コロナ不安、老後不安、子どもの学費問題・・・、サラリーマンの収入だけで将来のお金、大丈夫なのかしら?

そんな悩みを抱えるあなたは、潜在意識の力を使って、起業や副業でお金を稼ぎたい、と思っていませんか?

でも、実際には、同じように起業・副業した人でも、皆が同じように稼げるわけではない。

何がその差を生んでいるのか、よく分からず、自分が起業・副業をしても、うまくいくのか自信がもてないのではないでしょうか?

そんなあなたが、これから起業・副業したとき、潜在意識の力を使って金運・仕事運を上げていくためには、お金のないところから「お金が目の前に現れる仕組み」について、知っておく必要があります。

この記事では「お金の正体」と、誰もが持っている「お金の源」について解説します。

お金の正体

起業・副業し、潜在意識の力をうまく使って、金運・仕事運を上げていく場合、自分が引き寄せたいものの本質、つまり「お金の本質」について、正しく理解しておく必要があります。

では、そもそも、お金の正体とは何なのでしょうか?

あなたは、お金について、もしかしたら、こんな風に思っていませんか?

お金のイメージ

 

  1. お金はないと困る。
  2. お金がないと何もできない。
  3. お金があれば、なんでも思い通りになる。

このようなイメージをお金に抱いたままで、潜在意識を使って金運・仕事運を上げるのは、なかなか難しいと言わざるを得ません。

これらのイメージには「自分はお金が不足している」というイメージが強く、お金が何でも叶えてくれる魔法のような「現実離れしたイメージ」になっているからです。

非現実的なイメージは現実化しにくいのです。

では、「お金」とは、一体何なのでしょうか?

ご存知かもしれませんが、「お金自体には全く価値がありません」

もし、あなたの手元にお金がたくさんあったとしても、そのお金が外国のお金で、あなたの住んでいる街で、必要な物が全然買えないとしたら、そのお金に何の意味があるでしょうか?

特に小銭などは両替もできませんし、引き出しの中で眠ったまま、まさに、使えないお金・・・ (*_*;

使えないお金=価値がない

つまり、「お金自体は、ただの紙切れやコイン」でしかなく、その「紙切れやコイン」に価値を信じる人の間でしか使えません。

例えば、「日本円の価値が将来上がる」と信じている人は、「フランスで使えない日本円をあげる」といえば、喜んで手に入れ、「日本円の価値が上がったときにユーロに変える」などのビジネスをすることでしょう。

「物そのもので値打ちを持っているのは、お金で買える『商品』の方」なんですね。

それなら、もし、お金を払わずに「値打ちある商品」の方を直接手に入れることができれば、「お金は、そもそも必要ない」ということになります。

0円で品物を引き寄せる方法

プレゼント

実は、お金がなくても「自分が欲しい品物を引き寄せる」ことはできます。

しかも、意外とあなたも普通に行っています (*^-^*)。

それらは「もらい物」或いは「プレゼント」と呼ばれます。

プレゼント=お金を仲介しない品物のやりとり

具体的なシーンを思い浮かべながら考えてみましょう。

プレゼント

 

頼夫くんから高価なプレゼントをもらった愛子さんは、こんな風に感じました。

 

「まあ、こんなに高価なもの(価値の高いもの)、タダで手に入れちゃったわ。うふふ」

 

誰でも高価なプレゼントをもらうと、何となく得した気分になりますよね。

「お金を払わずに、何かをもらった」=「得した」と感じるからです。

つまり「0円 ⇒ 〇〇円の価値のあるもの」が突然、降ってくる!感覚です。

でも、ここでお金にフォーカスしている視点を外してみてください。

「0円収入のお金持ち」になる方法

愛子さんは「イエーイ、ただで高価なプレゼントもらっちゃった!」と喜びます。

でも実は、このプレゼントが現れる前に、愛子さんは頼夫さんに「愛」という頼夫さんにとって「価値あるもの」を提供していたんですね。

ところが、頼夫さんにとっては「自分は大した人間でもないのに、愛子さんに優しくしてもらって嬉しいな、ありがたいな」と思っていたので、プレゼントは、ほんの感謝の気持ちでしかありませんでした。

でも、愛子さんにとっては、そんな頼夫さんの優しい人柄、頼れるところ、責任感の強い性格に、いつも安心感をもらっていたのでした。だからこそ、愛子さんは愛情深く頼夫さんに心を尽くすことができたのです。

