ソフロロジーといえば、日本では「ソフロロジー出産」が有名です。

しかし、ソフロロジーは、もともと代替医療としてヨーロッパで発展してきた心と体のケアを行うセラピーです。

日本では、よく知られていないセラピーとしてのソフロロジーについて、ご紹介します。

筆者はソフロロジーの本場、フランス国家管轄機関RNCP技術レベル認定ソフロロジストです。

スポンサーリンク

ソフロロジーの誕生

ソフロロジーはスペインの神経専門の精神科医アルフォンソ・カイセド氏によって1960年に体系化されました。

この名前には3つのギリシャ語が含まれています。


sôs

調和・バランス

phren
フレン
意識・精神

logos
ロゴス
思考・言葉

 

ソフロロジーの創始者カイセド氏が医師として活躍していた時代、神経症に対する治療法は、電気ショックなど患者さんに負担の大きいものばかりでした。

こうした状況を何とかしたいと思った医師によって開発されたのがソフロロジーです。

ソフロロジーの創始者カイセド氏によって、ソフロロジーは次のように位置づけられています。

« La sophrologie est une science qui étudie la conscience en équilibre.

C’est une discipline pour le développement des valeurs de l’être, inspirée par la phénoménologie existentielle »

ソフロロジーは、バランスのとれた意識とは何か?を研究する科学である。

また、人間の「存在」と「意識」との関係をどう捉えるか?という「現象学」に影響を受けた

「人の存在としての価値を啓発していくための学問」である。

ソフロロジーの実践は、ソフロロジストの言葉によってイメージを呼び起こし呼吸をコントロールしながら、意識や精神のバランスを整えていく、という方法で行われます。

その結果、様々な要因によって損なわれた「自然治癒力」や「潜在的な能力」を刺激し、活性化させることができるのです。

ソフロロジーの創始者 精神科医カイセド

創始者であるアルフォンソ・カイセド氏は、1932年にコロンビアで生まれ、その一生のほとんどをスペインで過ごしたスペイン人。

そのため、ソフロロジーについての研究と実践は、主にスペインで行われ、1970年にバルセロナで開かれた世界的な学会で、ソフロロジーを発表したことで広く認められることとなりました。

☆ソフロロジー発展の歴史☆

1960年 – カイセド氏が自らのメソッドを「ソフロロジー」と名付ける。

1970年 – 世界、42か国から1500人近くの医師が集まったバルセロナの学会でカイセド氏がソフロロジーを発表。この学会でソフロロジーが世界的に公認される。

1974年 – パリにて、医師免許を持たない一般の方向けにソフロロジー講習会開催。(それまでは医師の間のみで実践されていた。)

1977年 – 医師免許を持たない者がソフロロジストとして実践できる体系が確立。

 

カイセド氏はこの後、自分の思想哲学や価値観をソフロロジーの実践へ取り入れるようになっていきました。しかし、医療目的のメソッドが、思想や宗教の個人の自由を侵してはならないと感じた専門家たちの間では、反発が起こりました。

結局、カイセド氏は、その後、学会で支持されなくなり、やがて、医療ケア目的が主となる、カイセド氏が初期に体系化したオリジナル・ソフロロジーに忠実な実践を唱える「ノンカイセド派」がパリで勃興しました。

こうした経緯から、ヨーロッパの中でも、フランスはソフロロジーの実践が最も進む国の1つとなっています。

ソフロロジーは、カイセド氏が現役で活躍していた時代から、様々な分野に用いられ、近年も、その活躍の幅を広げています。

例えば、癌闘病生活の方のサポート、スポーツ選手のメンタル・トレーニング、出産、耳鳴り、感情やストレス・マネジメントなどです。

  • 仕事や日常のストレス、苦手の克服。
  • 子どものメンタル・ケアや、あり余るエネルギーの発散。
  • 思春期・老年期における心身の変化からくる不安症状の鎮静。
  • 闘病中の痛みの緩和や生活の質の向上と、前向きな闘病生活の実現。
  • 試験やコンクール、オーディション、出産などの特別なイベントをスムーズに迎えるためのメンタル・トレーニング。
  • アルコールやタバコ依存症などの克服。
  • 飛行機や乗り物、蜘蛛への過度な恐怖など、生活に支障をきたす恐怖症の克服。
  • 集中力UP。
  • 不眠の解消と睡眠の質の向上。
  • スポーツ選手のメンタル・トレーニング(オリンピック選手なども使われています)。
  • 精神的な自己啓発。
  • 耳鳴りの治療。

