あなたは、上司へ、部下へ、何か意見しなければいけないとき、ノンストレスで発言できますか?

どうしても「責めたり」「批判したくなったり」そんな気持ちが渦巻いてしまいませんか?

フランスの心理学研究最前線(雑誌「Cerveau & Psycho」(脳と心理))では、上手に表現できるなら「気持ちは表現すれば表現するほど幸せになれる」と言われています。

ノンストレスで部下の人材育成、上司との良い人間関係構築ができて自分も幸せになれたら・・・。

あなたにとっても、周りにとっても、仕事のパフォーマンスが上がりますよね。

本記事では、そんな「あなたの願ったり叶ったり」を実現する具体的な方法についてお伝えします。

トラブルを招くNG表現

「上手に苦言を呈す」ために、やってはいけない「NG表現」があります。

それは、、、、、

「怒りを爆発させるような感情表現」

相手と違う意見を言いたいとき、あなたは「怒り」や「批判」を感じていませんか?

実は、この気持ちって、相手に伝わるんです。

意見したときにトラブルになるのは、「あなたの意見そのもの」がトラブルになるのではなくて、あなたの心の中にある「自分が正しくて相手は間違っている」という相手を攻撃したい気持ちや「相手に自分の言うとおりにさせたい」という支配欲が原因となってしまうんです。

あなたにも、こういったことがありませんか?

でも・・・、相手のせいで重大なことになっているんだから「批判されて当然」「相手が変わるべきだ」、そんなモヤモヤした気持ちが、今出てきたかもしれません。

確かに、私もそう思います(笑)。

では、あなたが自分でも「アレはまずかったな」と思っているときに、「批判的な言葉や態度」で指摘されたり、まるで「あなた自身を否定されたような印象を受けるやり方」で変わるように命じられたりしたら、どうでしょうか?

指摘に感謝して「聞き入れたい」とは、思えないのではないでしょうか?

あなたが、モノ申したい相手も、同じ人間なのです。

あなたに「批判的な気持ち」や「コントロールしたい気持ち」があれば、それに反発する気持ちが湧いて出てくるのが、人間の脳と心の仕組みなんですね。

では少し、その感情から距離をおいて考えてみましょう。

起こってしまったことは今更、変わりません。

部下や上司の過去の行動に怒りのエネルギーを費やしても、あなたには何の得もないんですよね。

それよりも「同じ事態を繰り返さないための方法を伝わるように話す」エネルギーの方が、あなたにとって見返りは大きいですよね?

ここで、「伝える」のではなく「伝わるようにコミュニケーションをとる」ことが、とっても重要です。

怒りを爆発させるようなNG表現で「伝え」ても、感情的な攻撃シップだけが相手に伝わってしまい、本当に伝えたい「同じ事態を繰り返さないための方法」は伝わらないわけです。

それだけでなく、実は、怒りをぶつけるとあなた自身の怒りも長引く、ということが心理学研究で明らかになっているんですよ。

 

とはいえ、「仏の顔が崩れてしまう」のは、人間なら誰にでもあることですよね。

部下や上司に上手に物申せる方は、どんな風にコミュニケーションをとっているのでしょうか?

実は、そうした人間関係が上手な方々は「心の知能指数=EQ」が高いという特徴があるんですね。

そして、EQの高さと社会的成功、収入の高さは比例する、という調査データも発表されています。

では、EQの高い人は、どんな風に物申すのでしょうか?

それは、怒りの感情があったとしても、それを抑え込むのではなく、適切に相手に不愉快な気持ちを表現するのです。

もしかしたら、あなたは「批判したい」「怒りをぶつけたい」気持ちを抑え込んで話をした結果、「皮肉な表現」や「丁寧だけれども相手の自尊心を傷つけるような表現」が混じってしまっていることはないでしょうか?

気持ちを抑え込まずに上手に表現する技を身に着ければ、あなたもEQの高い人と同じように、ノンストレスで物申すことができるようになりますよ!

困った部下に不愉快な気持ちをうまく伝える簡単5ステップ

今回は、部下に物申す場合を例にあげて、説明していきます。

困った部下に「不愉快な自分の気持ちをうまく伝えながらも、部下や上司のやる気を引き出し、最終的には仕事のパフォーマンスを上げる」には?

これが、そのための「5ステップ」です。

  1. 淡々と事実を言葉にする。
  2. 「私は」という主語を使って自分の感情を表現する。
  3. 自分の感情」と「相手の行動」との因果関係について冷静に伝える。
  4. 部下に今後の解決方法を提案する。
  5. 部下の能力(問題解決能力)を「認めている」と言い、前向きな言葉で会話を締めくくる。

 

それでは、具体例を用いてイメージしてみましょう。

 

ある日、大事な仕事のミーティングを約束をしていた部下がミーティングの時間に遅刻してしまいました。

上司であるあなたが部下にかける言葉として、次に示す2つの表現のうち、どちらが好ましいと思いますか?

