まなみん

元京大医学研究科勤務の『論理派リケジョ』が、フランスで自己催眠出産・ヒプノバーシングを体験・・・。

その結果『潜在意識に覚醒』。

フランス語ができたおかげで意識のサイエンス『イメージ呼吸セラピー・ソフロロジー』を習得。

日本人発のフランス公式資格RNCPレベル認定者となりました。

 

佐々木 まなみ(まなみん)

■天気のいい日は近くの公園からサクレクール寺院が見えるパリ近郊在住。

 

住んだ場所
大阪生まれ、5ヵ月~3歳までオランダ2年・アメリカ1年。
小学校~大学まで四日市市・福岡市。
社会人になってから大阪・京都・パリ近郊。

 

学歴: 九大 卒。

 

好きな観光
「九州の自然」
「美味しい食べ物・ラーメン」
京都周辺の神社・お寺・お祭り観光」
「サクレクール寺院」
モンサンミッシェル」
「スペイン・テネリフ島」
「レマン湖」
「アイルランド」

 

好きなアニメ
「ハイキュー」
「弱虫ペダル」
「毀滅の刃」
「ソード・アート・オンライン」
「コードギアス」
「フルメタル・アルケミスト」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「攻殻機動隊」
「フルメタルパニック」
「ガンダム・シード」
「青のエクソシスト」
「のだめカンタービレ」
「伝説の少年アン」

 

好きな映画
「ヒックとドラゴン」
「ファインディング・ニモ」
「ライラの冒険」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」
「ハリーポッター」

 

好きな小説
「精霊の守り人」
「ゲド戦記」

 

バイオリン歴:4歳から

 

好きな曲
「ドボルザーク 交響曲第7番、第9番」
「ブルックナー 交響曲第4番、第5番」
「ブラームス  バイオリンソナタ第1番『雨の歌』」
「バッハ バイオリン無伴奏曲集」
「モーツァルト レクイエム、オペラ魔笛」

 

好きなアーティスト
「Xジャパン」
「クイーン」

 

趣味:アニメ鑑賞、映画鑑賞、瞑想。

 

家族
3歳児とフランス人夫との3人暮らし。
バイリンガル育児に奮闘中。

フランスと私

私が初めてフランスに渡ったのは2008年のことでした。

幼少期に海外で育っていたこともあり、日本の外を見てみたい気持ちがありました。そこで、仕事も観光もできる一年のワーキングホリデービザで行ける国を探したんですね。

実は、特に思い入れがあってフランスを選んだわけではありません。

英語は中学から学びますし、大学ではドイツ語を第二外国語選択で専攻。

フランスは「未知の世界だから、行ってみよう」そう思っただけでした。

フランス語も「ちょっと片言程度、話せればいいや」くらいに思っていたんですね、最初は。ところが、現地で学び始めてみると、意外に面白くてハマりました(笑)。

フランス

それで、フランスと日本を行ったり来たりしながら勉強を続け「DALF C1」というヨーロッパ規格の語学試験でネイティブレベルを取得するまでになったんです。

ネット検索では言葉がパスポート

フランス語ができるようになると、日本語で手に入らないネット検索をフランス語で行うようになりました。

すると、日本語では手に入らない情報がフランス語ではネットに溢れている、という事実に気がついたんですね。

そのことに、私はとてもショックを受けました。

フランス語スピーカーの間では当たり前のようにシェアされている情報が、日本語スピーカーの世界には絶対に伝わってこない・・・。

言葉が違う、ということによる情報格差を切実に体験しました。

バリア

フランス語ができるようになり、気づかされたことは、それだけではありません。

フランスには、一般の方にも興味が湧くような切り口で、科学的な内容を紹介するジャーナリストがたくさんいます。

そのため、フランス人は、一般の方でも科学的な知識について「知りたい」と思えば、情報を手にすることができるのです。

一方、日本の報道関係者には理系出身者があまりいません

それは、かつてテレビ局で働いていたときに痛感したことでもありました。

そして実際、日本では、科学的な情報はもっぱら研究関係者の間でしか重宝されていない感じが否めないんです。

研究業界での葛藤

私は研究業界で仕事をしていたことがあるのですが、その頃、大きな違和感を感じていたことがあります。

それは、実験被費や研究費として膨大なお金(税金)が費やされているのに、それらの情報を一般の方々へ周知するためのシステムが整っていないことです。

そして、ただ「研究者である」というだけで「自分は人より物知りだ」「優れている」という意識を持っている研究関係者が多かったことです。

そういったことに優越感を感じる人々に、私はとてもウンザリしました(笑)。

そんな中で、大学時代の自分を鮮明に思い出しました。「日本には、科学を専門的に学び、一般の方々へ科学的な知識を伝える人材がいない」という教授の言葉。

二十歳そこそこだった私は、それを聞いて「自分はそれができるようになりたい」と思いました。

でも、やり方も分からず、伝えたいこともなく、長い間、その思いはお蔵入りしていたんです。

セラピーとの出会い

私が、意識のサイエンス「ソフロロジー(イメージ呼吸セラピー)」について学ぶきっかけとなったのは、ただ痛い出産がイヤで選んだヒプノバーシング(自己催眠出産)でした。

※「イメージ呼吸セラピー」は、私が「ソフロロジー」を日本の皆さんにイメージして頂きやすいように日本語訳したもので、オリジナルの名前は「ソフロロジー」といいます。

正直にいうと、私は「潜在意識の世界」には、元々、懐疑的な人だったんですね。

何故なら、両親含め、みんな理系という家庭環境で育ち、大学も理系、職場も研究室、という「見える世界を信じる人」だったからです (*’ω’*)。

ところがヒプノバーシングで「痛いはずの痛みがなくなった体験」に衝撃を受け、現実の見え方が変わりました。意識の世界が秘めるパワーに開眼したんです。

 