主にヨーロッパ(フランス・スイス・ベルギーなど)で広く実践されており、英語圏に持ち込まれたのは、その後のことです。

ソフロロジーの効果

私たちの体は、外側からの刺激をキャッチし反応する仕組みを持っています。

この仕組みがあるおかげで、環境に大きな変化が起こっても、臨機黄変に適応しながら生きていくことができます。

しかし、外側の環境に起こる変化は、いつもいつも楽しいものではありません。

そういったストレスな変化に対してのストレス反応を最小限に抑え、自分の内側の「勇気」や「自信」の源を大きく育んでいくのがソフロロジー・メソッドです。

ソフロロジーの手法 3つのポイント

ソフロロジー・メソッドでは、次の3つの手法がポイントとなります。

  1. 穏やかな呼吸を感じる
  2. ゆるんだ体の感覚を感じる
  3. 気持ちのいいイメージから受ける安らぎの感覚を感じる

このことによって、ストレスの大きい環境下でも、ストレスを最小限に抑え、心と体をリラックスさせることができます。

ソフロロジーと「ストレス」「リラックス」の仕組み

心と体の「ストレス反応」と「リラックス反応」には、自律神経系が深く関係しています。

  • 体に「ストレス反応」を起こすための指令を送る「交感神経系」
  • 体に「安らぎ反応」を起こすための指令を送る「副交感神経系」

「交感神経系」と「副交感神経系」を合わせて『自律神経系』と呼び、この「自律神経系」のバランスを整えることが、ストレス対処の鍵となるんですね。

そして、「自律神経系」のバランスを整えるのに『呼吸』が、とても重要な役割を果たすのです。

大雑把にいうと、息を吸うときには「交換神経系」が活性化し、息を吐くときには「副交感神経系」が活性化します。

「息を吐くことによって、心や体の緊張がゆるむ」ということです。

世の中には、「5秒吸って、5秒吐く呼吸」や「4秒吸って、6秒吐く呼吸」など、様々な呼吸法がありますが、「自律神経系の状態を、どのバランスへ持っていきたいのか?」という目的によって、「息を吸う時間:吐く時間」の比率が変わってくるのです。

 ソフロロジーでは、基本的には「鼻から息を吸って、口から細くゆっくりと息を吐く呼吸」を行います。

吐く息へ意識を向けて、心や体をゆるめ、静めていきます。

また、呼吸をゆるめながら、体の筋肉の硬直を解くことで、さらに「リラクゼーション効果」が高まります。

それでは、イメージは何のためにあるのでしょうか?

ソフロロジー 「イメージ・ワーク」の効果

先ほども言いましたが、私たちの体は、外側からの刺激をキャッチし反応する仕組みを持っています。

そして、外側からの刺激の中でも「視覚からの刺激」つまり、「イメージ」「画像」というのは、とても大きな影響力を持っています。

「怖いイメージ画像」を見れば、恐怖を感じますし、「なごむイメージ画像」をみると、気持ちや体がゆるむのです。

そして、それは「現実のイメージ」でも、頭の中に思い描いた「架空のイメージ」でも変わりません。

何故なら、脳は「現実の映像」も、「想像した架空の映像」も、区別をつけずに処理するからなんです。

想像の世界が脳で処理される仕組み

脳の情報処理は、映像(イメージ)については「視覚野」で、音については「聴覚野」で、匂いについては「嗅覚野」で行われています。

そして、それらは、映像や音や匂いが架空のものであっても、現実のものであっても、関係ありません。

現実の映像でも架空のイメージ映像でも、脳が映像を見ると「視覚野」が、音を聴いた気がすれば「聴覚野」が、匂いを嗅いだ気がすれば「嗅覚野」が刺激されることになるんですね。

