Manamy

佐々木 まなみ

こんにちは。

セラピストのまなみーです。

このサイトを見つけてくださり、ありがとうございます。

★セラピストまなみーの早わかり表★

佐々木 まなみ

活動場所:

2016年 – 2022年 フランス・パリ近郊から、2022年に大阪府高槻市に拠点を移しました。

 

住んだ場所
大阪生まれ
生後5ヵ月~3歳: オランダ・アメリカ。
小学校~大学: 三重県四日市市・福岡県福岡市。
社会人: 大阪・京都・パリ近郊。

 

好きなアニメ集
「ガンダム・シード」
「攻殻機動隊」
「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「コードギアス~反逆のルルーシュ」
「ソード・アート・オンライン」
「ハイキュー」
「弱虫ペダル」
「毀滅の刃」
「フルメタル・アルケミスト」
「フルメタルパニック」
「伝説の少年アン」

 

好きな映画集
「ヒックとドラゴン」
「ドクター・ストレンジ」
 マーベル・シリーズ
 Xメン・シリーズ
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「ファインディング・ニモ」
「風の谷のナウシカ」
「千と千尋の神隠し」

 

好きな小説
「精霊の守り人」原作
「ゲド戦記」原作



好きな観光
京都周辺の神社・お寺・お祭り観光」
「フランス:サクレクール寺院」
「フランス:モン・サン・ミッシェル」
「島・湖・海・滝」
「アイルランド」

 

 

趣味:アニメ鑑賞、映画鑑賞、瞑想。

    バイオリン演奏。

    過去には小説執筆やオーケストラ演奏、アーチェリーなども。

好きな曲
「ドボルザーク: 交響曲第7番、第9番」
「ブルックナー: 交響曲第4番、第5番」
「ブラームス:  バイオリンソナタ第1番『雨の歌』」
「バッハ:    バイオリン無伴奏曲集」
「モーツァルト: レクイエム、オペラ魔笛」



家族
夫(フランス人)と子どもの3人家族。
バイリンガル育児に奮闘中。

セラピストとしての私の人生は、出産後、フランスで始まりました。

出産する前は、京都大学理学部の霊長類研究室、京都大学医学部などで働いていたリケジョなんです。

研究室で仕事をしていたリケジョが、なんで『潜在意識』に興味を持つことになったかというと、、、、、

リケジョの常識では考えられないような衝撃的な出産体験をしたからです!

私の専門セラピー『ソフロロジー』(呼吸をもちいて、意識を変えていくセラピー)は、実は、痛みを和らげる方法として、出産やがん闘病などに取り入れられている方法なんですね。

『痛み止めを使わずに痛みってなくなるの?』って思いませんか?

疑問

出産は怖いですから(汗)、「藁にも縋る思い」で、半信半疑ながら準備したところ、見事に「痛みを感じず!?」思わず、陣痛を計測している針を見たほどでした。

普通は、「1回の陣痛が一分以上つづくことはない」と言われているのに、「私のは3分くらいつづいてる!」

「これは、嘘じゃない!? ちょっと、試しに呼吸をやめてみよ。ひゃ~、あいたたたた。こりゃダメだ」

ということで、本当に、呼吸で意識を変えて痛みを変えることができる、という事を出産の瀬戸際で経験し、このメソッドに関心を持つようになりました。

※私の出産体験記事についてはコチラをどうぞ。

妊娠ママ

私のヒプノバーシング(自己催眠出産)【体験談】

その後、ソフロロジーを活用した育児を実践したところ、これまた子どもの成長に結果がみえ、リケジョの私としては背景にある体の仕組みを知りたくなってしまったのです。

たまたま、フランス語は妊娠前にネイティブレベル試験に合格していたので、いよいよフランス語でセラピーを学ぶことになりました。

ソフロロジーはフランスで人気の呼吸療法

「ソフロロジー」というセラピーのメソッドは、日本では学べる専門機関がなく、フランスで資格を取得したのですが、フランスは、芸術やブランドだけでなく、心理学や哲学分野の歴史も長く伝統のある国

やはり、日本とは違った視点から、心と体を学ぶことになりました。

学んでみれば、私の人生のアレやコレや、うまくいかなかったことが、すべて「意識の状態」に関係していたのか、ということが身に染みて分かり、私の人生は、出産前とは全く違うものに変化していきました。

なぜ、「嫌だ」と思っても、同じような苦悩をつづけてしまうのか?