それまで、私の人生は愚痴まみれでした。

研究室で仕事をしていたときは、様々な思惑の渦巻く人間関係にウンザリ。

フランスはフランスで、ストレスの溜まる海外生活

加えて、私はハチャメチャな夫の両親の「考え方、行動、パワーコントロール」にも悩まされていました。

夫の両親の問題が自分の人生と切り離せなくなったとき、心底「どうやって生きていったらいいんだ?」と思いました。

夫ならまだしも、「夫の家族」の問題であるため「私は直接、口出しできない」上に、当時、まだ彼氏だった夫を彼らが執拗に支配しようとしてくることで、ダイレクトに被害を受ける立場にもあったんですね。

一緒に生きていくと漏れなく、この問題が、さらにどっさり私や(将来の)子どもの身に降りかかってくる。

けれど、問題は夫そのものではない・・・。そんな理由で、別れるべきなのか・・・?

悩んだ時期もあります。

 

こんな、「もうニッチもサッチもいかない (>_<)」問題が、いくつも絡まり合って出口が見えず、出口があることも確信できなかった私でしたが、「セラピー」に出会って、それらは一変したんです!!

まず第一に、夫の両親たちの狂人的な振る舞いについて、無意識のメカニズムから「どうなっているのか」説明がつきました。目が覚めるような瞬間でした。

すると、夫の家族に対して「被害者にならずに生きる方法」が分かるようになりました。

 

心や体の仕組みが分かり、「こんがらがった現実の料理法=セラピー手法」が分かるようになると、途端に自分が振り回されなくなり、自分の力で「自分の人生」と「心の平和」をつくることが、やすやすとできるようになりました。

愚痴

それを可能にしてくれたのは、好きで学びつづけていたフランス語スキル。

フランスには、多くの「専門セラピスト養成校」があり、「専門誌」が刊行され、「医療業界で『ソフロロジー=イメージ呼吸セラピー』の効果が認知」されています。

日本では出産準備法としてしか知られていないソフロロジーは、ヨーロッパでは60年以上の歴史を持つセラピーなんですね。

それらの情報は日本語のネットの世界には皆無であり、英語ですら情報が限られています

何故なら、このセラピーがヨーロッパのスペイン語圏とフランス語圏で発展してきたセラピーだからです。

知れば知るほど、それらの情報を「必要な方々へ届けたい・・・」という、大学時代や研究室勤務時代に抱いていた思いが強くなりました。

現実にはブログの作り方など、てんで分からず ”(-“”-)”、途方に暮れながら試行錯誤の連続でしたが・・・。

世界のサイエンスを日常に役立つ知識として、心と体のストレス」に悩む方々へ、発信していきたいと思っています (*^▽^*)!

セラピストとしての特徴

意識にアプローチする方法は様々あると思うのですが、私の特徴は、元が科学畑出身であることです。

研究室では、毎週、研究室の内部発表で、様々な研究報告をし合います。脳のメカニズム、体内の分子生物学的なメカニズムなど、まだ論文にもなっていない最先端のデータを吸収させて頂いておりました。

それらの知識の土台の上に「セラピーという実践法」を学んだことで、意識の仕組みや実践法を地に足のついた説明で、分かりやすくお伝えできるようになりました。

そのことが今の私の強みとなっています。

潜在意識の世界は目に見えない世界ですが、理系の知識が加わることでグッとイメージしやすくなるんですね。

 

これまで、様々なアプローチを試みてもうまくいかず、自分らしく自由に生きることを諦めそうになっている方に、その希望へ伸ばした手を降ろして頂きたくありません。

このブログが、「あなたの内側に秘められている可能性」について知ってもらうきっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。

最後に

私は、ある宇宙飛行士のインタビューを読んだことがあります。そのインタビューでは、次のようなことが書かれてありました。

「宇宙から地球を見ると、地球が1つであることを実感する。

地球上では、国同士が覇権を争い、様々な紛争が今もあるけれども、宇宙から地球を見下ろせば、我々は一つであることを実感する。

地球上にある様々な問題は人類が力を合わせれば、すべて解決できるのに、その力を制限しているのは、私たち自らなのだと感じた」

つまり、この宇宙飛行士が言わんとすることは、私たち一人ひとりがこの手にしている個人の資源

「命の時間」
「知識」
「金銭的豊かさ」
「人間的豊かさ」
「幸福感」

それらが個人の資源に留まらず、地球全体の共有財産でもある、ということなんです。

 

コロナをきっかけに、世界中で多くの不安や恐れが共有されているように思います。

不安や恐れを『安心』へと変えるプロの方法を皆さんと共有したい。

そして「自分の内側に秘められている自分の資産」に気づき、それを共有しながら生きる生き方、働き方に興味がある方へ「心や体のストレスに悩まされない世界」へ参加してほしいと思っています。

ikigai

 

- 略歴 -

〇 九州大学・理学部生物学科 卒
〇 語学:DALF C1 (仏語 ネイティブレベル試験) 取得
〇 前職:京都大学・医学研究科勤務 実験技師
〇 2016年にフランスで「自己催眠出産(ヒプノバーシング)」にて第一子出産。
〇 スペインの精神科医が創始した「意識の学問」
イメージ呼吸セラピー・ソフロロジー』を習得。
職業技術レベル認定をするフランスの国家機関「France compétences」のRNCP認定ソフロロジスト
〇フランス・ソフロロジー協会 協会員。

※ソフロロジストは英語読みでSophrologueソフロロッグがフランス語読みです。

RNCP

〇 ライフシントロピー心理学協会 (日本) 公認ライフシントロピスト

ライフシントロピスト認定証