あなたは今、まさにこんな悩みに悶々としていませんか?

  • 告白したいけど、怖くてできない。
  • 告白したくないけど、好きな人には自分の好意に気づいてもらいたい。
  • 告白しなくてもいいから、好きな人の喜ぶ顔が見たい。

告白すれば、好きな人が自分のことを「好きか嫌いか」
はっきりするわけですから、怖いのは当たり前です。

告白するのは怖いけど、でもあの人に自分のことに気づいてもらいたい。
「あの人のために何かしてあげたい」

そんな恋心をシンプルにさりげなく伝えつつ、嫌われる可能性が皆無な秘密の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

相手にあなたの愛を受け入れてもらう方法

あなたも、一度は「モテたい」「モテる人が羨ましい」と思ったことがありませんか?

人気者になれば、意中の人から注目度が上がり、嬉しいかもしれませんが「面倒くさい人」に好きになられて、追いかけられるのはあなたも嫌なはずです。

逆をいうと、あの人にウンザリされないアピール方法を知っておく必要があるということです。


でも、どんな人がタイプか分からないし・・・

大丈夫です、このことだけを知っておけば、まず間違いありません

 

それは、誰にでも「承認欲求」がある、ということです。

 

つまり「好き」を伝える前に、大好きなあの人の承認欲求を満たすことしてあげればいいんです。

 

一体、どういうことなのでしょうか?

 

誰かを好きになると、それこそ盲目になり、寝ても覚めても「あの人のこと」で頭がいっぱいでになってしまいますよね。

あの人のことが好きで大切なのに「相手が本当に求めていることは何か?」
という視点がふっ飛び、「自分が相手に求めていること」=「自分に振り向いてほしい」
を叶えるためにどしたらいいか?ばかり考える思考に陥りがちになってしまいます。

 

でも、これでは「愛の押し売り」になのです。

 

人の心理には3つの法則があります。それは・・・

  • 損したくない。
  • 得したい。
  • 売り込まれたくない。

つまり、愛を売り込めば、当たり前に拒まれるのです。

愛を売り込むのではなく、あの人に快く受け止めてもらうには、
愛を伝える前に、相手が求めているものを提供してあげ、
得した気分にさせてあげることがポイントです。

でも、気になるあの人が求めていること、
「そんなの、私が知りたいよ!」と思ったかもしれません。

その場合は、人間なら誰もが求めるものを提供してあげればいいんです。

つまり、それが「承認欲求」。

 

では、どうやって「承認欲求」を満たせばいいのでしょうか?
それは簡単です。

あなたが、その人の自然体を「受け入れて」あげればいいのです。

「ありのままの自分が心から受け入れられている」という感覚は、人の潜在意識の深くまで届く大きな安心感を生み出します。

すると、なんか一緒にいると「安心」「ホッとする」「居心地のいい人」と、無意識に認識してもらえるようになるんですよね。

具体的には、どうやって受け入れる?

「受け入れる」といっても、それをどう表現するかは難しい話ですよね。
これをシンプルにできる方法があります。

それが「微笑み」

「微笑み」とは、微小な笑みのことです。

「笑み」と違い、「微笑み」は「自分はあなたの存在を受け入れている」
というメッセージが伝わる表情なんですね。

 

微笑んでいる人の傍にいると、人はリラックスできます。

「この人は自分にとって安全な人だ」と無意識に思えるからです。

この、何となく「私はここにいていいんだ」「大丈夫なんだ」
という気持ちは、記憶に残るものなのです。

まとめ

気合を入れて告白しなくても、大好きなあの人に「あの子、感じいいよね」と思ってもらう方法。

それは、プレゼントすることでも、何か特別なことをすることでもなく、「微笑む」ことなんです。

好きな人に顔を向けるとき、話をするとき、挨拶をするとき、「好き好きビーム」や「ドキドキ」を静めて、「微笑み」を浮かべるように意識してみましょう。

気になる「あの人」との居心地のよい人間関係につながりますよ☆