「自分に向いてる仕事」=「自分が好きなこと」

あなたは、こんな勘違いをしていませんか?

実は、好きなことだから、という理由で仕事に選んだ場合、「趣味で自分が好きなようにできていたから好きだったけど、義務になった途端、楽しさが半減してしまった」とか、「仕事になると、その好きなことをする環境や人間関係を選べない」また、「好きだけど収入が悪い」などの理由で、せっかく選んだ仕事が「自分に向かない」と感じることも多いのです。

この記事では、「自分に向いてる仕事」の見つけ方について、男女別にお伝えします。

スポンサーリンク

自分に向いてる仕事を見つける方法

「自分に向いている仕事」を見つけるときに大切なことは、男性と女性で違います。

女性の場合は、「何をするのか?」に注目する前に、「どんな環境でするのか?」が大切になります。

それに対して、男性の場合は、「何を達成すると評価される仕事なのか?」が大切なポイントになるのです。

まずは、女性が自分に向いてる仕事を見つける場合についてです。

女性に向いてる仕事環境

人間関係

女性は「何をするのか?」よりも、「誰とどんな環境でするのか?」によって、大きくモチベーションが左右される傾向があります。

まず、女性は男性に比べて「お喋りが好き」という特徴がありますよね。

子どもの頃から、女の子の方が男に比べて言語の発達が早く、お喋りも上手です。

女性は、一日に必要な発語数(話す言葉の数)が男性に比べて圧倒的に多いからなんです。

ですから、女性にとって「どんな人たちに囲まれて仕事をするのか?」ということは、その「仕事が自分に向いてるのか?」を決める、とても大切な要素となります。

仕事で気の合う人がいたら、楽しいし、誰とも気が合わない職場は想像しただけでも気が滅入りませんか?

仕事を選ぶときには、「仕事内容」だけでなく、「どんな人たちが集まっている仕事なのか?」にも注目してみましょう。

サポート

狩猟時代の人間は、主に男性が狩りに出かけ、女性は家や子どもを守る役割がありました。

安心して暮らせる拠点を守るのが女性だったのですね。

なので、仕事でも、大変さがあったとしても、「自分が安心して取り組める環境が整えられているか?」という点が、仕事に対するモチベーションを大きく左右するのです。

自分の仕事能力に対して適切なサポートを受けられるか?

物理的な環境について、安心して仕事に取り組める場所になっているか?

ぜひ、チェックしてみてください。

例えば、「人から見守られている」「目をかけてもらえている」と感じる環境やシステムがあれば、多少、大変な仕事内容でも、安心して気持ちよく取り組める可能性は高くなります。

また「仕事をする場所の物理的な居心地の良さ」が、あるかどうかも、安心して仕事に集中できるかどうか、大きく左右されます。

例えば、私が勤めていた女性ばかりが働く職場の中には、15時頃にオフィスにお菓子を売りに来てくれる業者がいました。そのサービスは、「お試し」で始まったのですが、「お試し期間」の後も継続され、ワゴンに乗ったお菓子は、飛ぶように売れていたのを覚えています(笑)。

こういう、仕事とは直接関係ない楽しみも、女性にとっては大事なのです。

「どんな仕事内容なのか?」「自分の能力が活かせるのか?」という視点だけでなく、自分が仕事をする「環境が自分に向いているのか?」という点にも注目すると、より自分に向いている仕事を選びやすくなります。

男性が求める達成感

女性に対して、男性の場合は、環境に対しての文句よりも、評価に対しての不満を感じやすくなります。

男性は、女性に比べると、「競争」したり、「少し難しいことにチャレンジして達成」したりすることに、自分の存在意義を感じやすい傾向があるからです。

いくら環境が良くても「自分に対して望む評価が得られない」のでは、楽しく仕事に取り組めない可能性が高いのです。

とはいえ、「どんなことに達成感を感じるのか?」「どんなところで自分を評価してもらいたいのか?」は、人によって違ってきます。

ですから、自分が取り組む仕事において「どんな達成感が得られるのか?」「どういった能力や成果が評価される仕事なのか?」は、正確に把握しておきたいポイントです。

「仕事で達成しなければならないこと」に対して、自分が達成したい、と思えなかったり、「仕事で評価される能力や成果」が自分の苦手分野だったりすると、自分らしさを活かすことができず、仕事で大きなストレスを感じやすくなります。

「仕事内容」だけでなく、「達成感が得られるポイント」「評価の基準」についてもチェックしてみてください。

まとめ

「自分に向いてる仕事を見つけたい」と考えたとき、「仕事内容が自分に向いているか?」という視点で見つけようとしてしまいがちです。

けれども、「今の仕事が好きだから辞めない」という理由には、実は「仕事内容がいいから」ではなく、女性の場合は「仕事場の人間関係や環境が居心地がいいから」、男性の場合は「自分が評価され、達成感を感じられるから」という場合が多いのです。

逆に、「やっていることは好きなんだけど、環境がよくない」「やっていることは好きなんだけど、評価されるポイントが自分に合わない」などの理由で、転職を考える人も多いものです。

「自分に向いてる仕事」を見つけたいときは、「仕事内容」だけで判断しないことが、成功する秘訣です。

あなたにおススメの記事はこちら。

40代の仕事が「しんどい・辞めたい」あなたへ10分でできる「誰も知らない」12のストレス解消方法