「天職につきたい」

でも、自分の天職が何か分からない。

そんな、あなたのために、「天職とは何か?」「あなたが自分の天職を見つける方法」を記事にしました。

 

「天職」とは、一体、どういった仕事のことを指すのでしょうか?

「天職」という言葉から、あなたは何をイメージしますか?

「やりがいを感じる仕事」「やってて楽しい仕事」「飽きない仕事」きっと、そんなイメージがあるのではないでしょうか?

 

つまり、天職とは「人生の喜び」につながる仕事、そして「喜びと共にお金も入ってくる」仕事、そんなイメージがあると思うのですね。

 

反対に、辛い仕事のイメージとは「やりたくない仕事。しかも、頑張っても、頑張っても、お金に結びつかない」そんなイメージがあります。

つまり、天職とは、「人生の喜び」につながるだけでなく、お金も稼げて、自分の社会的な立場が認められている、と感じられる仕事なんですね。

それが「自分の天職だ!」と感じられる仕事なのです。

 

もし、そんな天職につけたら、あなたの毎日も、今より圧倒的に楽しくなり、充実感に溢れて、喜びもお金も人間関係も、どんどん、うまくいきそうですよね!

 

では、天職を見つけるためには、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

天職の見つけ方

「お金が稼げる」という点については、叶えるのは、それほど難しいことではないと思います。

天職を見つけようとして、一番つまづくのは「人生の喜び」につながる仕事、を見つける部分ですよね。


自分の「人生の喜び」なんて、分からないよ。

あなたにも、こんな思いがあるのではないでしょうか?

そんなあなたでも、自分の天職が見つかる基本的なポイントをご紹介します。

天職を見つけ方のポイントは3つ

天職を見つけるために、大切なポイントは次の3つです!

天職を見つけるための3つのポイント
  1. 自分が、努力しなくても、できてしまう行動を自覚する。
  2. 自分が、「幸せを感じるためには、コレが大事」だと感じてることを自覚する。
  3. こんな人のためなら、心から力になりたい、と思う人のイメージを明確にする。

 

あなたには「天職についている人のイメージ」として、頑張ってもうまくいかない仕事に四苦八苦している人のイメージが合いますか?

合いませんよね。

天職についている人のイメージでは、その仕事に「天性の適性」があり、スルスルと苦労なしにできているイメージがあると思います。


でも、自分には何も取り柄がない・・・。

もしかしたら、今、こんな風に思われたかもしれません。

でも、安心してください。

人の脳にはプログラムがあって、無意識に繰り返ししていること、というものが誰にでもあるのです。

それは、具体的な行動である場合もあるし、考え方である場合もあるし、意識を向けているポイントである場合もあります。

天職の見つけ方-ポイント1 無意識の行動を自覚する

天職を見つけるための3つのポイント
  1. 自分が、努力しなくても、できてしまう行動を自覚する。
  2. 自分が、「幸せを感じるためには、コレが大事」だと感じてることを自覚する。
  3. こんな人のためなら、心から力になりたい、と思う人のイメージを明確にする。

 

無意識に繰り返している行動、というのは、子どもの頃から努力なしに繰り返している行動なので、それだけ繰り返していれば、他人に比べて相当なスキルが身についている、と言えます。

それを見つけるのに、おススメなのが「子どもの頃にしていた遊び」を思い出してみることです。

できれば、幼稚園や小学校低学年の頃のことがいいですね。その頃にしていた遊びの中で、あなたが一番、頻繁にしていた行動を思い出してください。

  • ままごとのお料理ですか?
  • ヒーローごっこで、敵と戦うバトルですか?
  • アニメの登場人物になりきって遊んでいたときに、演じていたキャラクターは?
  • 幼稚園や学校では、聞き役?こんな遊びをしよう、と誘う役?喧嘩の仲裁役?
  • 暇があればお絵かき?レゴ?電車や車での遊び?

