• EQって何?
  • IQと違うの?
  • EQは高い方がいいの?
  • IQだけが高くてもダメなの?

こんな疑問を持ったことはありませんか?

IQとEQ、人生で役立つのはどちら?
「上げる方法はあるの?それとも生まれつき?」

最新の心理学研究の報告をもとに、そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

IQとEQのちがい

IQとEQの違いについては知っていますか?

「あの人、頭いいよね」とは言っても「あの人IQ高いよね」とは、なかなか言いませんよね。

「IQが高い」と「頭がいい」は、似て非なる部分もあります。詳しくみてみましょう。

IQとは?

実は、IQは知能を測る一つのものさしです。
(IQ:intelligence quotientは日本語では「知能指数」と言われます。

知能とは「情報の処理能力」また「答えを導き出す能力」ということもできます。

IQが高い人たち、同じ年齢のグループの中では比較的

  • 記憶力が高い
  • 物事の判断が速い
  • 会話の理解が速くて適格

こんな特徴があります。

IQが高い人たちの特徴はハイスペックなパソコンのような頭脳を持っている印象がうかがえますが、あまり人間味は伝わってこない印象がありますよね。

EQとは?

では、EQについて見てみましょう。

EQ(emotional quotient)は「心の知能指数」と呼ばれていて、「自分の気持ちをうまく扱う能力」「他者の気持ちをうまく察知したり、理解したりして共感できる能力」です。

EQが高い人たちは、自分と他者の気持ちを理解したり、気持ちをうまく処理したりすることが得意な人たちです。

頭がいいとは?

「あの人、頭がいいよね」という場合、だいたいは、その人に対していい印象を持っていることが多いと思います。

人が誰かに対して良い印象を持つときは、その人に自分が受け入れられている感覚を持っていることが多いものです。自分が不愉快な思いをさせられている人に対しては、素直に褒めたいとは思いませんよね?

 

さて、相手に受け入れられていると感じさせる能力はIQとEQのどちらでしょうか?

もう、お分かりですね、EQです。

 

ハイスペックなPCがいくら自分の欲しい情報をうまく整理してくれても「このPCに自分は好かれてる」とは思いませんよね。

IQというのは、非常に客観的に、仕事の処理能力が高いか低いか、というレベルを表しています。

 

一方で、EQが高い人は、人と協力して物事を成し遂げたり他者を思いやったりすることに長けています。

EQが高い人は、他人の気持ちを理解し、共感し、思いやることが得意なので、周囲からも好印象をもたれやすくなります。

 

IQとEQの違いを考えると、「頭がいい」人は、どちらの要素も兼ね備えていそうですが、どちらが重要視されているか、というとEQであるように思えます。

社会の注目が集まるEQ

昔はIQばかり注目されていましたが、近年では、企業の人材育成の場や採用試験などでもIQよりEQテストを重視する傾向が強まっています。

IQの高さと社会的成功には相関関係がないのですが(※高収入との相関はあります)、ビジネスで成功している人たちにはEQの高い人が多いことが近年の心理学的研究で分かってきたからです。

それもそのはずで、EQの高い人はIQの高さなど、例え、どこかに短所があったとしても補うことができるんですよね。

IQだけが突出している人は「社会性には欠けるけれども、世の中で突出した大天才」となれます。「一風変わっているけれど、スゴイやつ」という位置づけですね。高学歴の人も多いので、安定した会社に就職して、それなりの収入も得られる傾向が高くなります。

それに対して、EQの高い人は「人と協力して何かを成し遂げる」「人の役に立つ事をする」といった能力に秀でているので、自分一人ではできないことも協力者を得ながら成し遂げていくことが得意、なんです。

 

実はIQが高いかどうかに関わらず、EQの高さだけで調べた研究で、EQと収入の相関関係があることも分かっています。

下図を見てください。これは横軸がEQの高さを表す数字で縦軸が年収を表しています。

アメリカの“Emotional Intelligence 2.0” によると、42,000人を調査した結果、EQが高い人は低い人に比べて年収が高いということが明らかになりました。

EQ income

出典:タレントスマート

EQが人生を成功へと導く

高EQのいいところ、高収入や社会的成功を実現できること以外にも何かあるのでしょうか?

高EQの持つ人の特徴は「他者を思いやる」「他者と協力する」という能力が高いこと。

こういった人々とあなたは一緒にいたいと思いますか?

