最近、大注目の「ソフロロジー出産」。

自分に合っている出産方法なのか、気になりますよね?

私が妊婦だった頃は、全然情報がなくて、ソフロロジー出産といえば「CDを聞くだけ」みたいなイメージでした。

数年前に出産した後、私はのフランス国家機関『RNCP』レベル認定ソフロロジスト(ソフロロジー専門セラピスト)の認定を日本人としては初めて取得。

元々は、元京大医学部に勤めていた経緯もあり、科学的根拠と共にソフロロジー出産の全容について、3回シリーズでお伝えしていきたいと思います。

ソフロロジスト・レベル認定証。

RNCP

 

只今、無料体験会を開催中。

 

無料体験会は、Facebook
「マタニティー・呼吸リラクゼーション
【ソフロロジー出産】」にて、お知らせしております。

★今月の無料体験会★
【明日】3月24日(水)21時~22時15分。

 

体感会に関するご質問・お問い合わせはボタン下のコンタクトフォームからどうぞ。

    ▼()に当てはまる平仮名をご入力ください。(※海外からの迷惑メール防止のためご協力お願い申し上げます。)

     

    スポンサーリンク

    ソフロロジー出産のメリットは ずばりコレ!

    《妊娠中のメリット》

    1. 体の不快感、ストレスの緩和
    2. 精神的な不安、ストレスの緩和

     

    《出産時のメリット》

    1. 出産時の痛みの緩和
    2. 出産時の呼吸法の習得
    3. 赤ちゃんに優しい出産となり、その後のスムーズな育児に繋がりやすい
    4. 会陰切開の予防
    5. 出産疲労の軽減

    「ソフロロジー出産」妊娠期間・出産・子育てメリット

    考え中

    「ソフロロジー出産が良いらしい」

    でも、一体何がそんなに良いの~????

    というわけで、まずは妊婦さんが受けられるメリットについてお話します。

    自分に関係があるのか、ないのか?

    ここ、知りたいですよね。

    妊婦さんが受けられるメリット

    妊婦さんのストレス改善

    まなみ

    妊婦さんのストレスを調べた研究があります。

    ストレスを感じると、尿中のバイオピリンという物質が増加するのですが、妊婦さんの尿中のバイオピリン濃度を比較すると、下記の図のようになっているそうなんですね。

    《女性のストレス強度》

    妊娠してない女性  <  妊娠初期・中期の妊婦

    妊娠初期・中期の妊婦 <  妊娠末期の妊婦

     妊娠末期の妊婦 < 高血圧症や病歴のある妊婦

    妊娠週数が進めば、進むほど、ストレスが高くなるんです!

    【妊婦さんが体験するストレスとは?】

    1. 体形の変化
    2. 体内のホルモンバランスの変化
    3. 「母親になる」という新たな社会的役割の変化
    4. 体調の変化
    5. 周囲からの扱われ方、向けられる視線やかけられる言葉の変化

    1. 見た目が変わるストレス

    これまでの自分のイメージが、鏡に映っている自分の姿と違う Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

    頭では分かってますよね、妊娠したらお腹が大きくなるって。

    でも、潜在意識的には「これが私?」って、戸惑いが出てくるものなんです。

    妊婦の膨らんだお腹のイラスト

    そのため、「お腹が大きくなっていく自分」「体重が増えていく自分に嫌悪感」を感じることもありますし、頭では当たり前と分かっていても「産後に元の体形に戻れるのかな?」「これから、どうなっちゃうんだろう?」のような不安が、たくさん出てきてしまうのです。

    体験談】私も、妊娠後期に、正中線が濃くなってきたのが「嫌だな~」とか、「妊娠線がつかないか?気が気じゃない」とか、振り返ると、色々ありましたね。

    2. ホルモンバランスが変わるストレス

    赤ちゃんを育むために、ホルモンバランスが大きく変化します。

    ホルモンバランスが変わると、体調味覚嗜好感情など、様々な感覚が普段と変わります。

    「いつも好きだった味が、食べれない」

    食の楽しみがなくなるのは、辛いです。

    もちろん、食べられないものも出てくるけれど、食べても食べてもお腹が空く状況でもあります。

    どっちしても、ストレスですね。

    【体験談】私の場合は、食べづわりがありました。「食べないと気持ち悪くなる」という、つわりです(汗)。

    3. ママになるって、嬉しいけど不安やストレスも・・・

    妊娠が分かると出産準備や赤ちゃんグッズ探しなどが始まります。

    子育てが間近に迫ってくるわけですね。

    行政や病院から、様々な情報も提供されるようになり「なんか社会からの目も変わってきている」というのを肌身に感じるように。

    「ママになる嬉しさ」と「ちゃんと、やっていけるだろうか?」という不安と、両方、湧き上がってくるんですよね。

    さらに、結婚して引っ越しして、知り合いがいない、新しい土地での生活、さらに妊娠、夫は仕事で家にいない、などの辛さを抱えていらっしゃる妊婦さんも多いんです。

    妊娠期は新ママ&新パパの経済状況もそれほど裕福でないことが多いもの。

    「ちゃんと子育てに必要なお金があるかしら?」

    「出産費用は?」など、

    答えの出ない不安は尽きません。

    心配症な女性ほど、ストレスが溜まってしまいます。

    【体験談】私の場合は、ただただ、「出産が長引かないか?」「痛くないか?」そこばかり気になっていました・・・”(-“”-)”。

    4. 体調が安定しないストレス

    • 体重が増える。
    • 頻尿になる。
    • 気分が優れない。

    今まで、できていたことが、できなくなっている自分に罪悪感を感じることも少なくありません。

    特に真面目で几帳面な方は、こうした自分の変化が自分に許せず「周囲に迷惑をかけまい」と頑張って、余計に体調を崩してしまうこともあります。

    肉体的に辛いうえに、今までのようにやるべきことができない、という精神的な負担は、かなり大きなストレスになるんですよ。

    余談ですが、皆さんもコロナのときには、やりたいことが思うようにできなくて、ストレスになった方が多いのではないでしょうか?