とにかく、どんなことを毎日繰り返していたかを、お母さんに聞いてみてもいいので、思い出してください。

 

次に、大人になって、今までしてきた仕事の中で、一番多くの時間を費やしてきた行動や作業を思い出してください。

 

その共通点を探してみましょう。

 

例えば、こんなことに気づいた方がいらっしゃいます。

話の聴き役

子どもの頃は、お友達の話を聞いていて、大人になってからも、仕事の中で、いつも誰かの話を聴く役をしていた。
この方は、職業としては「お客さんの話を聴く」ための専門職ではなかったのですが、振り返ってみれば、お仕事の中で相手の話に耳を傾ける、同僚の話を聴く、友達からも相談されて話を聴く、ということばかりしてきた、ということでした。

コミュニケーション&繋げ役

子どもの頃は、友達と話すこと、友達と友達の間をとりもつことをしていた。大人になっても、コミュニケーションをして、誰かと誰か、或いは組織と組織をコーディネートしたり、システムとシステムをつなげたりしていた。

この方は、ある職場で自分が「人とのお喋りが多く、人と繋がりを持つ傾向がある」ことを批判的に評価されていたんですね。でも、社内評価が下がっても「そのやり方が問題だと思ったことすらなかった」ということです。こうしたことが起こるのは、それが自分の潜在意識にプログラムされた「無意識の行動」だったからなのです。

適材適所の見つけ役

ビデオ・ゲームで、いつも接近戦ではなく、狙撃の武器を選んでいた。遠くから全体の戦況を把握して、分析し、戦略を考えてから行動するタイプだった。無駄のない兵隊や武器の配置、目標達成までの計画を練って、それを実行に移して、うまく機能するかどうか、観察するタイプだった。

職場では、「最も効率的に仕事を進めるのに、こうしたらいい、という案が自分にはあったけれど、上司には、そういう発想がなく、仕事が何倍も増えて社員に負担がかかることに、いつもイライラしていた。職場の人間関係やお客さんとの揉め事が発生すると、いつも仲裁に入って、お互いが持ち場に戻るようにしていた。

この方は、遊びでも仕事でも、人や物の適材適所を探す、ということを無意識にしていたのですね。

 

これらの3つの例を見てもらうと、分かるように、自分の仕事に求められていることでなくても「無意識にしてしまう行動」を人はやめられないんですね。何故なら、顕在意識の思考で「やろう」と決めてしている行動ではないからです。

この「無意識にしてしまう行動」が、あなたの仕事に求められていることだったら、それは高く評価され、まるで「特に大したことは何もしていないのに、周りから褒められる」ということが起こります。

逆に、あなたの仕事の本分とは正反対のことだったら「君は、なんでいつも余計なことをするんだ」と評価されてしまうんです。

ですから、天職を見つけるためには、「無意識の行動を自覚する」ことは、とても大切なのです。

 

私の例でいうと、心や体の健康について、セラピーを行うだけでなく、「何故、そのやり方で心の状態が良くなるのか?体の感覚が楽になるのか?」説明してしまうところです。

私は、昔から人が言葉にして説明しにくいところを、言葉にして説明しようとするところがありました。

フランス帰りに親友に会ったとき、あるテーマでフランスと日本の違いについて「言葉にするのは難しいから、できないけど、違うんだよね・・・」と私が言うと、親友がこう言いました。「それを言葉にしてくれるのがまなみちゃんじゃない」

そのとき「私って、そんな風に思われていたのか」と初めて知りました(笑)。

でも、セッションで、ワークを実践してもらった後に心や現実の変化を体験してもらい、その背景に “こんな「心と体」の仕組みがあるんですよ ” と説明させて頂くことが、予想外の好評を頂いていて、とても嬉しいなと感じるのですね。

 

でも、「努力しなくても、できちゃう」「やろうと思わなくても、ついつい、やってしまう」そんな行動がメインの仕事は、格段にストレスが少ないわけですが、ストレスがないだけでは天職にはならないんです。

何故なら、張り合いがないからです。

長期間、続けていくうちに「文句はないけど、物足りない」という気持ちになって、また新しい仕事を探したくなってしまうんですね。

 

天職についている人のイメージには、「仕事が物足りない、張り合いがない」と感じている人は合いませんよね。

むしろ、仕事にやる気満々で、充実感に溢れている人のイメージが合っていると思います。

では、仕事に張り合いを感じたり、充実感を感じたりするために必要なこととは、何なのでしょうか?

