潜在意識に覚醒するって、どういうこと?

こんな疑問を持っていませんか?

「潜在意識に覚醒して生きる」ということは、端的に言えば、「自分の感覚を信じて行動できる」ということです。

けれども、「すべての直感が人生をいい方向へ導いてくれるインスピレーションなのか?」というと、そうではなく「魔が差した」というインスピレーションもあるのが事実です。

つまり、「良いインスピレーション(天使の声)なのか、魔が差した(悪魔の声)インスピレーションなのか?」見分けられるようになることで、潜在意識からのメッセージを正確に受け取り、人生を進めていくことができるんです。

どういうことなのでしょうか?

意識の構造 統合心理学

さて、「良いインスピレーション」「魔が差したインスピレーション」とは、一体、どういったものなのでしょうか?

天使と悪魔

「良いインスピレーション」は、あなたを『本音の理想』へと近づけてくれるインスピレーションです。

それに対して、「魔が差したインスピレーション」は、『あなたには一見、楽な道にみえたり、すべてを解決してくれる魔法のように思えたり」しますが、それを選択すると、未来では『裏切られた、失敗した』と後悔することになるようなインスピレーションです。

けれども問題は、インスピレーションを受け取った時点では、「魔が差したインスピレーション」の方が心地よく感じる点なのです。

一体、どういうことなのか、少し専門的な話も交えてお話しますね。

 

感覚には、「上位意識」の感覚「下位意識」の感覚、というものがあります。

下の図は、サイコシンセシス(統合心理学)を提唱したイタリア人精神医学・心理学者「ロバート・アサジョーリ博士」(なが・・・)が描いた「心の模型図」です。

サイコシンセシス

顕在意識が真ん中の領域で、その周りに潜在意識を含めた無意識の領域がある、という構造になっています。

もちろん、意識は無形ですから、心の動きを説明しやすいように、意識を「上位・中位・下位」に分類しただけのことです。

上位の意識と下位の意識の違い

上位意識の感覚

 

頭で考えると、メリットが不確かで、リスクが大きいようにみえるけれど、それでもあなたに前へ進んでいいと思わせる静かな確信」

 

下位意識の感覚

 

ポジティブかネガティブか、感覚がどちらかに強く偏っている。何かに対して「絶対に無理」と全否定するような気持ちや、「絶対にこの人だ!コレが善だ!真理だ!」という興奮が強く舞い上がる感覚

要は、意識が下位の状態になっているときは、物事の見方に偏りが強くなっている状態なんです。この下位の感覚には、「インナーチャイルド」や「潜在意識のブロック」と言われるものも含まれています。

さて、「インナーチャイルド」や「潜在意識にブロック」といえば、思考や理性でコントロールすることはできず、十年以上かかってもほどけないことが多いものです。

筆者は、こうした「インナーチャイルド」や「潜在意識のブロック」もセッションでほどいていきますが、どのようにしてほどいていくのでしょうか?

「認知の偏りをゆるませていく」ことで、「インナーチャイルドを手放すこと」や「潜在意識のブロックを解除する」ことができます。

 

ところで、「インナーチャイルド」や「潜在意識のブロック・ブレーキ」は、通常、1つや2つではないんですよね。それらを1つずつ外していくのは、時間もかかりますし大変な作業ですよね。

そんなわけで、根深いものを外したあとに、比較的軽い「インナーチャイルド」や「潜在意識のブロック・ブレーキ」が簡単に外れていく方法があります。

それが、「上位意識との繋がり」を強化すること。

現実の全体像を偏りなく把握できている上位の意識との繋がりを強化することで、下位意識のブロックやブレーキは外れやすくなるんです。

そうすれば、人生は前進しやすくなりますし、上位の意識と繋がれば、人生の選択に迷わなくもなります。

つまり、上位意識との繋がりが強くなると、結果的に「潜在意識に覚醒する」ということなんです。

上位の意識と繋がるとは?

では、「上位の潜在意識に繋がる」って、現実的には、どんな体感になるのでしょうか?

