「仕事や学校、家庭がストレスの場合、どうしたらいいんですか?」

こんな悩み、ありますよね・・・(ノД`)・゜・。

仕事や学校、家庭はイヤでも、すぐに環境を変えるわけにもいきません。

「毎日、疲弊するばかり、でも逃げられない、どうしたら?」

そんな悲鳴をあげている方のために、現実逃避するわけではなく心をエスケープさせる方法を伝授します

スポンサーリンク

休もうと思っても休めない現代人

眠れない

仕事や学校、家庭は、毎日、長時間過ごす場所ですから、そこにストレスを感じる場合、本人が思っている以上に心身が疲労していて、肉体的にも様々な症状が出ていることが多いものです。

肩の凝り、目の疲れ、頭痛、体の各部の痛みや違和感、倦怠感、意欲の低下、集中力の低下、消化力の低下、食欲の低下or依存、免疫力の低下、睡眠の質の低下や不眠症状、タバコやアルコールなどへの依存、生理不順など、挙げればきりがありません。

そういった場合に最も必要とされるのは「効率的に休むこと」なのですが、こういった方々には、夜たくさん寝た日でさえ、朝起きると「体がだるい」「寝た気がしない」などの症状を訴える方が多いという実態もあります。

あなたは、その理由をご存知ですか?

それは、夜、眠ってはいても「本当にはちゃんと心と体が休めていないから」なのです。心と体が効率的に休めないと、ストレス疲労はどんどん蓄積されて、ますます仕事や学校、家庭がしんどい場所になっていってしまいます。

どうすりゃいいの?寝ても疲れがとれない・・・

どうすれば上手に休めるようになるのでしょうか?

そういった場合には「休むとは、どういう状態か?」を心や体に覚えてもらう必要があります。

人の体は、長い間していないことを忘れる性質があります( 一一)。

長い間、強いストレスに晒され続けていると、心や体の緊張が凝り固まって、ただ横になっただけでは脳に「休んでいいよ」という指令が送られにくくなるんです。

一度、凝り固まった心や体は意識して、自分で緩めてあげないと、ゆるまなくなります。慢性の肩凝りになったら、定期的にマッサージに通うなどしないと、凝りがほぐれないのと同じです。

「休む」って一体どんな状態?

日本の現代生活の中で「きちんと休んでいる状態」「リラックス状態」というと、「湯上り」「マッサージ後」「有酸素運動の後」などが最も分かりやすい例といえるでしょう。

「湯上り」 …… 温泉宿などに泊まって色んな湯に浸かった後を想像してください。

「マッサージ」 …… エステサロンなどでマッサージをしてもらった後の状態を想像してください。

「運動後」 …… 軽い有酸素運動のようなものをした後、心地よい疲れを全身に感じている状態を想像してください。

これらの例に挙げたような状態では、次のような体感があります。

頭の状態 …… 少しボーっとして、頭が空っぽになっている状態。何か難しいことを考えるのが難しい、或いはあまり小難しいことは考えたくない状態。このままもうすこしボーっとしていたい気分。

体の状態 …… 体に力が入りにくい状態。どこかに腰かけるか、寝そべっていたい気分。

感情の状態 …… 嬉しい、悲しいなどの特定の強い感情はなく、なんとなくスッキリした感じ。

このような状態のとき、人はよく「あ~、力が抜けて、気持ちいい」と感じます。

心身ともに休んでいるリラックスした状態というのは、このように頭の中も体も、気持ちも落ち着いている状態です。

「ストレス疲労の回復」は「いい休み方」が肝心

ストレス発散、疲労回復を考える上では、ただ休むだけではなく、「いい休み方」が何よりも大切です。

「いい休み方」=「心と体の緊張をゆるめた状態で休む」ことです。

そのためには、「リラクゼーション」をする習慣を持ち、日々、感じたストレスをその場で緩めることを心がけることが大切です。

つまり、上記に挙げたような「入浴」「マッサージ」「軽い運動」の習慣を持つと効果的です。

日々のストレス症状に加えて、特定の強いストレス症状や慢性的なストレス症状の悩みがある場合には、セルフで実践できる「リラクゼーション」では効果が十分でない場合もあります。その場合には専門家のセラピーやカウンセリングを利用されることをおススメです。

