最近、大注目の「ソフロロジー出産」。

「痛いの?」「痛くないの?」

数年前に私が出産した頃は、情報も少なかったソフロロジー出産。

ヒプノバーシングで陣痛の痛みを消して出産した後の私は、なんとフランス国家機関『RNCP』レベル認定を受けたソフロロジスト(ソフロロジー専門セラピスト)になりました!

元々は、元京大医学部に勤めていた経緯もあり、科学的根拠と共にソフロロジー出産の全容について、3回シリーズでお伝えしていきたいと思います。

この記事は Vol. 2。

Vol. 1は、こちらからどうぞ。

ソフロロジー出産を選ぶ理由 Vol. 1 なぜ不安やストレスが強い妊婦さんはソフロロジーを選ぶのか?

ソフロロジスト・レベル認定証。

RNCP

 

只今、無料体験会を開催中。

 

無料体験会は、Facebook
「マタニティー・呼吸リラクゼーション
【ソフロロジー出産】」にて、お知らせしております。

★今月の無料体験会★
4月28日(水)21時~22時15分。

 

体感会に関するご質問・お問い合わせはボタン下のコンタクトフォームからどうぞ。

    ▼()に当てはまる平仮名をご入力ください。(※海外からの迷惑メール防止のためご協力お願い申し上げます。)

     

    スポンサーリンク

    【ソフロロジー出産】知らないと成功できない「痛い理由」「痛くない理由」

    正直な話、ソフロロジー出産は、本当に痛くないのでしょうか?

    答え:どちらでもない。

    何故、どちらでもないのか?

    それは、うまくいく場合と、うまくいかない場合があるからです。

    ソフロロジーで痛くない出産ができる理由

    ソフロロジーで痛くない出産ができる理由は、思い込みでも、信仰心でもありません。

    「痛いと感じない体の状態」があり、陣痛がくるたびに、ママが自ら、その状態へ移行することで痛くない出産が可能になるのです。

    しかし、この状態へ移行するテクニックが未熟だと、ソフロロジー出産をしても、痛い出産になってしまいます。

    痛くないソフロロジー出産のヒミツ

    人が痛いと感じるかどうかが、脳波の状態によって変化します。

    「リラックスの脳波」が出ているとき、人は痛みを感じにくくなるんです。

    「リラックスの脳波」が出ているときに分泌されるホルモンの中に「脳内モルヒネ」と呼ばれる、痛みを麻痺させる物質があるからです。

    もちろん、陣痛の痛みを感じないほどリラックスした状態の脳波は、出そうと思っても簡単に出せるわけではありません。

    だからこそ、ソフロロジー出産を成功させるためには、妊娠中からの練習が必要となるんですね。

    「どういうこと?」と思った方は、つづけて記事をお読みくださいね。
    妊娠と太陽

    「痛み」の不快感は相対的

    例えばある日、朝起きたら「背中が痛かった」とします。

    朝は「背中が痛い」と不快だった痛みも、仕事に集中している間は「痛みを忘れて」いて、仕事が終わって家に帰ったらまた痛くなった。

    こんな体験は、誰にでもあると思うんですね。

    「意識がどこにフォーカスしているか?」によって、私たちは、痛いモノも痛くなくなってしまうものなんです。

    多くの妊婦さんが怖れる陣痛についても、その感じ方が変化する理由というものがあるんですね。

    それは、一体、何なのでしょうか?

    出産が痛くない国があるってホント!?

    日本社会では出産といえば「痛い!!」と思われています。

    しかし、国によっては、出産が痛くない」という文化もあるんです。

    2003年4月に発行された研究雑誌「HOME HEALTH CARE MANAGEMENT & PRACTICE」には、出産時の痛みが文化的背景の影響を強く受けていることが発表されました。

    どういうことなのでしょうか?

    そもそも「痛み」って何?

    例えば、体のどこかを強く打ったとしましょう。

    打ったカ所を早く回復させるためには安静にしていることが大切ですよね。

    どこかを強く打って痛い、そんなときの私たちの行動は次のようになります。

    1. 体のどこかを強く打った。
    2. 「痛い~!」(T_T)
    3. 痛みを抑えるために、その痛いところを動かさないようにした。
    4. 痛いところが安静に保たれたため、早く回復した。

    このように、体は異変を痛みによって訴えるため、痛みを感じると、私たちは「ヤバい、ヤバい」と無意識に感じてしまいます。

    そして「痛みを抑えたり、取り除いたりする行動」をとるんですね。

    この「痛みを抑えたり、取り除いたりする行動」が、体の回復につながる仕組みとなっている わけです。

    •  痛み=「体の異変を伝えるシグナル」
    • 「痛みを抑えたり取り除いたりする行動」が回復につながる。

    そんなわけで、体は、痛みを不快症状として記憶しています。

    通常の筋肉の損傷などの痛み ⇒「何か体に悪いことが起こっている」

     

    「嫌だ(不快だ)」「痛みを消したい」(>_<)

     

    ところが出産時の陣痛は、通常の痛みとは随分性質が異なります。

    体の異変を知らせるサインではなく、赤ちゃんが外へ出てくるための「子宮収縮」が行われているサインでしかないのです。

    出産時の子宮の収縮 ⇒ 「何も体に悪いことは起こっていない

     

    「赤ちゃんが誕生するために必要」

     

    この子宮収縮に対して「あ~、きたきた。怖い怖い」と思うと、痛くなります。

    「いよいよ、赤ちゃんに会えるんだな、楽しみだな」と思えると、そのサインが痛みではない、別のものとして捉えられるようになるんですね。

    実は、社会に出回っている「出産や陣痛の大変さを誇張した話題」も、「出産は痛いイメージ」「母親はそれを我慢して当たり前」という無意識の認識が刷り込まれてしまう原因になっているんですね。

    「痛み」を正しく理解する ⇒ 不安がなくなる!