上位の潜在意識は、心の視野が広い状態、「現実に対して、高いところから俯瞰的に現実を眺められている心の状態」です。

ハイヤーセルフ

上位の意識と繋がっているとき、現実には「ヤバい状況」があったとしても「心と体」=「意識の世界」には平和と安心があります。何故なら、「意識の世界」で危険を感じたときに、私たちは認知が偏り「下位の意識」と繋がってしまうからです。

上位の意識との繋がり、「意識の世界」に平和と安心があるとき、心や体はゆるみ(緊張していない)、呼吸は深く安定して、リラックスした心持ちで現実と向き合っています。

こうした感覚でいるときに、ふっと湧いてきたインスピレーションが非常識的でリスクが高そうに思われても、その感覚を信じて行動できる気持ちになります。

「あれをやっても○○なリスクがある、これをやっても上手くいく保証はない、現実は袋小路だ」という不安や怖れに飲み込まれず、「不安が0ではないけれど、ダメ元でも、この道を突き進んでみよう」という勇気が打ち勝つようになるんです。

逆に、下位の意識からのインスピレーションの代表例は、何かいいコトが起こったときに気分が一時的に高揚して思いついたインスピレーション、また将来への不安や焦りに駆られて「もう、私にはコレしかない・・・!」と思えるようなアイデアです。

こうしたインスピレーションから得たものは、行動に移すと、ほとんどが失敗したり、不満足な結果に終わります。

天使と悪魔の違い

「上位意識からのインスピレーション(天使の声)」と、「下位意識からのインスピレーション(悪魔の声)」の違い、どこにあるか、お分かり頂けたでしょうか?

「天使の声」のときは、リスクと可能性の両方がみえている視野が広い状態のインスピレーション

一方で、「悪魔の声」は「可能性だけに目が釘付けになって、リスクに対して盲目になっている」状態なんですね。

この状態のときは、興奮して気分がハイのになっているので、とても気分がよく、周りの忠告の声も冷静に聞き入れられないのですが、冷静でないことに、自分では気づけない状態になっています。

なので、誰かに対して「あ~、その判断は間違っている」と思っても、相手が冷静になるのを待ってから、教えてあげた方が人間関係がうまくいきます

上位意識からのインスピレーションには、どんなに良いアイデアであっても、心がとても静かで「きた~!」というような興奮がないのが特徴です。

「興奮がないかどうか」「冷静かどうか」は、『天使の声』を見分けるための分かりやすい指標なので、覚えておくといいですよ♪

潜在意識の覚醒 上位意識と繋がりやすくなる方法

「上位意識と繋がっている状態」というと、常にポジティブな気分を思い浮かべるかもしれませんが、実はそうではなく、「物事のいい面も悪い面も、両方感じられている状態なんですね。

ですから、「頭で考えるとリスクが大きいように見えるのに、その道を選択する」という感覚もありますし、反対に「頭で考えるとメリットしかないように思えるけれど、なんか違う気がする、これを選ぶのはやめよう」というインスピレーションの場合もります。

下位の意識状態では、「盲目にコレさえあれば大丈夫」という完全肯定の気持ちになったり、「○○さえなければ、こんなことにはならなかった!コレが悪の根源だ」と完全否定になったり、感情の振り子が極端に振れるようなイメージです。

スピリチュアル信仰者がハマりやすい落とし穴

筆者のバックグラウンドはサイエンスではありますが、スピリチュアルに否定的な見解はありませんし、むしろ伝えられた方の問題ではないか、と思っています。

筆者が「スピリチュアルは伝えられ方が偏っているなぁ」と感じる理由は、「スピリチュアルに傾倒している方」とお話をすると、「ネガティブな話に極端な拒否反応が出る」ことなんですね。

お客様の中で、スピリチュアル的な学びをしている方はとても多いです。その中で伺った話では「スピリチュアルでは、物事のポジティブな面に光をあてなさい、と教わる」とのことでした。そこで「ネガティブな思考は現実になるから、できるだけポジティブな思考で満たさなければいけない」という縛りがうまれ、自分を責めたり、人に嫌悪感を抱いていしまったりして、生きづらくなってしまうんですよね。

