この記事をお読みのあなたは、ハイヤーセルフの声を聴いて現実をいい方向へ
導く方法を探している最中なのではないでしょうか?

世の中には「高次の自己」と言われるハイヤーセルフが視えるサイキックな人
もいますが、誰もがそうとは限りません。

私も見えません(笑)。

けれど、この記事でご紹介する方法でハイヤーセルフと繋がった感覚をつかめる
ようになり、ハイヤーセルフと対話ができるようになりました。

サイキックとは無縁のあなたでもハイヤーセルフと繋がれる、とっておきの
心理学的手法をご紹介します。

スポンサーリンク

あなたがハイヤーセルフと繋がれない理由

サイキック能力と無縁のあなたがハイヤーセルフと繋がるためには、
ハイヤーセルフを「イメージしやすい存在」としてイメージし直す
こと
が大切です。

何故なら、スピリチュアルの分野でよく聞かれるハイヤーセルフは
「高次の自分」とそのまま直訳表現されることが多く、私のような
日本人のスピ能力なし人間にとっては意味不明だからです。

また、「高次の自分」という言葉には「手に届かない存在」「今の
自分では繋がれない存在」というイメージが無意識に連想されます。

このようなイメージのハイヤーセルフには、繋がろうとしても繋がれ
なくて当たり前なのです。

 

では、どんなイメージを持ったらいいのでしょうか?

それは「究極的に視野の広い自分」「視点の高い自分」です。

多重人格な私たちの心

「視点が高く、視野が広い自分」とは、具体的にどんなイメージかというと、
「何が起こっても、心の余裕が揺るがない、空の上から自分の現実を眺めて
いるような内なる自分」です。

 

どうして、このようなイメージがハイヤーセルフのイメージになるのか、
詳しく説明します。

 

私たち人間は、そのときどきの感情によって、思考パターンや行動パターン、
発言内容の傾向が変わる性質を持っています。

 

例えば、次のような場面を想像してみてください。

 

朝、急いでいる自分の出勤時間帯に、やっと青になった横断歩道を渡ろうと
したら、横から車が信号無視をして横断歩道を突っ切ったとします。そんな
ときはあなたも、ヒヤッとして、ルールを守らない運転をする車に頭にくる
ことでしょう。

しかも、それが子どもを幼稚園に送りに行った後、少し遅刻気味の時刻
だったら、なおさら頭に来るはずです。

心に余裕がないときの反応

嬉しくない女性「何アノ車!あんな危険運転する車がいるから事故が起こるのよ!この
道は子どもたちだって、よく渡るのに。あんな車は厳しく取り締まるべきよ
警察は何をしているのかしら!」

 

でも、普段のあなたは、いつも時間に余裕をもって行動することを心がけ、
安全にも注意を払っているので、青信号になるやいなや横断歩道を渡るような
ことはしません。

時間にも心にも余裕があるときのあなたの反応は、次のようなものになるのです。

心に余裕があるときの反応

嬉しい女性

「あんなに急がなくてもいいのに。そんなに急いで信号無視したって稼げる時間は
数分。そのうち
事故に巻き込まれて、痛い目に合うのは自分なのに。
私は時間に余裕をもって、安全第一でいくわ~♪」

 

こんな風に、心に余裕があるときと、そうでないときとで、同じ出来事に対して
私たちの心の態度は180度変わるものです。

心に余裕がない時は、些細なことでイライラしやすく、心に余裕がある時は不愉快な
現実を高い視点から眺めることで、イライラしにくい心理状況にあります。

 

こうした心の特徴を図に表現すると、下記のようになります。

ハイヤーセルフ 視野

 

気分が良ければ良いときほど、高い視点から現実を観察することができ、心の視野
が広くなる一方、気分が下向きなときは、目の前の出来事しか見えなくなり、心の
視野が劇的に狭まってしまうのです。

このように、心の視野が広いときの意識を「上位の意識」、心の視野が狭いときの
意識を「下位の意識」といいます。

心に余裕がある=心の視野が広い=上位の意識と繋がっている

視野の広さ

ハイヤーセルフと繋がるって?