☆感情表現 A

「君はいつも遅刻してばかりしているじゃないか!毎回、本当に君には頭に来るなあ。約束の時間を守るという当たり前のことが、どうして君にはできんのかね。まあ、いくら話したって無駄だろうな。もう、仕事へ戻れ」

☆感情表現 B

「私たちの約束は11時だった。今は11時20分だ。君が遅刻したこの20分の間、私の時間は無駄になったんだ。正直にいって、私は今すごく腹が立っている。

次回からは約束の2時間前に、一度、私へ連絡を入れてほしい。約束の時刻に間に合うのかどうか、君から連絡を入れてくれ。君と私が協力すれば、お互いにいい仕事ができるはずだと私は思っているんだ。頼んだぞ」

 

もちろん、好ましい感情表現はBの方です。

 

では、あなたの部下に適切なモノ申し方をするためには、どんなステップで文章を組み立てたらいいのでしょうか?

 

《不愉快な気持ちを上手に部下へ表現するための 5ステップ》

 

ステップ 1

第一声で「君はいつも遅刻じゃないか!」というように、上司の個人的な感情を吐露したり、相手の行為を批判するような表現はNG

頭に血が登ったときは、一度深呼吸をして、淡々とした口調を心がけましょう。

そして、客観的な事実を、時系列で部下へ説明します。

感情表現Bの「私たちの約束は11時だった。今は11時20分だ」は客観的な事実以外の情報が一切入っていないフレーズなんです。

 

ステップ 2

「君には本当に腹が立つ!」のように相手を主語にするのではなく、「私は」と、自分を主語にして自分の感情を表現するように心がけましょう。

相手を主語にして事実を表現しているとき、私たちの潜在意識の中には「相手は加害者である(私は被害者である)」という被害妄想が生まれます。

「他者が変わればそれでいい」「自分は何も変わらなくていい」という方向へ思考が加速していくと、本来なら協力し合って達成できるはずの目的も、達成できなくなってしまいます。

感情表現Bのように「私は頭に来ている」と、自分の感情として表現し、その言葉を耳にすることで、あなたも、その感情と距離をおいて客観的になれるんです。

すると「では、この状況の中で本当は自分はどうしたいのか?どうしたら自分の希望が叶うのか?」と、次のステップへと向かう建設的な思考を切り替えていくことができるようになります。

 

ステップ 3

ステップ2で表現した私の気持ちの原因を、部下に分かるように説明しましょう。

「自分が言わなくても、相手は勝手に理解するべきだ」という思考に陥ってしまうと、部下はあなたの言葉を聞き入れなくなってしまいます。

また「君には頭に来る!」などと、相手をまるごと人として否定するような表現をすると信頼関係が崩れ、その後の業務に差しさわりがでる危険性があります。

あくまでも、目的は仕事をうまく進めることで、部下の人間性を批判することではありません。

「相手の人格」と「相手の行動」は別物だと捉えることを大切にしてください。問題となった行動のみにフォーカスします。

 

ステップ 4

この状態を改善していくための解決方法を提案しましょう。

感情表現 A 「もっと遅刻しないようにできないのかね」という言い方ではなく、

感情表現 B 「次回からは約束の2時間前に、一度、私へ連絡を入れてほしい。約束の時刻に間に合うのかどうか、君から連絡を入れてくれ。」という言い方の方がより具体的で、現実的、建設的な提案になります。

Aの言い方にすると、部下が遅刻しないように気をつけていても遅刻になってしまった場合、即ゲームオーバーです。

けれど、Bの言い方ならば、全てのシチュエーションにおいて部下があなたのためにできる努力があります。

部下はどんなシチュエーションでも誠意をみせることができます。

それでも、部下が努力をしてくれない場合は、あなたと部下の人間関係がそもそも上手くいっているのかどうかを考えた方がいいでしょう。

解決方法を提案するときは、感情表現 A 「もっと遅刻しないようにできないのかね」というように、否定形を多用したフレーズは避けましょう。

具体的にどういう行動をとってほしいと、肯定形の文章を用いて提案した方が、相手に快く動いてもらいやすくなります。

 

ステップ 5

最後は、部下の人間性と能力に信頼を示すポジティブな言葉(部下の自己肯定感を高めるメッセージ)で会話を締めくくります。

どんな部下でも、自分を信頼していくれる上司の期待には努力して応えたくなるのが人の心情です。

「もういい!いくら話したって無駄だ!」などと言われた相手のために努力したいとは誰も思いませんよね。

目的は部下の自尊心を傷つけ、自己肯定感を下げることではなく、お互いの信頼関係を強め、協力して仕事をうまく進めることですよね。

本当の目的を常に意識するようにしましょう。

「あなたに信頼を寄せ、あなたの幸福を望む部下」が増えれば増えるほど、部下は自然とあなたへの協力や努力を惜しまなくなるものです。

まとめ

NG表現:「怒りを爆発させるような感情表現」

意識したいこと:

  1. 不愉快な気持ちは押さえつけずに、「適切に表現する」ことが正解。
  2. 苦言を呈すことでクリアしたい本当の目的は「お互いの信頼関係を強め、協力して仕事をうまく進めること」

 

いかがでしたか?

できるところから、役立ててみてくださいね。