天職に必要な2つ目のポイント、それは、あなたが仕事を通して「世の中の幸せに貢献している」と感じられることなのです。

そして、ここが勘違いされやすいポイントなのですが、天職における「世の中への貢献」は「自分が理想とする世界」への貢献になります。

決して「社会から要請されているけれども、自分にとっては、あんまり大事じゃない」ということではありません。それでは、心からの充実感を感じることはできず、むしろ「仕事をさせられている感」の方が強くなってしまうからです。

人が幸せを感じるためには「誰でも絶対コレが必要」と、あなたが思っていることを自覚することがポイントです。

そして、それは「あなたの幸せにとっても必要であり、誰か他の人の幸せにとっても必要なもの」です。

そのことに仕事で携わることで、あなたは、自分がしている仕事が「自分の幸せ」と「世の中の幸せ」の両方に貢献していると感じられ、仕事をしていることに誇りや幸福感を感じられるようになります。

天職の見つけ方-ポイント2 人の幸せに必要だと感じることを自覚する

天職を見つけるための3つのポイント
  1. 自分が、努力しなくても、できてしまう行動を自覚する。
  2. 自分が、「幸せを感じるためには、コレが大事」だと感じてることを自覚する。
  3. こんな人のためなら、心から力になりたい、と思う人のイメージを明確にする。

 

人が幸せを感じるためには「誰でも絶対コレが必要」と、あなたが思っているコトに気づくためのヒント、それは、あなたが、よく話題にしている愚痴や、人の話を聞いたり、テレビを見ていたりして「何で、世の中には、こんな理不尽なことがあるんだろう?」「こんな問題があるんだろう?」と、心を痛めてしまうことにあります。

あなたが理不尽だと感じることは、誰にとっても理不尽なわけではなく、あなたが問題だと感じることも、誰にとっても問題ではないんですね。

それは、あなたにとって「大事なコト」だから、意識が向いて、考えずにはいられなくなるんです。

「世の中から、こんなことがなくなって欲しい」「世の中皆が、こんなことを味わいながら生活してくれたらいいのに」

と、何かを切っ掛けに頻繁に湧いてくる思いを見つけてください。

 

例え、他人が「人の幸せには〇〇が大事だ」と言っていても、あなたにとって、個人的にそれが大事でなければ、気持ちは動かないものです。気持ちが動くものは、「あなたにとって大事」である可能性が高いんですね。

それは「快適な住居」かもしれません。

「スキルや教育」に関することかもしれませんし、「芸術」に関することかもしれません。

「体の健康」に関することかもしれませんし、「人間関係」に関することかもしれません。

そして、こうした「あなたにとって大切なテーマ」に関して、あなたは人一倍、苦労を味わっている可能性が高いです。

これまでの人生の中で、苦労してきたこと、辛かったことは何ですか?

今までを振り返ると、どんなことに苦労してきた人生でしたか?

 

私のケースでいえば、それは間違いなく「心の健康」に関することなんですね。

心が満たされないような環境に囲まれていても、体を意識的に操作することで「心のカタチを変えることができる」「潜在意識と繋がることができる」という方法を身に着けたことが、今の仕事に繋がっています。

そして、心が満たされることで、体の不調が長期的に解消されていく、心と体の仕組みは、そうなっているのです。

 

ここまで、2つのポイントについて振り返りました。

あなたの天職の条件のうちの2つ「どんな作業や行動が含まれている仕事が向いているか?」「どんなことを使命に仕事をしたら、充実感を感じられるのか?」が分かったことになります。

でも、これだけでは天職と呼ぶには、まだ弱いといえます。

何故なら、自分にとって価値あることに貢献しながら、努力しなくても楽しくできることを仕事にしていても、人生には試練があり、凹むことがあるからです。

天職に就くということは、仕事の悩みと無縁になることではありません。

天職と言えるほど大事な仕事だからこそ、「もっと多くの人に貢献できるようになりたい」「もっとうまくいく方法はないか?」という壁にぶつかることがあります。

 

そんなとき、元々いやいやながらしている仕事なら、「面倒くさい」「ストレス」と、簡単にさじを投げたくなるところですが、天職に就いている人が、自分の仕事を「面倒くさい」と感じているイメージってありませんよね?

