m人は誰しも「生きる意味」とは、心の欠乏感がなくなり、満たされ、幸せになること、という漠然としたイメージを持っていると思います。

私もそんな風に感じていた時期がありました。

けれども、実は、こうしたイメージを持っていると、「生きる意味」や「幸福感」を見つけることが難しくなってしまうんです・・・。

そうなの?

この記事では、人生経験を積んだアラフォー、アラフィフで「生きる意味」に迷ってしまった方が、人生の見つめ方を変えることで「生きる意味」を見つける方法についてお話します。

 

「生きる意味」には2つの顔がある

「生きる意味」とは、心の欠乏感がなくなり、満たされ、幸せになること、という漠然としたイメージを持っていると、「生きる意味」や「幸福感」を見つけることが難しくなってしまうのは、何故なのでしょうか?

それは、人生で感じる「苦しみ」と「喜び」は一枚のコインの裏表のように、本質的には一つの体験になっている
からなんです。

例えば、スポーツが好きな人がいたとします。

スポーツをして体を動かすのが好き。

でも「体を動かす」ということを、「気持ちいい」と感じる人も「疲れる」と感じる人もいます。

体を動かすと、エネルギーが消費され、血液が体中を行きわたる、ということが起こります。

その同じ現象が「気持ちいい」と感じるか、「疲れる」と感じるか、ということです。

そして「疲れる」側面を受け入れている方は、「疲れている」ことだけに意識がフォーカスせず、「それは当たり前」「折り込み済み」の現象として、「疲れの中にある気持ちよさ」を感じます。

けれど「疲れるを拒否」する方は、多少、気持ちよかったとしても、それよりも「疲れる」という感覚の不快感を強く感じるんですね。

 

ものごとには、何でもポジティブな面とネガティブな面が両方あるものです。

そのうち、自分にとって「ネガティブな面」を拒否すると、逆にその「ネガティブな面」に意識がフォーカスして苦しみが大きくなってしまうのです。

 

ですから、「生きる意味とは、心の欠乏感がなくなり、満たされ、幸せになること」という漠然としたイメージを持っていると、「自分の人生に何かが欠けている」感覚がぬぐえなくなり、「まだ自分は幸せじゃない、まだ何かが足りない、生きる意味が分かれば、もっと充実感があるはずだ」と考えてしまうのです。

「生きる意味」とは、「満たされ、幸せになること」だと考えると、「生きる意味」や「幸福感」を見つけることが難しくなってしまうのには、こうした理由があるんですね。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

人生をより快適に生きるための極意

コインがあれば、そのコインには、必ず表と裏があり、「コインの表をください」といっても、「自動的に裏もついてくる」ことになりますよね?

「生きる意味」についても、「喜びを感じる」ことだけでなく、「自分が抱えているテーマを理解し、その課題への理解を深めていく」という見方をすることで、とても見つけやすくなり、人生のありのままを受け入れやすくなります。

「自分の人生が抱えているテーマを理解し、その課題への理解を深めていく」ということは、「テーマに関わる苦しみを克服することと、テーマに関わる喜び」の両方を味わう体験をするということになります。

これは、スポーツ選手がオリンピックで金メダルをとったときの嬉しさが、それまでの過酷な準備と歴戦の困難に比例して深くなるのと同じです。

 

実は、苦しみこそが「喜びの母」なのです。

 

人生の構造は、次のように表現することができます。

「○○が欠けている」という苦しみを体験することによって初めて、「自分の幸せにとって、○○が如何に大切か」という、人生の宝に気づくことができる。

こんなことを言うと、死ぬまで「苦しみ」から解放されない、というような誤解を招いてしまいそうですが、そういうことではありません。

先ほどのスポーツの例でお話したように、両方を拒否せずに受け入れる意識にシフトすることで、「苦しみの種」だったものが、苦しいと感じなくなるのです。

「生きる意味」の裏面を知って人生を充実させる方法

しかし、そうした意識のシフトを起こしていくためには、頭で理解するのではなく、感覚として「自分の人生の課題・テーマは、これだ」という気づきが起こらなければいけません

そのための大きなヒントをお伝えします。

それは、あなたが生きてきた中で、「とても嫌いな人たち」です。

往々にして、最も強烈な感情を抱くのは親兄弟、配偶者などの家族であることも多いです。

もしかしたら、友人などもいるかもしれませんが、自分が縁を切ろうとしても簡単には切れないような人間関係の中で出てくる「強い嫌悪の感情」は、あなたが取り組んでいる「人生の課題」を教えてくれることが多いのです。

どんな風に読み解いていったらいいのでしょうか?

それは、「嫌いな人たち」の何が、どう嫌いだったのかを分析することです。

何故、そんなに強い嫌悪の感情が湧いてきたのか、冷静に、その源に、どんな「相手の人間性」や「相手が繰り返した行動」があるのかを分析してみます。

他にも、あなたが人生で出会ってきた「嫌いな人」に同じ共通項がないかもチェックしてみましょう。

「ああ、自分はこういう人間性や、こういう行動が心底嫌なんだなぁ」という実感が得られたら、次の分析に進みます。

それは、その人たちに「どうなって欲しかったのか?」です。

嫌いな人の人間性や行動について、「どうなってくれれば、良かったのに」と思っているのかを探ってみます。

そして、次がポイントです。

ここが大事

それは、「あの人の嫌いな人間性や、嫌いな行動が、こうなってくれたら良かったのに」「せめて、こうして欲しかった」ということの本質は何でしょうか?

その本質的なことを、あなた自身が苦手、ということがないかを振り返ってみてください。

昔に比べたら、今はだいぶできるようになったとしても、元々は、とても苦手。

特に、「大切な場面になればなるほど、それを体現することが難しい」ということがありませんか?

それが、あなたの「人生のテーマの裏面」になっていることがあります。

「あなたが他人の嫌悪する部分の本質」でも振り返ってみれば「自分も苦手としていること」を受け入れ、向き合うことで、今、あなたの壁になっている人生の問題が一気に解決へ向かって進み出すこともあります。

さらに詳しいことを知りたい方へは、無料メール講座でお伝えしています。