注意してほしいことは、「ポジティブシンキング」は、振り子がどちらかに振れている状態ですから、「上位意識と繋がっているわけではない」ということです。

「物事の両面を受け止められるようになること」それが上位意識と繋がる秘訣です。

とはいえ、この理屈が頭で理解できても、物事の両面を受け止めることは簡単ではありませんよね・・・。

何か良いことが起これば、「良い気持ち」になるし、嫌なコトがあれば、瞬間的にイラっとしたり、モヤっとしたり、腹が立ったりしますよね。

感情というのは、考えるよりも早く、瞬間的に湧き出てきてしまうものです。

一体、どうしたらいいのでしょうか?

上位意識との繋がりを強くする「認知のワーク」

今回は、簡単な認知のワークをご紹介します。

何か感情を感じたら、その反対側の面を意識的に探してみる」という認知ワークです。

イラっとしたり、モヤっとしたり、腹が立ったりしたら、その理由を理解し、「いい面はないのか?」冷静になって探してみます。

反対に、いい気分になったときも、「その物事のネガティブな面は、何かないか?」探します。

「せっかくいい気分になっても、わざわざネガティブを探して気分を下げるワークをする意味が分からない」と思うかもしれませんが、「上位意識との繋がりを強くする」ことは「いつも、いい気分でいることを目指すこと」ではなく、「良いことが起こっても、嫌なことが起こっても、安定した精神状態を目指すこと」なんです。

上位意識との繋がりを強化するための「呼吸法とリラクゼーション」

上位意識との繋がりが強化されると、「心や体はゆるみ(緊張してない)、呼吸は深く安定して、リラックスした状態になるわけなのですが、こういう状態では、脳の血流状態が上がり、偏りなくスムーズに行き渡るため「物事の見え方の視野」が広がります。

このようなリラックスした状態は、普段から呼吸を整え、心や体をゆるませる習慣を持つことで維持しやすくなります

次のように、まずは、自分の呼吸に気づく習慣から始めるのがおススメです。

「上位意識と繋がる呼吸習慣」

 

「寝起き」「三食のご飯の前」「布団に入った後」に、思考を止めて、一瞬、自分の呼吸を観察し、呼吸を深くゆっくりなものに戻す。

 

リラックスできる風景をイメージしながら、深呼吸を3回行った後に日常へと意識を戻す。

こうして、普段、日常の雑多なことへ散っている意識を、自分の内側へ集中させる時間を作ります。

このとき、あなたの意識は、潜在意識と繋がっています。

 

実は、「潜在意識の力」に繋がるための知恵として、こうした習慣は多くの宗教的な習慣に取り入れられてきました。「一日に数回の、お祈り」の時間が決まっていたり、「食事の前に神様への祈りを捧げる習慣」があったりするのは、本来は意識を日常から自分の内側へ戻すことを目的としたものだったんですね。

けれども、現代は、無宗教でも、「呼吸へ立ち返る」という方法で「潜在意識との繋がり」を取り戻すことができます。ぜひ心がけてみてください♪

意識が整う「5秒間呼吸法」

また、さらに意識を整えていきたい方は、「5秒間呼吸」がおススメです。

この「5秒間呼吸」は、健康維持・増進、心の安定効果が、絶大です。

「何か、自分でやりたいけど、何がいいか分からない」という方は、他の何をしなくても、この5秒間呼吸を実践されることをおススメします。

「一日5分間、5秒息を吸って、5秒息を吐く」それだけです。

情緒不安定が強いと感じる方は、一日5分を、朝、昼、晩と3回行ってください。

海外のyoutubeサイトには、様々な動画ツールがあるので、気に入ったものを見つけてくださいね。

 

 

潜在意識との繋がり方についての関連記事

潜在意識で「自愛に満ちる」インナーチャイルドとの対話 体験談

インナーチャイルドとの対話法 10分でスッキリしたい人パート2

転職したい人が「天職」を見つけるための3つのポイント☆潜在意識・自己分析

使命の見つけ方!充実した人生を送りたい人のための潜在意識ワーク