悩みを解決して、思い通りが叶う人と叶わない人の決定的な違い、
それは何だと思いますか?

  • 行動できるかできないか?
  • 意志の力が強いか弱いか?

実は、どちらでもないんです。

答えは・・・、

解決策を探すための質問が頭に浮かぶかどうか?です。

悩みの解決方法を探して「どうしよう?」と思うとき、疑問の投げかけ方を間違えると、
思い通りを叶えるためにバッチリな解決策が思い浮かばなくなります。

どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

脳の潜在意識は検索マシーン

頭の中に疑問が浮かんできたら、答えが見つかるまで、脳は探しつづける性質があります。

例え、顕在意識で悩みつづけて答えが見つからなくても、顕在意識が考えるのをやめた後に、無意識がずっと考え続けてくれるのです。

例えてみれば、PCのバックグラウンド作業で答えを検索しているようなものです。

あなたも、時間が経ってから「そういえば」
と答えが見つかった経験がありませんか?

突然、パッと名案を閃いたような気分になったとき、
実は、顕在意識がその疑問について考えるのをやめていた間に無意識がその答えを検索し続けていてくれていた
というのが真相なんですね。

 

では、疑問の投げかけ方を間違えた場合は、どうなるのでしょうか?

脳は答えの検索結果を返してくれますが、残念ながら返ってきた答えは、思い通りを叶えるのには不十分です。

例えていえば、それは「マクドナルドのマックナゲットが食べたい」
と思っているときに「マクドナルドって、だいたい、いくらで食べられますか?」
と店員に聞くようなものだからなんですね。

店員さんは「セット価格の〇〇円くらいの値段で買えますよ」
と答えてくれるでしょう。

本人はマックナゲットが食べたいだけなのに
「セット価格の金額がかかる」と言われて「ちょっと高いな、どうしよっかな?」と
新たな、意味のない悩みが増えることになってしまうんですね。

潜在意識の思考癖

悩みがあるとき、私たちの自動思考がよくする質問、それは「どうして〇〇?」です。

誰かに不満があるときも「どうして〇〇するのか理解できない」
とモヤモヤすることがありませんか?

ところが、実際には「どうして?」という理由が分かっても、問題解決に至らないことがほとんどなんですね。

「〇〇だから、こういう問題が起こったんだね」
と納得できるだけで、思い通りを叶えるための方法は分からないままだからです。

では、どうしたらいいのか?

それは「どうして?」ではなく
「どうやったら、できそう?」「そのために、どうしてみたい?」
と、可能性について自分に問いかけることが大切なんです。

 

同棲や結婚をしている女性の愚痴でよくあるのが
「パートナーにゴミ捨てをお願いしても、いつも忘れられる」という悩み。

「どうして行ってくれないのかしら?」
「どうしてゴミ袋が目に入らないのかしら?」

この質問は「自分はできるのに、相手にできないのはおかしい」
という、相手への批判と自分の弁護の気持ちが膨らむ質問なんですね。

当然、この質問を何度、頭の中で繰り返しても、相手を問い詰めても、思い通りの現実は現れないでしょう。

それよりも
「どうやったら、二人が楽になりそうだろう?」
「どんな新しいやり方を試してみたいかな?」
という質問を自問自答したり、相手と話し合ったりした方が、建設的な答えが見つかりやすくなります。

 

他にも例えば、鍵をなくして困ったときの状況を想像してみてください。

困った状況を改善するには以下の2つの方法があります。

  • 合鍵を見つける。
  • 合鍵がなければ、新しい鍵に替える。

ですが、両方とも原因を理解する必要はありませんよね。

このように、原因が分からないままでも、解決できる問題は山ほどあるのです。

原因を突き止め「困った現状は当たり前なのだ」
と納得しようとする癖を抜け出して、
「もっと他に可能性はないか?」
「自分にもできそうなやり方は?」
可能性を探る質問癖を身に着けると、あなたの悩みは半分以下に減り、思い通りに生きやすくなりますよ☆