あなたは、自分のストレスがどこからやってくるか知っていますか?

私たちは、ストレスを感じるとき「○○さえなければいいのに」と原因を自分以外の何かのせいにしてしまいますよね。

でも、それは裏を返せば
「○○が変わってくれなければ、自分はストレスを受けつづけてしまう」
「自分の力でこのストレスを解消することはできない」
という告白でもあります。

でも実際にはストレスは、環境や他者を変えることなく、自分で解消することができるんです。
ストレスは自分の在り方が生み出しているものだからです。

にわかには信じがたい、と思われた方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

スポンサーリンク

ストレスの意味 何故ストレスを感じるのか?

実は、ストレスにはとても大切なメッセージが隠されています。

そのことを分かりやすく説明するために痛みを例に挙げて説明しますね。

何故、私たちは痛みを感じる機能を持っているのだと思いますか?

痛みの役割

痛みを感じるとき、私たちは「早く痛みをなくしたい」と思います。けれど、もし痛みを感じることができなければ「ケガをしても流血しながら走り続ける」ということが起こってしまいます。

そうです。

「痛み」は肉体に起こっている異常を知らせてくれる大切なシグナルなんです。このシグナルを感知することによって、私たちは体の正常な機能を保つことができます。

例えば、激しくこけて足を骨折してしまったとしましょう。もし、痛みがなければ激しい運動をしつづけるかもしれません。足を骨折しているのに激しい運動をつづけたら、怪我をしている足の状態はさらに悪化してしまいます。けれど痛みがあれば、痛いために、それ以上の激しい運動を思い留まることになり、治療することになります。

こうして痛みを感じることで、結果的に私たちは体の損傷を早期回復させ、命を守ることができています。

体の「痛み」は、体の異常を知らせて早期回復させ
命を守るためのシグナル

ストレスの役割

あなたはストレスが何を私たちに教えてくれていると思いますか?

ストレスを感じる状態というのは「~がイヤだ」と感じている状態です。「~がイヤだ」の裏側には「本当はこうあってほしい」という願いや望みが隠されています。

「本当はこうあってほしい」という願いや望みは、大きければ大きいほど、感じるストレスの度合いが強くなります。つまりストレスとは、あなたの「本音にある願いや望み」を知らせる役割を持っているのです。

親に言われたから、社会がこうだから、と様々な理由をつけて厳しい現実の中で日々頑張っていたとしても、あなたがもしストレスを感じる状況にあるのであれば、その状況から「どうにかして脱出したい」という思いがあるはずです。

でも「どこへ行きたいのか?」「何をやりたいのか?」は分からない。
こんな風に感じたことはありませんか?

実は、ストレスこそがその答えを教えてくれるシグナルです。

ストレスの反対側にある「本音にある望み」を知ることで、あなたは「自分が生まれ持っている個性」や「自分らしい生き方」に気づくことができます。

ストレスは「大切に思っている心からの望み」を知らせ、
人生を軌道修正して
「本来の自分を輝かせながら生きる人生」へと導くシグナル

では、ストレスを感じているのに人生を軌道修正しないままでいると、人生はどうなってしまうのでしょうか?

ストレスは体や心を消耗させます。その消耗が臨界点を迎えると大病を患ったり、鬱症状などの精神症状に表れてきてしまいます。ストレスのかかるそれぞれの現実に対して一時的な対処でのりきっても、本当の望みへ向かって人生を動かしていかない限り「一難去ってまた一難」というように、同じような問題に何度も何度も向き合わされる人生を送ることになるのです。

そんな人生を想像してみてください。

もし、今あなたが「ストレスを見過ごして生きる人生」と「ストレスに一度向き合ってみる人生」選べるとしたら、どちらを選ぶか?

選ぶのはあなた自身です。

 

「ストレスに向き合う」その第一歩は現実をジャッジせずに、ニュートラルに見つめることです。その具体的な簡単な方法をこちらの記事でお伝えしています。

【幸せ思考と行動のコツ】1分読むだけで人生が変わる!現実の捉え方

 

☆「ストレス」から「生きがい」を見つけるためのヒントを無料メールマガジンで配信しています。
メールマガジンの詳しい内容はこちらから!

この記事が参考になった方はボタンをポチッと押してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

「生きがい」とストレスの関係についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧くださいね。

人生の焦燥感から脱出して「生きがい」を見つけるための5ステップ