    通常時の痛みが体の異変を伝えるシグナルなのに対して、子宮収縮は、体の異変ではなく、赤ちゃんにもうすぐ会うためのサイン

    ということは、子どもが産まれるてくることに不安がある場合、望まない妊娠だった場合は、子宮収縮が「喜ばしいサイン」になりにくくなります。

    だからこそ、「ソフロロジー出産」では、妊婦さんの時代から、母親としての意識、子どもの存在に意識を向け、愛情を育んでいく過程に重きを置くんですね。

    「陣痛を愛おしい大切なものとして受け入れる」という意識を妊娠中から育むことによって、「ソフロロジー出産」では、出産時の痛みの不快感を大幅に軽減します。

    イメージ・トレーニングと痛みの関係

    出産に対するポジティブなイメージが出産時の痛みを大きく左右することも、研究で明らかにされています。

    アメリカ、北欧、中東、中国、トンガなど様々な文化圏の妊婦さんについて「出産時に感じる痛みが自分にとってどういう意味を持つのか?」ということについて調査した研究があるのです。

    それによると、痛くない出産を成功させるためには、次の3つの要素を持っていることが大切だそうです。

    産時の痛みを軽くする3つの「ポジティブなイメージ」》

    1. 妊婦さんが出産に対してポジティブなイメージを持っている。
    2. 妊婦さんが母親としての自信を持っている。
    3. 妊婦さんが女性としての自分の体を信頼している。

    ソフロロジー出産のイメージトレーニングでは、これら3つの要素を新ママの心の奥深くに育んでいくんですね。

    「出産の痛み」を左右する無意識の作用

    「出産時の痛みを緩和するために、出産に対するポジティブなイメージがとても大切なんだ!」

    ということはご納得頂けたのではないでしょうか?

    では、知ったから、これから「ポジティブシンキングでいこう!」という気持ちでいれば「出産時の痛みがなくなるのか?」というと、残念ながら、なかなか難しいんですよね。


    え~、どうして???

    その理由を説明しましょう。

    痛みに対する恐怖や出産に対する漠然とした不安は、実は、潜在意識の中に隠れているからです。

    「ヒプノバーシング」と「ソフロロジー出産」痛みへのアプローチの違い

    私は、ヒプノバーシング体験者であり、現在ソフロロジストになっています。

    そこで、痛みが少ない出産と言われる2つの出産方法「ヒプノバーシング」と「ソフロロジー出産」の違いについてお話したいと思います。

    この記事の初めの方にも書きましたが、脳波がリラックス状態になっていると、人は痛みを感じなくなります。

    この脳波を変えるコントロールを身に着けるのが「ヒプノバーシング」です。

    ヒプノバーシングでは、「子どもへの愛情」や「母親としての自信」、「自分の女性としての体に対する信頼」などを育むところには、特に強くフォーカスしていません。

    そのため、潜在意識に「子どもが産まれることへの不安」や「母親になることへの怖れ」などがある場合は、出産自体は長引いてしまう傾向があるのです。

    (私が、まったく、その例でした。)

    「硬膜外麻酔」と「ソフロロジー出産」痛みへの効き方

    ソフロロジー出産は、ママが自分で身に着けるテクニックなので、どうしても、自分で努力したくないママにとっては面倒くさいですよね(汗)。

    硬膜外麻酔は薬なので、絶対効きそう、というイメージがあるかもしれません。

    しかし、硬膜外麻酔の経験者の私からいわせれば、「硬膜外麻酔」も、効く場合と効かない場合があるようです。

    私は、ヒプノバーシングで17時間の陣痛を消した後、集中力が切れたのと、寝たいのとで「硬膜外麻酔」をお願いしました。

    すると、医師がかけてくれた最初の麻酔は効いたものの、その後、看護師さんがかけてくれた麻酔では、副作用の不快感や発熱が出て、後半、6時間くらいは、とてもしんどい出産体験となりました。

    無痛分娩のための「硬膜外麻酔」には副作用が出るおそれがあります。

    それを考えると、やはり「ソフロロジー」で出産への不安を取り除いてスピード出産できやすい体質をつくり、リラクゼーション・スキルで痛みを自力で緩和した方が、断然、いい出産体験になる、というのが、体験者としての感想です。

     

    Vol.3では、「ソフロロジー出産」の成功と失敗が分かれる理由について、さらに詳しくお伝えします!

    ソフロロジー出産を選ぶ理由 Vol. 3 ソフロロジーが効かない人の特徴と対策

    記事をお読みいただきありがとうございました。

    ソフロロジー出産についてのご案内はコチラからどうぞ。

    【ソフロロジー出産】オンライン教室 by ソフロロジスト