リラックス

リラクゼ―ションだけでは解決しないストレス

ストレス対処、疲労回復にリラクゼーションが欠かせないとはいえ、リラックスできるようになっただけでは、実はストレスは根本解決できません。

何故なら、毎日ストレスを我慢して心身を疲労させ、その疲労を和らげるために休むだけでは、いつまで経ってもストレスから解放されないからです。

マッサージやエステサロン、温泉旅行などに行き、リラックスできて日常に戻ってきても、日常に戻ってきた途端ストレスを抱えてしまう。

「明日は仕事か」そう思うだけでストレスを感じて気が重くなる。

こんな風に感じたことはありませんか?

それは休みをとることによってストレスを一時的にゼロにすることはできても、日常に戻るとまたストレス疲労が蓄積されることを無意識に感じているからです。

ストレスを手放す5ステップ

私たちは自分をコントロールすることはできますが、他人や世の中に起こる出来事をコントロールすることはできません。

自分以外の何かをコントロールして自らのストレスを減らそうという発想では、ストレスを解消するのが難しいのは皆さんも実感しているところだと思うんです。

そこで、環境に依存せず、自分の力だけでストレスを根本的に解決し、ストレスに悩まされない人生を送る方法をご紹介します。

ストレスの根本解決ステップ

    1. 今あるストレスを手放す。
    2. 全てをコントロールしようとする執着を手放す。
    3. セルフイメージを上げて自分に自信をもつ。
    4. 睡眠の質を上げて心身が疲労回復できる「休み方」を身に着ける。
    5. 環境に振り回されず、自分軸で生きれるようにする。

 


ステップ1の「ストレスを手放す」ができたら苦労しないんですけど

 

ごもっともです。

 

「ストレスを手放す」これが最初の難問ですよね。ストレスを手放すためには何が必要なのでしょうか?

ストレス・レスキュー☆自分を安心させるルーティンを作る

ストレスを感じる環境にいると、とかくそのストレス原因に意識がフォーカスしてしまうのが私たち人間の脳の特徴です(笑)。

このことについて、詳しくはコチラの記事をご覧くださいね。

人生の流れを変える「潜在意識の書き換え」テクニック

 

「ストレスを手放す」ためには、意識をストレスにフォーカスしないよう、心の視野を広く保っておくことがとても大切なんです。

  • 「うわっ、ストレス!」と思ったきた
  • 「最悪!この現実!」と思ったとき
  • 言いたいことがいえなくて、泣きたくなったとき
  • 誰かからメールやSMSの返事がもらえなくて、不安が収まらなくなったとき

そんなときは、即座にこの呼吸法を試してみてください (^^♪。

《ストレス・レスキュー呼吸法》

1. 息を止めてストレスを意識的に感じながら肩を上下させながら、腕の力を抜いていく。
2. 口から強く息を吐き切り、腕と手を脱力させる。

x3回

《ストレス・レスキュー 必殺技》

ストレスを感じたときに、これをすれば自分が安心するというルーティンを作っておきます。使えば使うほど、体が無意識に反応し、その行動をとっただけで、リラックスしてくれるようになります。

ルーティンの例

・言葉で自分を安心させる。
息を吸って、息を止め、3回、自分の好きな言葉を強く頭の中でイメージしながら呟く(口に出しても出さなくてもOKです)。
息をできるだけ長く吐きながら、その言葉のイメージを体に循環させるイメージをする。
※ 言葉は「大丈夫」「なるようになる」「好きな格言」など、自分を安心させ、勇気づける言葉なら何でも大丈夫です。

