人間関係のすべてが「ハラスメントの構造」を持っていたことに、セラピストになって初めて気づかされました。

 

モラハラ、パワハラ、マタハラ、虐待、暴力、これらには共通した心理の構造があるんですね。そして、周知のとおり、連鎖していきます。

よくある会社のパワハラ、組織に巣食うイジメ、親子関係の問題。何故、多くの人たちが嫌悪し、問題視しているのに、未だに未解決のまま、社会のあちこちに残ったままなのは、人間の「心と体の仕組み」が関係しているからなんですよね。

しかし、心と体の仕組みに則(のっとっ)て、適切なアプローチをすれば、連鎖を断ち切ることができます!

おかげで、私は環境を変えることなく、ストレスから解放されることができました!

恩恵を受けたのは、私だけではありません。

海外でのワンオペ育児という、恵まれない育児環境の中、「心と体の仕組み」への理解と、自分の気持ちの処理の仕方を知っていたからこそ、感情の波が激しい娘に、心穏やかに向き合うことができました。

そのおかげで、娘も言葉が話せるようになった今は、私たち大人に対して、落ち着いて自分の気持ちを話してくれるようになる、など、親子が平和に穏やかに暮らしていくために必要な心の土台作りができた、と感じています。

 

そして、心が整うと、現実に起こることも自然と変わっていくんですね。

 

それを可能にしてくれたセラピーとの出会いは、好きで学びつづけていたフランス語スキル。

フランスには、複数の「ソフロロジー専門のセラピスト養成校」があり、「専門誌」が刊行され、「医療業界でイメージ呼吸セラピーの効果が認知」されています。

それらの情報は日本語のネットの世界には皆無で、英語すら情報があまりありません。

何故なら、このセラピーが1960年代に創始され、その後、ヨーロッパのスペイン語圏とフランス語圏で発展してきたセラピーだからです。

知る人ぞ知る、それらの情報を「必要としている方々へ届けたい・・・」、このブログには、そんな私の思いが詰まっています☆

 

サイエンスを日常に役立つ身近な知識として、心と体のストレス」に悩む方々へ、心を込めて発信していきます。!

セラピストとしての特徴

意識にアプローチする方法は様々あると思うのですが、私の特徴は、元が科学畑出身であることです。

研究室では、毎週、研究室の内部発表で、様々な研究報告をし合います。脳のメカニズム、体内の分子生物学的なメカニズムなど、まだ論文になっていない最先端のデータを吸収させて頂いておりました。

それらの知識の土台の上に「セラピーという実践手法」を学んだことで、意識の仕組みや問題の解決方法を分かりやすくお伝えできるようになったんですね。

セッションでは、どんな質問にも詳しい説明をお答えさせて頂く点がクライアントさん達にも、とても喜ばれ、私も自分の知識やスキルがお役に立てられることに大きな喜びを感じています (*^▽^*)。

 

これまで、散々悩んだけれど、うまくいく方法に出会えず、自分らしく自由に生きることを諦めそうになっている方に、「自分の内なる可能性」に気づいて頂けたら、こんなに嬉しいことはありません☆

伸びをする

最後に

私は、ある宇宙飛行士のインタビューを読んだことがあります。そのインタビューには、次のようなことが書かれてありました。

「宇宙から地球を見ると、地球が1つであることを実感する。

地球上では、国同士が覇権を争い、様々な紛争が今もあるけれども、宇宙から地球を見下ろせば、我々は一つであることを実感する。

地球上にある様々な問題は人類が力を合わせれば、すべて解決できるのに、その力を制限しているのは、私たち自らなのだと感じた」

つまり、この宇宙飛行士が言わんとすることは、あなたがその手にしている個人の資源

「命の時間」
「知識」
「金銭的豊かさ」
「人間的豊かさ」
「幸福感」

それらがあなただけの資源ではなく、地球人類全体の共有財産でもある、ということを言っているんです。

 

コロナを切っ掛けに、世界中で大きな恐れや不安が共有されているように感じます。

そして、私たち人間は、将来への怖れや不安に簡単に支配されそうになる「心と体の仕組み」を持っています。

そのような「脅威の傍にいても、不安や怖れ、焦りを感じる必要がなくなり、心と体が揺るぎない幸せに満ちて生きる」知恵に、ぜひ触れて頂きたいと思います。

 

あなたの心が安らぎ、その心の平和が身近な方々の心にも拡がって、豊かで幸せな暮らしがあなたの周りで長くつづいていくことを心から願っています。

ikigai

 

- 略歴 -

〇 九州大学・理学部生物学科 卒
〇 語学:DALF C1 (仏語 ネイティブレベル試験) 取得
〇 前職:京都大学・医学研究科勤務
〇 2016年にフランスで「自己催眠出産(ヒプノバーシング)」にて第一子出産。
〇   スペインの精神科医が創始した「意識の学問」『イメージ呼吸セラピー(仏語:ソフロロジー)』を習得。
職業技術レベル認定をするフランスの国家機関「France compétences」のRNCP認定ソフロロジスト
〇 フランス・ソフロロジー協会 協会員。

※ソフロロジストは英語読みでSophrologueソフロロッグがフランス語読みです。

RNCP

〇 ライフシントロピー心理学協会 (日本) 公認ライフシントロピスト

ライフシントロピスト認定証