私だったら、思いやりのない人や非協力的な人と一緒にいるより、思いやりがあって協力的な人と一緒に生きていきたいと思います。

 

これは私だけでなく、多くの人がそうであることが、実際の調査結果にも表れています。

フランスの心理学研究の調査結果によると、高EQの人たちが手にしている人生の成功ポイントには大きく次の4つが挙げられるそうです。

高EQの成功ポイント 4つ

  1.  精神的な幸福
  2.  肉体的な健康
  3.  社会的に良好な人間関係
  4.  仕事での成功

世の中には意外と「お金持ちの人」はたくさんいるのですが、その人たちが皆、幸せで健康的で、温かい人間間関係に恵まれているかというと、実はそうでもありません。

お金を手に入れた後に、人生を失敗してしまったり(お金を手に入れた後に、人生の選択を間違えて転落してしまったり)、気づけば自分を取り巻く人間関係がすべて利害関係で、心のつながりのある温かい人間関係が一つもないことに気づいてしまったり、お金は手に入ったけれど健康が犠牲になって癌になってしまったり、そんな悩みも世界には溢れています。

それに比べて、高EQの人たちは、次のような人生を享受することが多いのです。

  • 人間関係のトラブルが少なく、成功者となっても敵が少ない。逆にたくさんの友人に恵まれる
  • 他人と意見が食い違っても、諍いに発展させず、穏やかに収めることができる。
  • 本来の自分を抑圧することが少なく、心身のバランスがとれやすい
  • パートーナーを見つけやすく、またパートナーとの良い関係を維持しやすい

 

ということは、逆に、あなたも高いEQを手に入れることができれば、このような人生が手に入る✨可能性が高いんです。

さて、ここで問題です。

EQは果たして後天的に鍛えることができるのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

ちなみに、IQは遺伝的な要素がとても高く、IQが高い親を持てば子どものIQも高くなる傾向があります。

 

答えは次章でお話しますよ!

果たしてEQは鍛えることができるのか?

実は、EQは持って生まれた才能ではありません。

何歳になっても向上させていくことができる能力です。

IQ = 生まれつきのもの、高学歴、高収入

EQ = 後天的に鍛えることができる、高収入、社会的成功、高い幸福感、よい人間関係、健康的な人生

これを見てあなたどう思いますか?

「自分はIQが高いからそれでOK?」
「自分はIQが高くないから諦める?」

それとも

「EQを鍛えて幸福感の高い人生を目指したい?」

 

後者の方には、引きつづきの記事がとても参考になると思います。これからEQの鍛え方についてお話していきます。

 

EQを鍛えるために、まずは高EQの人が持っている能力について詳しく理解しておきましょう。

以下をご覧ください。心の知能指数といわれるだけあって、EQが高い人が持っている能力はすべて感情や気持ちに関わる能力となっています。

高EQの人が持つ「5つの心の能力」

1. 自分や他者の気持ち、感情の動きが分かる。

2. 自分や他者が何故そんな気持ちになっているのか感情の原因が分かる。

3. 自分や他者の気持ちを大切にし、うまく感情表現することができる。

4. 感情をシチュエーションに合わせてコントロールすることができる。

5. ポジティブな感情もネガティブな感情も、すべての感情を受け入れることができる。

 

「感情を理解したうえで、それがネガティブでもポジティブでも、すべてを受け入れる器の広さがある」というのが高EQの特徴なんです。

EQアップには自己対話が大切

「高EQの人が持つ心の能力」の最初のポイントは「自分の気持ちを理解しコントロールする」というもの。

EQは何歳からでも鍛えることができるわけですが、ではこのポイントを鍛えるためには何が大切かというと・・・、

答えは自己対話です。

ところが、残念ながら現代教育では、自己対話の大切さや手法について学ぶことはあまりありません。むしろ自己対話よりも社会の価値基準を学ぶことばかりが優先されてしまっています。

これではどうしたってEQが育っていかないんですよね。

では、自己対話能力をあげるためにはどうしたらいいのでしょう?