というわけで、「ハイヤーセルフと繋がる」ということは、端的にいえば、何が
起こっても「心の余裕が揺るがない自分の意識」と繋がることを意味します。

「でも、そんなこと簡単にできないよ。修行でもしないとムリなんじゃない?」
と不安に思われたかもしれません。

安心してください。

最初から、究極的に視野の広い自分とガッチリ繋がろうとしなくても、普段から、
少しでも心の余裕がある自分を思い起こす癖をつけるだけで、ハイヤーセルフと
繋がりやすくなり、そのうち、ハイヤーセルフと繋がる感覚が分かるように
なってくるからです。

 

例えば、上の例で挙げた出勤時間帯から数時間後に自分が職場で仕事に取り組んで
いる場面をイメージしてみてください。

(ちなみに出勤時には心に余裕がないバージョンの心理状況だった設定で考えます。)

 

あなたは接客業をしていて、仕事は順調です。お客の流れが途切れ、一息ついたとき、
ふと出勤時の信号無視の車にひかれそうになった場面がフラッシュバックのように
頭に蘇ってきました。

途端に、そのときのイライラやルールを守らない運転をする車に対する怒りがふつふつと
湧いてきて、あなたはとても嫌な気分になりました。

そんな嫌な気持ちのままで仕事に戻ったら・・・、どんな接客になるか、想像できますよね?

嬉しくない女性仕事中にふと過去の嫌なことを思い出してしまった。

すると、あなたは心の視野が狭い自分につながってしまいます。
そのまま仕事へ戻ると、お客さんの些細な言動や態度にイライラし、それを抑えながら
接客をしなければいけなくなります。

 

でも、出勤時のイヤなことを思い出した後、意識的に楽しいことを考え、気持ちを
リセットしたとしましょう。

 

嬉しい女性

信号無視の車を思い出しても嫌な気分になるだけだから、週末に家族でお出かけする
予定になっている場所のきれいな景色や美味しい食べ物について想像する。

すると、心にゆとりのある自分につながり、お客さんにも心の余裕をもっていい接客を
することができます。

 

つまり、只今の瞬間に、感情を動かす出来事が起こっていなくても、どんな感情のとき
の自分を思い出すか
によって、私たちは「心の視野が広い自分」にも
「心の視野が狭い
自分」にも繋がれる
のです。

 

実は、世の中の成功者やアスリートと呼ばれる方々は、自分の心の状態が落ちたとき、
自分の力で心を上機嫌に持ち上げる自分なりのテクニックを持ち合わせています。

そして、そのテクニックというのは、自分を高い視点で眺められるようになる、
自分なりのイメージを決めておくことなのです。

誰にでもできるハイヤーセルフとの繋がり方

「ハイヤーセルフと繋がる」ということは、端的にいえば、何が起こっても
「心の余裕が揺るがない自分の意識」と繋がることを意味するわけですから、

「究極的に視野が広い自分自身」のイメージが、自分を高い視点で眺める
のを助けてくれるイメージになります。

 

では、「究極的に視野が広い自分自身」とは具体的にどんなイメージをいう
のでしょうか?

 

顕在意識の私たちに分かるのは、記憶に残る程度の過去と、少し先の未来の予定
くらいといえます。

それに対して、ハイヤーセルフは、何年も先の将来の可能性も、私達の過去も
自分の長所も短所も、何もかもをすべて知っている存在だとイメージします。

 

ちょっと変な喩えになりますが、ハイヤーセルフの意識と、顕在意識の関係は、
百年近く生きる人間と、数ヶ月で死んでしまう蜂の関係に似ているんです 。

例えば、ある蜂が春からの夏への移行期、春の花の数が減ってくるのを感じて焦って
いるとしましょう。

でも、何十年も生きる人間は蜂よりも広い視野を持っているので、次は夏の花が咲く
ことを知っています。

そして、もし蜂に話すことができたなら「春の黄色い花が終わったら、次は黄色い花畑
から少し北の方にある川辺に咲くから、そこへ密を取りに行けばいいんだよ」
とアドバイスすることができるでしょう。

