ソフロロジー セルフワーク実践講座

「ソフロロジーのセルフワークって、何?」と思われた方は、実際に、セルフワークを実践した方の感想を読んでみてください。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

「ソフロロジー」は、心と体をケアするためのセラピーとしてヨーロッパでよく知られています。

その中身は、心と体が健康に活動しつづけるための手軽で気持ちのいい「呼吸を意識しながら行うボディワークと瞑想ワーク集」

次の動画で、さらに詳しくご覧ください。

セルフワークの実践方法

「会員登録」をするとワ―クページが閲覧できるよ

ワ―クを紹介しているページを見るためには、有料の「閲覧会員」への登録が必要になります。

閲覧会員登録は、下記リンクからお願いします♪

ワ―クの閲覧会員に登録する

どうやって実践したらいいの?


サイトのワークページには、たくさんのワ―クが載っているけれど、どれを実践したらいいの?

このサイトの活用方法には3つの方法があります。

まずは、「6週間集中講座」の受講をご検討ください。

スケジュールが流動的で、固定曜日の固定時間を空けるのが難しい場合は、単発セッションの活用を検討してみましょう。

自分に必要なワークを、自分なりに実践してみたい、という方は当サイトと資料本を参考に、ワークに取り組んでみてください。

開催されるセッションや講座はすべてzoomで行われますので、世界中、どこからでもお受け頂けます。

1. クローズド・グループで行われる『6週間・集中講座』が一番オススメ

固定されたメンバー(クローズドなグループ)で週に1回のワーク・セッションと、期間中3回の講義が開催されます。

6週間の間に「6回のワ―ク・セッション」+「3回の講義」が行われます。

6回の「ワ―ク・セッション」ではセルフワークのやり方を習得し、3回の「講義」では、呼吸やワークを行う「意味」を学びます。

実践方法とワークの仕組みを理解することで、自分の生活スタイルに合ったワークの実践方法を自分自身で考えられるようになっていきます。もちろん、意味を知って取り組むことによって、ワークの実践レベルも上がります。

6週間という短期間で集中的にソフロロジーに取り組むことで、意識の状態を安定化させていきます。

検討されたい方は(申込みするか迷っている方も含めて)、LINEからご連絡くださいませ。ご連絡頂いた方へのみ、詳細をご案内させて頂いております。

「ソフロロジーのセルフワーク実践講座」の公式LINEへは、左の画像をクリックして、ご登録くださいませ。

2. 固定曜日でセッションを受けるのが難しい方向けの単発セッション

予定が流動的で、何曜日の何時に、と固定してセッションを受けるのが難しい方は、ときどき単発で開催されるグループ・セッションがおススメ。

メンバーを固定しないグループ・セッションなので誰でも参加が可能です。

公式LINEにご登録頂き、次回の開催予定について問い合わせてみてください。

1. 完全にセルフワークで実践

このサイトのワークページを見ながら、完全に自分で実践して頂くこともできます。

やりながら、質問があった場合は、公式LINEから、お気軽にご質問ください。

ソフロロジーの資料本

日本在住で、ソフロロジーの全体像をお伝えできるソフロロジストは、現在わたししかいません。ワークの背景に隠されている生命科学理論を日本語で一冊にまとめたものをお作りしました。

この本の内容は、ワークページの中で電子ブックとしてご覧いただけますが、紙の本でご覧になりたい方は、オンデマンド本(注文商品のPDFファイルを製本して郵送される本)をご注文いただけます。

まずは、立ち読みしてみたい、という方は「抜粋版」の電子ブックをどうぞ。

オンデマンド本(完全版)のご注文は、下記からリンクからお願いします。

製本のご注文はこちら

実践ワークのページ一覧

さて、当サイトで紹介しているワークは、3つのサイクル(カテゴリー)に分かれています。

サイクル1 力を抜いて血流を良くする

ボディワーク

サイクル1では、日常生活の緊張で凝り固まった体をほぐし、深い呼吸を回復させて、脳へ酸素を送るための実践ワークを紹介しています。

瞑想ワーク

サイクル2 緊張や力みをほぐす

サイクル2では、嫌な気持ちになったときに負の感覚にとらわれないようにしたり、仕事が終わったあとに体に溜まった「緊張」や「力み」をほぐしたり、静まらない脳や体の興奮状態を落ち着け、心身を深く休養させるための実践ワークを紹介しています。

ボディワーク

瞑想ワーク

サイクル3 ポジティブな感覚へ意識を向ける

サイクル3では、ポジティブな感覚へ意識を向ける実践ワークを紹介しています。

日常のストレスが強かったり、心身の状態が思わしくなかったりする場合は、「ポジティブなイメージ」や「ポジティブな感覚」を、自分自身で創り出すことがなかなかできません。

そんなときは、サイクル1とサイクル2を繰り返し実践しましょう。

また、人によっては、最初からサイクル3を実践することで、とても安らいだ気持ちになれます。その後にサイクル2のワークを行うことで、より深い部分に溜まっている緊張を解きほぐしていくことができます。

ボディワーク

瞑想ワーク

ワークが合わない場合

当サイトでは、ソフロロジーの入門者向けのワークを紹介しています。

ですから、ワークが貴方の状態に合わないこともあり得ます。

ワークが合わない、と感じたら、無理に実践するのはやめてソロロジストにご相談ください。

お問合せは、下記「LINEメッセージ」、もしくは、「お問合せページ」より、お受けしております。

お気軽にお問合せください。

 

「ソフロロジーのセルフワーク実践講座」の公式LINEへは、左の画像をクリックして、ご登録くださいませ。

ソフロロジーのセルフワーク実践講座