「潜在意識で引き寄せ」に挑戦しているんだけど、全然思い通りにうまくいかない・・・。

思いどおりが叶わない・・・。

そんなお悩みを抱えていませんか?

潜在意識で上手に「引き寄せ」を行い願いを叶えるには、潜在意識に「引き寄せたい内容」を分かりやすく伝える必要があるんですね

何故なら、潜在意識が「引き寄せたい内容」と、顕在意識が「引き寄せたい内容」にズレがあったら、引き寄せられた現実を見ても、「叶ってない~ (T_T)」となってしまうからです。


えっ?それって、どうしたらいいの?

という、あなたのために、この記事では、潜在意識に正しく伝わる「引き寄せイメージの方法」についてご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この記事は以下の記事の続編です。

潜在意識の「引き寄せ」で願いが叶わない理由 素人にも分かりやすい脳科学講座

スポンサーリンク

みんなが知らないうちに使っているイメージ現実化のパワー

イメージする

潜在意識で引き寄せ、望みが叶う人生。

特別なことのように思われていますが、実は、皆さんがいつもしていることでもあるのです。

それは「イメージの力」、言い変えると妄想力のことです。


えっ?いつも、使ってる?
いやいや、全然叶っていませんけど・・・

と思われましたか?

それもそのはずで、私たちは、普段、この力を、無意識にネガティブに使ってしまっているんですよね。

 

ネガティブに使われる「引き寄せ・イメージ現実化の力」というのは

「〇〇したら、どうしよう・・・」という言葉から始まる「イメージ力」です。

 

例えば、フィギュアスケートのジャンプ。

解説者が「練習では、とても成功率の高かったジャンプ」と言っているけれど、試合では、そのジャンプが飛べない、という場面を目にしたことがありませんか?

私はテレビ局に勤めていたことがあるのですが、当時、フィギュアスケートの実況で定評のあった有名なアナウンサーがこうおっしゃっているのを聞いたことがあります。

「〇〇選手は世界一の身体能力も実力も持っているんだけど、メンタルがね」

この「メンタルがね・・・」の一言が意味するところ、それがイメージ力なんです。

ところで、ネガティブなイメージは簡単に現実化するのに、ポジティブなイメージは気合を入れてイメージしても叶いにくいのは何故だと思いますか?

ネガティブ・イメージと、ポジティブ・イメージ、一体何が、根本的に違うのでしょうか?

引き寄せイメージの難しさ

それは「感情が伴っているかどうか?」なのです。

「〇〇したら、どうしよう・・・」

この言葉を読んだだけでも、不安、怖い、何かを失敗したあとの悲しみやがっかり・・・、という感情が思い起こされませんか?

ネガティブなことは、感情を伴ったイメージが、すぐに湧いてくるのに、ポジティブなイメージは、叶った後の喜びや幸せなどが湧いてきにくいですよね。

何故なら、「潜在意識で引き寄せたいもの」は、だいたいは、今の自分で叶うかどうか不安、という「現実に叶うイメージが持てにくいもの」が多いからなんです。

 

ところで、多くの方は「引き寄せイメージ」をするときに、起こって欲しい「出来事」を、できるだけ具体的にイメージしようとします。

しかし、出来事のような具体的なことは、顕在意識が処理する情報で、潜在意識には伝わりにくい情報なのです。

潜在意識に伝わるのは、もっと曖昧で感覚的な情報です。

つまり、気持ちや感情こそ、潜在意識に伝わりやすい情報なんですよ。

潜在意識に「引き寄せたい内容」を上手に伝えて「叶う現実」を体験するには、願いが叶った後の自分の気持ちと体感をリアルな感覚でイメージすることが大事なんです☆