つまり、愛子さんは「高価な贈り物」をお金ではなく、「愛」を提供することを通して買ったことになります。(買った、というと打算的な響きがしますが、ここでは、便宜上この表現を使わせて頂きます。)

目に見える「プレゼント」が生まれる前に起きていた、「見えない価値の流れ」を絵にまとめると、こうなります。

プレゼントの源

「0円 ⇒ 〇〇円の価値のあるもの」が具体的に生まれる裏側には必ず、このような「目に見えない価値の流れ」が隠れているんですね。

この流れが視えるようになることこそ、潜在意識で金運・仕事運を上げるために欠かせない視点です。

お金の源

では、「0円 ⇒ 〇〇円の価値のあるもの」のような流れを生み出す「目に見えない価値」には、どんなものがあるのでしょうか?

例えば、次のようなものがあります。

《見えない価値一覧》

・愛
・人柄
(正直さ、優しさ、誠実さ、寛大さ、勤勉さ、忍耐強さ、礼儀正しさなど)
・信頼
・感情の知性
・精神的な強さ
・肉体的な強さ
・体力
・知識
・技能(スキル)
・志
・信念
・ヴィジョン
・アイデア
・クリエイティビティ(創造性)
などなど。

目に見えないけれども、どれも価値があることが、お分かりいただけるでしょうか?

「価値がある」=「気持ち良くなるもの」

今、何か売れる商品が手元にないとしても、あなたが持っている「人の気持ちを良くする」人柄や知識、体力、精神力、ひらめき力などは、他人様(ひとさま)がお金を払ってでも欲しい、と思う「価値あるもの=お金の源」であることを覚えておいてください。

そのことを知っていれば、お金を仲介しない「価値のやりとり」が自然とできるようになり、ひいては「潜在意識を使ったお金の引き寄せ」もできるようになっていきます。

筆者の例

個人的な例になりますが、私の場合でいうと、この「目に見えない価値」を提供することで、娘を近所の人に無料で預かってもらうことができるようになりました。

この方は、娘が通っていた保育園を引退した方なのですが、私たちの人柄を知っていて、必要なときには「いつでも預かるわよ」と言ってくださったのです。

(フランスの保育園・幼稚園は、ストや人員不足でしょっちゅう閉まるので、とても困っていたので、すごく助かりました (^^♪。)

何気ないことですが、こういった経験は誰にでもあるものだと思います。

私たちはそれを「当たり前のこと」或いは「些細なこと」、もしくは「何かお返ししなくちゃ」と思い込んでいるところがあります。

けれど、実際には、その贈り物は、何もないところから降って湧いたのではなく、あなた自身が内側に持っている「人の気持ちをよくする、見えない価値=お金の源」が引き寄せたものだ、ということを自覚しておくことで、お金に頼らない価値の循環のさせ方が分かるようになります。

他人にとって「自分の何が価値なんだろう?」

それを頭で自覚しておくことは、「見えない価値」を使って「お金では手に入れられないもの」を手に入れるために、とても大切です。

また、起業・副業をするとき、「「競合とあなたの差」がつくのは、実は商品力ではなく、「あなたが持っている見えない価値」の方です。

自分が提供しているものが「商品だけ」だと勘違いしていれば、「売れない起業家・副業家」になりやすくなります。

だからこそ、人としての「見えない価値」を自覚することは、起業家・副業かの生命線とも言えるのです。

 

それでは、「あなたのお金の源」は、どんなものなのでしょうか?

「お金の源」がなければ、「お金は入ってこない」のは当たり前ですが、「お金の源」だけあっても、「お金は入ってこない」んです。

「ダイアモンドの原石」がなければ、ダイアモンドはこの世に存在できませんが、「ダイアモンドの原石だけ」があっても、磨かなければダイアモンドは手に入らないのと同じです。

起業家・副業家が金運・仕事運を上げていくには、「目に見えない価値」の循環を顕在意識で視えるようになり、どの瞬間で、お金に変換することができるのか?」を正確に見極められるようになることが大切です。

お金に変換しようとするポイントが早すぎれば、「押し売り」になり、うまくいきませんし、お金に変換しようとするポイントが遅すぎると、収入を得る機会を失ったまま、価値提供をしてしまい、あなたが疲弊して、仕事を辞めたくなってしまうでしょう。

 

長くなりましたので、続きはコチラ、vol2にて、お伝えします。

起業・副業・サラリーマンが収入を上げるための「潜在意識☆金運・仕事運アップ」講座 2