なぜ、「今度こそ、変わるぞ!」と思っても、同じような年月が流れていくのか?

それは、『意識』には、その人の人生の歴史が反映されるものだから。

どんな家庭環境で育ち、どんな子ども時代を過ごして、どんな社会人生活を送り・・・。

何を感じ、何を考えて生きて来たか。

この過去が変わらない限り、「意識」も変わりません。そして、過去を変えることができないので、『潜在意識』を変えることができないのです。

そのことを知って、私は「危機感」を持ちました。

それからというもの、自分の潜在意識に対するワークにワークを重ね、お客様にもワークを提供させて頂き、その現実への影響力に『潜在意識』って本当に凄い、と心から思うようになりました。

私自身、セラピストになるまではセラピーにお世話になったことがなく、セラピーのイメージがつきにくかったんですね。

フランスやアメリカでは、セラピーは『人生の生きづらさ』を良くしていくためのツールとして身近に存在します。

もし、あなたが、「セラピーなんて受けたことがない」「なんか、怖い」と思っていたら、安心してください。

私も昔は、あなたと一緒でした。

だから同じ場所から、あなたが悩んでいることについて、目を向けたいと思っています。

専門家目線で診断するようなセッションではなく、お客様の目線で、あなたの気持ちに起こっていること、現実に起こっている事を理解しくことを大切にしています。

潜在意識についての疑問・質問

潜在意識って目に見えませんよね。

だから、色々な説明を聞いても「実感」がしないと「本当にそうなのかどうか」疑ってしまうものなんです。

「本当に、それ効くの?」「他の人には効くけど、私には無理じゃないのかな?」

こういった、専門家に言うのは遠慮した方が良さそうな質問も、私は大歓迎。

一つ、ひとつ、分かりやすくお話させて頂いています。

セラピストまなみーって、どんな人?

初めてセッションに来られるお客様に必ず言われるのは「すごく話しやすかった」という印象。

初めてセッションを受けるって、緊張しますもんね。

あとは、「説明が分かりやすい」という感想と、ご提案するセルフケア(潜在意識ワーク)も「実践しやすい」「日常に取り入れやすい」と好評を頂きます。

潜在意識を変えるには、智識を理解するだけでなく、必ず『実践』が必要なんです。

納得して実践したくなる分かりやすい潜在意識の説明がないと、実践って続けられないと思うんです。

そして、理解した後に、個々のお客様の考えや生活状況をお伺いして、お客様に合ったアドバイスにして初めて実践できる「潜在意識のワーク」になると考えています。

そこで、このサイトに掲載している潜在意識のワークをあなたに合った形にカスタマイズしていくのに、個別セッションも開催しています。

セッションのご案内はコチラから

メール講座の登録は下記画像をクリック♪

「潜在意識で人生を変えていく」って、どういうことか、分かりやすくお伝えしているメール講座があります。

良かったら、登録してくださいね。

潜在意識の声を聴くリスニング・セラピー 

佐々木 まなみ

- 略歴 -

〇 九州大学・理学部生物学科 卒
〇 語学:DALF C1 (仏語 ネイティブレベル試験) 取得
〇 前職:京都大学・医学研究科勤務
〇 2016年にフランスで「自己催眠出産(ヒプノバーシング)」にて第一子出産。
〇   スペインの精神科医が創始した「意識の学問」ソフロロジーを習得。
  フランスの労働省管轄機関「France compétences」のRNCP認定ソフロロジスト。

※ソフロロジストは英語読み。Sophrologueソフロロッグがフランス語読みです。

RNCP