それは、試練がきても、乗り越えるモチベーションに溢れているからに他なりません。そして、そのモチベーションが続くために、とても力をくれるのが「人」の存在なのです。

 

いよいよ、「天職の見つけ方」最後のポイントに迫ります!

あなたは、これまでの人生の中で、こんな体験をしたことがありませんか?

自分の健康のために「コレしたらいいよ」というアドバイスは、「あ~、しなきゃ~」と思いながら、なぁなぁになるのだけれども、他人を喜ばせるためなら、多少、しんどくても頑張ってしまう。

例えば、プレゼントを買う時に、自分のためのものを買う時よりも、真剣に悩んでしまう、など。

私たちは、自分のことを、とても大事に思ってはいるのですが、実は、人のためとなると、普段、出てこない力を発揮することができるんですね。

つまり、「こんな人たちを救いたい」「こんな人たちのためになりたい」と心から思うエネルギーは、試練を面倒くさいと思うどころか、それを乗り越えるモチベーションやアイデアをくれるほど大きいのです。

天職の見つけ方-ポイント3 心から「力になりたい」と思う人のイメージを自覚する

天職を見つけるための3つのポイント
  1. 自分が、努力しなくても、できてしまう行動を自覚する。
  2. 自分が、「幸せを感じるためには、コレが大事」だと感じてることを自覚する。
  3. こんな人のためなら、心から力になりたい、と思う人のイメージを明確にする。

 

では、あなたにとって、「力になりたい人」とは、どんな人たちなのでしょうか?

それを知るためのヒントは、日常の中で、あなたの心が揺り動かされる「人の悩み」や「人の行動」、愚痴などにあります。

あなたが、お願いされてもいないのに、ついつい「解決策を考えたり、アドバイスしてしまっていること」には、どんなことがありますか?

あなたは、家族や友人の何を心配していますか?

最初に話題にすることは、どんなことですか?

家族や友人に「私がよくアドバイスしてることって、どんなことがある?」「私に心配されていることって、どんなことがある?」などと聞いてみてもいいですね。

また、子どもの頃から、どんなことをよく頼まれてきましたか?或いは、「ありがとう」と感謝されてきましたか?

 

私の場合は、パワーコントロールを受けている人に対して、「解放されて欲しい」という、とても大きなエネルギーが湧いてきます。

昔から、人の話を聞いていて(相談にのっているとき)、お腹の底からエネルギーが湧いてくることが度々あったのですが、セラピストになってから振り返ってみると、すべて「理不尽な支配、パワーコントロール」に関係している事柄だったということに気づきました。

 

こうした「支配や依存の心の構造」がなくなれば、人は真に自由を感じ、幸せを受け入れられるようになる、という思いで、このブログも書かせて頂いています (*^-^*)。

 

天職を見つける3つのポイント まとめ

天職を見つけるための3つのポイントをまとめると、次のようになります。

「努力しなくてもできてしまう、作業や行動が含まれていて、自分と人の幸せに貢献できる使命を胸に、自分の心が揺さぶられる人たちのために仕事をする」ことで、人生の喜びを感じながら、お金を稼ぐ仕事ができるようになる、ということです。

 

大きな努力をしていないのに、不思議と、そこを認めてもらえることで、自分に自信が持てるようになります。

仕事がお金を稼ぐという目的を超えて、自分の幸せや世の中の幸せに貢献していると感じられることで充実感が感じられるようになります。

そして、自分の仕事によって「力になりたい人」の幸せな笑顔が見られると思えばこそ、仕事にまつわる困難が、厄介な問題ではなく、もっと、よりよく貢献するための成長の糧と感じられるようになるのですね。

 

たったの3つだけですから、ぜひ、ワークをしてみてくださいね。