視覚野

つまり、リラックスできるイメージをすると、実際に「リラックス反応」が引き起こされる、ということです。

こうした、体の仕組みを上手に利用して「ソフロロジー・メソッド」では、心と体をストレスから解放し、リラックスさせていきます。

ソフロロジーのアプローチ

ソフロロジーは、こうした体の仕組みをうまく利用しながら、体と心を使って心身の状態を安定させていきます。

ラージャ・ヨガ

まずは、「体の感覚に気づく力」を養います。

これは「インドのラージャ・ヨガ」に影響を受け、呼吸法を用いたボディワークをしながら、体の感覚に気づいていきます。

体をゆるめ、緩んだ自分の「体の存在」に気づきます。

呼吸法やボディワーク、という点から「ヨガとの違い」を不思議に思う方もいらっしゃいますが、ソフロロジーは「ボディワークをしながら、体をほぐしていくこと」が目的ではなく、「ボディワークをしながら、体をほぐし、ゆるんだ体の感覚を感じることによって、自分の肉体的存在に意識的に目覚める」ことを目的としている点が、大きく違います。

チベット仏教

「体の存在」に気づいたら、今度は、「自分を、取り巻く環境の一部としての存在」、「時間的な流れの中の今に存在する自分」というものに気づきます。

ネガティブな見方だけに留まっている場合は、もっと広い視野で、自分の「勇気の源」や「自信の源」、立ち向かっている問題を乗り越えるための「自分が持っている内なる力への気づき」を促します。

日本の禅

外側からの刺激、自分以外の存在に気が散っている状態から、意識を自分の中心へ集める力を育みます。

何か、自分の外側の世界で起こったとき、すぐに立ち上がって反応するのではなく、座して心を静め、自分の内側に意識を集中して「不動心」の心境を強化していきます。

具体的にすること

具体的には、ソフロロジストのガイドを聴きながら、体の力を抜く簡単なボディワークをしたり、座ってイメージワークをしたりします。

そして、それぞれのワークが終わった後に、「自分が感じていること」「自分への気づき」へ意識を向けます。

フランスでのソフロロジーの発展

フランスとスイスにソフロロジーを広めたのは、カイセド氏の友人でもあった精神分析と東洋医学を専門とするスイスの医師アブレゾル氏(Raymond Abrezol)でした。

最初は、ソフロロジー出産とスポーツのメンタル・トレーニングの分野で取り入れられ、2000年代に入って、その他の分野でも広く知られるようになりました。

2011年以降、フランスでは、慢性病を抱える方、特に癌闘病患者に対して「患者の会」や「医療機関」からソフロロジーが勧められることが多くなっています。

ソフロロジーは治療目的ではなく「医療ケアの補助」という位置づけで活用されています。

その他、企業スポーツやソフロロジー出産の分野で広く取り入れられています。

2018年、フランス全土のソフロロジストは約1万人以上とされています。

複数の省庁が管轄する「Centre de ressource documentaires ministériel」の2019年度版では、ソフロロジーが「心身症に関する医療」「行動医療」「催眠療法」らのくくりに位置づけられました。

ソフロロジストの資格

フランスでは、フランス労働省管轄の組織「France compétance」が発行する全国職業資格総覧(Repertoire National des Certifications Professionnelles:以下 RNCP)というものがあります。

RNCPに登録されている学校は、その学校で教える内容のレベルが国家が決めた一定レベルを超えていることが認定されており、RNCPに登録されている資格者は、その職業技術レベルが国家が決めた基準に達していることが認定されています。

2020年5月現在、RNCPに登録されているソフロロジスト養成校は8校となっています。(5年ごとに監査が入ります。)

ちなみに、私はRNCP認定ソフロロジストですが、元々、RNCP認定の養成校出身でもあります。

 

ソフロロジー出産については、こちらの記事をご参照ください。

【ソフロロジー出産・オンライン講座】自分で自宅でデキル