こんな風に、ハイヤーセルフがより高く、より広い視点から、顕在意識の私たちに助言
できるとしたら、「究極的に広い視野を持った私は、今の私にどんな助言をくれるかな?」
「今叶えたいと思っている理想を叶えた未来の私が、今の私に会いに来てくれたら、
どんな助言をくれるだろう?」
そんな風にイメージしてみればいいのです。

 

ハイヤーセルフ

もし、自分のことを何でも知っていて、最高の未来を実現する菩薩のような、神様のような
「超越した存在の自分」が、自分の心のどこかにいるとしたら、今の状況に対して、どんな
目で見るんだろう。そのうち、理想が叶うって分かってる私は、小さなことは気にしない
ように、ってアドバイスをくれるのかな?

こんな風に問いかけてみて、しっくりきたものを選べば大丈夫です。

 

理想を叶えた後の超越した自分をイメージするのが難しい場合は、自分が尊敬する偉人や、
小説に出てくる架空の大ヒーローなどをイメージして、彼・彼女だったら、どんなふうに
反応するだろう?どんな決断をするんだろう?

そんな風にイメージしてみます。

 

「現在の自分」という固定され、制限された現実に生きている意識の枠から解放された
意識の感覚へ自分を導くには、こうした、「もし、〇〇だったら」という仮定のイメージ
用いるのが非常に効果的です。

何故なら、潜在意識は、顕在意識のようにロジカルに言葉で対話ができる領域ではなく
イメージや感覚といった、曖昧な情報でしか対話できない領域だからです。

心に思い描いていた問いかけについて、何か心がモヤッとしたり、ザワッとしたり、
スッキリしたり、じんわり嬉しくなったり、言葉に表現しにくい感覚が湧いてきたら、
その感覚を見逃さないようにしましょう。

 

頭で考えることではなく、「静かに何かを感じる感覚」に気づけるようになると、
ハイヤーセルフと繋がりやすくなっていきます。

ハイヤーセルフ領域の意識から力をもらう「誘導瞑想」音声

ハイヤーセルフと繋がっているとき、実は、体内では次のようなことが起こっています。

それは、脳にまんべんなく血流がいきわたっている、脳の活性バランスがとれている、
ということです。

脳の各部位がバランスよく活性化してはじめて、広い視野で、様々な角度から物事を
見れるようになるからです。

では、脳の血流バランスをよくするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

そのためには、体の力を抜いて、リラックスし、血流循環をよくすることが大切です。

 

体の力を抜いて、心をリラックスさせることで、心の視野が広い状態を自分で作り出す
こともできるのです。

 

そこで、こうした状態をつくりやすくなる「イメージ呼吸音声」をご紹介させて頂きます。

 

春の太陽の光、青い空、草木の緑をイメージして、明るい気持ちになる言葉をイメージ

★どんな効果がある?★
これから、朝、一日を始める前に、これから新しいことをする、気分が落ちたときに気分を
変えたい、そんなときに、やる気を出すことができます。

春の暖かい太陽の光をイメージし「自分に希望をくれる言葉」を見つけます。

明るく晴れ渡った 春の日の青空の色をイメージして「気分がよくなる言葉」を見つけます。

春の草木のみずみずしい緑色をイメージして「前向きになれる力をくれる言葉」を見つけます。

3つの色からイメージした3つの言葉を思い返します。

それらの言葉から受け取るポジティブな感覚を味わいます。

例:
希望をくれる言葉   「心に光を」
気分がよくなる言葉  「今日もいい日になる」
前向きになれる力をくれる言葉 「大丈夫」

3つの言葉をつなげるとこんな風になります。

「心に光を持つように意識して過ごせば、今日もいい一日になるから、心配しなくて大丈夫」

 

☆この記事を気に入って頂けたら、こちらの記事もおススメです。

悩む

 

1分読むだけで人生が変わる!「不満だらけ」から「理想の人生」へシフトする現実の捉え方