お寺や神社へのお参り、好きですか?

さてさて、神仏を前に、皆さんがするのはどちらでしょうか?

「祈り?」 それとも 「願い事?」

スポンサーリンク

「祈り」と「願い事」の違いって?

「祈り」と「願い事」って似てるんですけど、ちょっと違うんですよね。

両方とも願望実現をイメージするものなので、少しその違いが分かりにくいかもしれません。

祈り

「祈りにも似た気持ちで~」という表現があるように「祈る」ときは、できる努力はし尽したとか、万策尽きた、とか自分の力では直接どうしようもないようなときに「現実がこうなってほしい」そのために「自分の想いが少しでも力になるなら・・・」という、割と切実な思いで行われることも多いですよね。

その前提にあるのは「もう神様が叶えてくださるのを待つしかない」という、気持ちです。

「待つしかない」ここがポイントです。

願い事

「祈り」に対して「願い事」はよく縁結び神社などでするように「神様○○を叶えてください」と、自分は手放しで「神様に叶えても~らおう!」って意識で行われることが多いんですね。

そもそも「お願い」といえば人間同士でも「相手に動いてもらって何かを実現すること」を意味しますよね。

 

祈りの方の「神様が叶えてくださるのを待つ」それはもう、自分が現実を動かすことを手放した感覚で「神様のご決断を待つ」という感じです。

ちなみに自分の力で現実を思い通りに動かそうとする想いは「念力」と言います。

なので「祈り」をするときは「念力」を手放しています。

それに対して願い事の方の「神様に叶えてもらう」これは、「神様、私お願いしたんだから、あなたの力で叶えてよ!」という神様を動かしたい念力も入ってるんですよねぇ。

 

「祈り」と「願い事」の違い ポイント2

もう一つ大事な違いがあります。

祈りは「在り方の実現」について成されることが多いのに対して、願い事は「何か目に見える物を手に入れること」についてされることが多いという違いです。

祈りは「自分が頑張れますように」「子どもが幸せでありますように」「世界が平和でありますように」そんな感じです。

願い事は「試験に合格しますように」「商売繁盛しますように(お金がたくさん儲かりますように)」「恋人ができますように」

こんな感じです。

祈りと願い事はどちらが願望成就しやすい?

どちらが叶いやすいと思いますか?

 

はい、祈りです。

 

何故でしょうね?

「欲が少ないから」とか、そういったこともあるかもしれませんが、もうちょっと現実的な話で「祈る」意識の人は、その願望成就に責任を持つ姿勢があるからです。

「願い事」の意識でする方は、それを叶えるための自分の努力は置いといて「神様の力でそんな現実を手に入れたい」という他力本願な気持ちが祈りに比べると大きいんですね。

 

でもさ、神様は皆に平等じゃないの?

 

いや、たぶん、平等だと思いますよ・・・。(私は神様じゃないので分かりませんけど・・・汗。)

 

でも、少し考えてみてほしいんです。

例えば、自分が家庭教師で、大学の医学部受験を控えた二人の受験生を受け持っていたとしましょう。

しかも、業界では「医学部受験の神様」と言われている「敏腕家庭教師」という設定にしてください(笑)。

努(つとむ)さんは医学部合格のために志を持って、毎日、自分でできる努力をしています。

棚ボタンさんは「敏腕家庭教師が自分の成績を上げてくれるもの」だと思っているので、自発的にはなかなか勉強しようとしません。

あなたは二人ともに平等に心血を注いで一生懸命教えています。

どちらが医学部合格の願望を実現しやすいでしょうか?

当然、努さんですよね。

いかにあなたが「家庭教師の神様」と言われるほどの実力があっても、やはり努さんの方が受かりやすいし、応援したくなると思います。

する?しない? ・・・神頼み?

とはいえ、神頼み、効果があってもなくても損はしませんから、皆さん、しておきたいですよね。

この神頼み、神様がいかに動いてくれるかに関係なく、効果があります。

それは、神様に向かって気を引き締めて、目をつぶって祈ったり願ったりする行為が意識の持ちようを変えるからです。

そして意識の持ちようが変われば、自ずと思考や行動が変わり、現実が動くようになるのです。

が、この意識の持ちようを効果的に変えるのも、実は「願い事」より「祈り」の方なんです。

 

「祈り」の意識ですると、自分も願望実現の責任者であるという意識が無意識まで浸透するので、脳が願望実現に向かって勝手に動き出すんですね。

「願い事」の意識でいると「私は何もしないで、神様に叶えてもらう」モードに入るので、現実に対しては受け身な自分になります。つまり、現実に振り回されちゃうってことです。

すると、願望が叶いにくい上に、叶わなかったら思考が被害者意識モードになりやすく、愚痴の多い人生になってしまいます。

 

と、まあ、脳のメカニズムから考えても「祈り」の方が願望実現はしやすいのです。

初詣 ~ 一年に一度のお願いごとイベント

でも、年初め、やっぱり「この一年、何かを手に入れる願い事」したくもなりますよね。

というわけで「願い事から初めて、最終的に祈る」というステップをこのブログでは提案したいと思います。

「○○が叶いますように。(○○が手に入りますように。) ← 願い事

そのために○○な努力ができる自分でいられますように。 ← 祈り」

こんな感じです。

この際、願い事は具体的に神様がどうしたらいいか分かるようにしてくださいね。

そうしないと、神様は「それで、どうしてほしいの?」ってなっちゃいますからね。

 

「ダイエットして○○キロ体重が減りますように。(ダイエットできますように ← NG これでは神様のお仕事が分かりません)

そのために、間食をしない、一日○キロ歩く、を毎日続けられる自分でいられますように」

こんな感じです。

ちなみに、神社参拝の専門家から聞いた話によると、神様は人を識別するのに、名前と住所を知りたいらしいので、役所に登録している現住所と名前を言いましょう。

海外から帰省する方は、登録している海外の住所を述べましょう。

「○○に住んでいる△△と申します。← ご挨拶、自己紹介。

今年は彼氏ができますように。← 願い事

そのために、いつも笑顔で人に優しくできる自分でいられますように ← 祈り」

こんな感じになります。

 

本記事の3ポイント・アドバイス

3点セットで神頼みしよう。

  1. 神様へのご挨拶は自己紹介から(名前と役所に登録している現住所)
  2. 願い事 (具体的に。お金などの場合は具体的な金額を)
  3. 祈り(願いを叶えるための人間としての自分の役割分担ができますように)