    【体験談】私の場合も、出産まで、体は重いし思うように動けないし、集中力も長くもたないので何か将来のための勉強というのも、やる気が起こらないし、「ただ出産日を待つだけ」みたいな感覚が、すごく、じれったくて、早く元気バリバリな体になりたい、と思っていました。

    5. 周りの人の態度や言葉が心に刺さるストレス

    ホルモンの関係で、ちょっとしたことが心に刺さるようになります。

    また、妊婦さんになると、途端に周りから気を遣われるようになったり、逆に、ぞんざいな扱いをされたりすることがあります。

    特にお仕事をされている妊婦さんは、同僚のサポートや理解がある場合があればいいですが、マタニティー・ハラスメントの被害者となることもあります。

    妊婦さんにとって「自分が追いつめられる」ということは、「お腹の中にいる我が子が追いつめられている」のと同じことです。

    「子どものことも、自分のことも不安」と、二重苦になってしまうんですね。

    これは、職場に限った話ではなく、家族やパートナーからの理解が得られない場合もあります。「誰にも分かってもらえない孤独感」を深めてしまう妊婦さんも多いのです。

    【体験談】私の場合は、幸いにも夫は気遣ってはくれましたが、やっぱり男性なので「どうせ、分かんないでしょ」的な気持ちがありましたね・・・。

    このように、妊婦さんは体のストレス、心のストレスを溜めてしまいやすい状況なのです・・・。

    妊娠ストレスを解消する方法は少ない

    妊娠中は、ストレスが高いのに、体調が悪くても薬を飲むことができませんし、その上、一般の方におススメできる運動などのストレス解消法も、やりにくい状況です。

    ストレスや不安が溜まる一方、改善策は限られているのが妊娠期間中なんですよね。

    その点、ソフロロジー出産は薬も使わず、激しい肉体的な運動もないので、リスクがありません。

    「ストレス物質である尿中バイオピリン」の濃度を調べた研究によると、ソフロロジー出産を準備した妊婦さんと、そうでない妊婦さんを比べると、尿中バイオピリン濃度は「ソフロロジー出産の方が低くなる」ことが分かっています。

    つまり、ナチュラルなメソッドでありながら妊娠・出産特有のストレスを下げられることが科学的に裏付けられているんです。

    ※この研究に関する参考URL。
    「日本助産学会誌」のサイト
    参考文献

    出産時のメリット

    痛みの緩和

    多くの妊婦さんがソフロロジー出産に関心を持つ理由、それは何といっても「出産の痛みを軽減したい!」ということ。


    痛みは本当に和らぐの?

    和らぎます(*^-^*)。

    妊娠の早い段階からソフロロジーに取り組むと、出産時の痛みだけでなく、妊娠中の肉体的な不快感も予防できるようになるんですよ。

    (経験者は語る。)

    出産時の呼吸法の習得

    2つ目の恩恵は呼吸法の習得。

    ソフロロジー出産では、お産の最中も呼吸を止めず、息を吐きつづけながら出産することを推奨しています。

    ママの呼吸は赤ちゃんにとって命綱。

    ママが呼吸することによって、赤ちゃんにも酸素が行き届くからです。

    息を吐きつづけながら出産を進めることにより、お産の間じゅう、赤ちゃんが酸素を受け取りつづけることができます。

    ソフロロジー出産で生まれる赤ちゃんが「きれいなピンク色をしている」と言われるのはそのためです。

    ソフロロジー出産は、ママにとって安らか赤ちゃんにとっても優しい出産になるんですね。

    実は、穏やかな出産体験で生まれた赤ちゃんは、新生児期に泣くことが少ない、という研究データもあるんですよ。

    穏やかな出産は、ママと赤ちゃんがストレスを溜めないスムーズ育児に直結するということですね (*^▽^*)/。

    深いリラクゼーション状態で行う出産のメリット

    ソフロロジーは、基本的に心と体をリラックスさせるセラピーです。

    リラックス状態で出産をすることには、様々なメリットがあるんですよ。

    リラックスしている状態では、筋肉がゆるみやすくなっているため、子宮口が開きやすく、また会陰も伸びやすくなっています。

    そのため、お産がスムーズに進みやすく、会陰も傷つきにくくなるのです。

    さらにリラックス状態では、体力の回復力や自然治癒力が上がるため、ソフロロジー出産をした産婦さんは産後疲労が少ないんです。

    まなみ

    ソフロロジー出産が安らか出産な理由は、お分かり頂けましたか?

     


    でも、やっぱり一番気になるのは「痛みのコントロール」なんだけど・・・?

    そうですよね。

    ソフロロジー出産で痛みがコントロールできる仕組みについても「Vol. 2 」で、ご説明します。

    つづきは Vol. 2で、お会いしましょう!

    ソフロロジー出産とは?日本人ソフロロジストが執筆 Vol. 2 痛み

    記事をお読みいただきありがとうございました。

    ソフロロジー出産についてのご案内はコチラからどうぞ。

    【ソフロロジー出産】オンライン講座 by ソフロロジスト