・香り(嗅覚)で自分を安心させる。
自分が安心する香りのアロマオイルなどをハンカチなどに染み込ませておい、その匂いを嗅ぐ。

・視覚から自分を安心させる。自分が安心したり、心が落ちついたりするイメージを脳裏に描く。実際に行った旅行先の景色でも、テレビやネットで見た自然の美しい景色でも、絵でも、なんでも大丈夫です。そういったイメージ画像を持ち歩いておくのも効果的です。

上記に挙げたようなルーティンを一度、決めたら、毎日、自分が一番リラックスしているときに(自分が安全な場所だと感じ、ストレスが最も少ない時間に)そのルーティンを行う習慣をつくります。(リラックスできるお風呂の時間に「言葉を繰り返す」。お風呂上りに「香りを嗅ぐ」/「イメージ画像を見る」。リラックスできる就寝前「言葉を繰り返す」/「香りを嗅ぐ」/「イメージ画像を見る」など。)

こうしておくことで、体がこれらの言葉や香り、視覚情報を受け取ったときに「リラックスしていい状況なのだ」と記憶してくれるようになります。

《毎日のストレス・レスキュー 呼吸法習慣》

「5秒間息を吸い、5秒間息を吐く」x6

呼吸のスピードが一定になるように、ゆっくりゆっくり吐いていきます。息を吸ったあとは、一瞬も息を止めず滑らかに吐く息へ切り替えます。

実際には鼻呼吸をしていますが、頭の中のイメージでは、胸の真ん中にある心臓から息が吸い込まれ、少し下がったところにある胃腸からから息が吐き出されるイメージをします。

(※解剖学的には心臓は体の中央に位置していませんが、イメージの中では体の中央にあるイメージをしてください。)胸の真ん中に息が吸い込まれ、みぞおちあたりから息が吐かれるイメージです。

5秒間隔の呼吸が自然とできるようになったら、その呼吸を続けながら「愛しいものへの感情」「自分への信頼や誇りを感じた場面」「自分以外の存在への感謝や祈り」「自然の心が和む風景」など、ポジティブなイメージを想い描きながら呼吸をする『イメージ呼吸法』へステップアップしてくださいね (*^-^*) また、慣れてきたら1日5分間、この「イメージ呼吸瞑想」をつづけるのがおススメです。

毎日のストレス・レスキュー 呼吸法習慣の効果

  1. 怒りっぽくなくなり、穏やかな感情をもてるようになる。
  2. 周囲のストレス原因の影響を受けにくくなり、自分を保ちやすくなる。
  3. 普段の感情の状態がよりポジティブになり、日常の幸福感が上がる。
  4. 心臓の機能が安定し、循環器系等の働きがスムーズになる。
  5. 過剰な食欲が抑えられ、ファーストフードなどより健康的な食事への欲求が高まる。

※補足:アメリカの保険会社では(注釈:アメリカは日本のように皆保険制度ではないので、市営の保険に入っている方が多いのです。)この呼吸法を毎日行っているかどうかを機器を用いてチェックしている会社もあるそうです。呼吸法を毎日行うことで、心機能が安定し、心臓病のリスクを低減できるという研究データが出ているからです。保険加盟者の健康が維持できれば保険会社は支払いを抑えることができますからね(*^^)v。

こちらにご紹介するユーチューブの画像で○の上下に合わせて呼吸すると5秒の呼吸法ができるようになっています。

 

ストレスが怖くなくなる

自分なりのストレス・レスキューの方法が確立されると、ストレスのある状況を怖れなくて済むようになります。

周囲に翻弄されることなく、自分らしく生きる生活を取り戻すことができるのです。

そうなると、自然と活動意欲が湧いて、努力に対するいい結果を目にすることができるようになり、現実がいい方向へ転換していくようになります。

そうすれば、大切な人たちと楽しい時間を分かち合える人生が生きれるようになりますよ (^^♪。