自分が抱いている気持ちに言葉を見つける

自己対話の第一歩は「自分の感覚に意識を向ける」というシンプルなことなんですよ。

例えば「モヤモヤした」「イラッとした」「腹が立った」こんなネガティブな感覚がフワッときたとき、「こんなこと思っちゃダメダメ」と自分が感じたことをジャッジし、その感覚を抑圧して「ポジティブ、ポジティブ」と自分に言い聞かせるのではなく、ただ「いま、私は腹立たしい」と、気づけることがとても大切なんです。

高EQの人の最大の特徴ともいえるポイントは
「ポジティブでもネガティブでもすべての感情が受け入れられること」

あなたが感じることに「良い/悪い」は最初から存在しない

ということをぜひ覚えておいてください。

自己対話の第一歩

感情に気づき、コントロールできるようになるための第一歩として欠かせない習慣があります。それは、すべての感情に言葉を見つける、という習慣です。

いま、あなたは

  • 「うらやましい」のか「嫉妬している」のか?
  • 「称賛されたい」のか「認められたい」のか?
  • 「勝ちたい」のか「負けたくない」のか?

感情を封じ込めたり、無視したりせず、しばし立ち止まって感情に意識を向け、それを言葉で表現してみる習慣を持ってみてください。

EQアップ もう一つの訓練方法

「自分と向き合うこと」は大切なんですが、「自分の気持ちを眺めてみて」と言われても、自分のことって、分からないことも多いですよね、実際は。

それより他人の事の方がよく見えます。

他人にはとてもいいアドバイスをする人が自分の悩みとなると、解決できていない、という方、身近にいらっしゃいませんか?

人は誰しも他人に対しては、より客観的な視点が持てます。

自分に向き合うだけでなく、誰か他人と一緒にいるときも、EQを鍛えることができます。

その方法は ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

相手の感情を言葉に表現してあげる

友人や同僚があなたに愚痴をこぼしたら「こういう風に感じたってこと?」などと相手の感じた気持ちを言葉にしてあげます。

自分の気持ちを言葉にしてもらえると、気持ちが「見える化」して、相手は心が軽くなります

自分の訓練にもなるうえに、相手にとっても喜ばれる練習方法なので一石二鳥ですね!

 

それでも「感情に当てはまる言葉を見つけること自体が難しい」という方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方におススメの方法はコチラ ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

相手の言葉をオウム返しにしてあげる

愚痴を言っている相手の言葉をオウム返しにしてあげる。

例えばこんな感じです。

ため息
「でさ “急ぎの仕事だから、どうしても” って上司が言うから仕事を家に持ち帰って、必死で仕上げたのに、次の日に持っていったら “あ、もうできたの?明日でよかったのに” だって。超腹立つ~!」

OL

 

「そっか。家に持ち帰ってまで仕上げたのに、そんな風に言われてすごく腹が立ったんだね」

ため息
「そうだよ~。だってさ “どうしても” とか言われなければ、あんなに頑張らなかったし。家帰ってドラマとか見れたし。一言、謝ってくれたっていいと思わない?」

OL

 

「謝ってほしかったんだ」

 

ため息

「そう。謝ってほしいよ。もうそういうことはしないでほしい」

 

オウム返しにしてもらうと、愚痴った本人は、自分の言葉を他者の口から聞くことになり、自分の気持ちと距離を取って客観的に見られるようになるんです。

すると、表面的に感じていた気持ちだけでなく、心の奥に「隠れていた期待」や「真の不安」や「望み」を認識できるようになります。

特に女性に受け入れてもらいたい男性の方には女性の愚痴や悩みを聞く際、このテクニックを使うのがおススメです。

男性脳は「困っている人を見るとすぐに解決方法を提案したくなる」構造を持っているのですが、女性脳は自分の悩みに「ただ共感してもらいたいだけ」という性質を持っていて、この違いから男女のすれ違いが大きくなっていくことが多いんです。

「オウム返し」はセラピストが習得する大切な手法の一つであります。傾聴テクニックと言われています。

 

EQを高めるための最初のステップ

自分の気持ちを知ること。

そのために気持ちを表現するボキャブラリーを増やしましょう

 

そして高いEQを持つには、他人の気持ちを受け入れられるようになることも大切。

誰かの話を聞くときは「頷き」と「オウム返し」を意識しましょう。

 

本記事を最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ご相談、ご質問などがありましたら、お気軽にこちらからどうぞ。

▼()に当てはまる平仮名をご入力ください。(※海外からの迷惑メール防止のためご協力お願い申し上げます。)