世の中には「行動力のある人」「行動力のない人」がいますよね。

行動力のある人とない人、どちらが魅力的に見られるでしょうか?やはり「行動力のある人」の方が魅力的に見られますよね。

「自己啓発」や「集客コンサル」、「ブログのアドバイス」などでも、「行動量=成果」という論調が多く、行動できないと自己嫌悪に陥る、という方も多いと思います。

でも実際の生活では「頭で分かっていても行動できない」ことがあります

この記事を読むと「なぜ行動できないのか?」「どうしたら行動できるようになるのか?」が分かるようになり、やりたいことを行動に移す思考法が分かるようになりますよ。

スポンサーリンク

行動力が下がる原因

「行動力が下がる」最大の原因をご存知ですか?

それは「行動しなければ」と思っている行動が「本当は自分がやりたいことではない」こと。つまり、本音では「やりたくない」と思っているケースです。

行動しようと思っても動機がしっくりこなかったり、頭で「やらなきゃと分かっているつもり」でも潜在意識の中に抵抗があったりする場合、人はフルパワーを発揮することができません。

具体例:「告白したい、でも振られたくない・・・」

一番分かりやすいのが「好きな人に告白したい」場合です。
「好き」という気持ちを伝えたい、けれど、それを行動に移せない。

「だって、振られたらイヤだから」(/ω\)です。

行動すれば結果がついてきます。結果には「期待する結果」と「避けたい結果」の2つの可能性があります。「避けたい結果」を受け入れる心の準備ができていない場合、「期待する結果がいくら欲しくても行動できない」ことになります

告白の例では、「好きという気持ちを伝えて振られるのは何としても避けたい。告白せず、振られないで、このまま密かに慕っていたい」が本音の望み、ということになります。

もし、密かに慕うシチュエーションにうんざりして「もし振られるなら、それでもいい。密かに慕うのはもうイヤだ!」と本音が移り変われば、その時はきっと実際に告白することができるでしょう。

行動力が上がる理由

告白以外のシチュエーションでも、「行動したいのに、できない」場合は、「行動しないことによって、実現している裏願望」があります。

上記の例に沿って説明すると、顕在意識の希望(告白したい)がある一方で、潜在意識には裏願望(振られたくない)があり、心の中に葛藤がうまれているので行動できない状態になっているのです。

実は、この両方の願望を包括する(心のより深層にある)上位願望というものがあります。上記の例でいえば「両想いになりたい」という願望です。

実はより深層意識にある上位願望を叶えるためなら、人は自然と行動力が上がります。

例えば、「告白する」勇気がなかなか出ない人でも、「両想い」になるためにどうしたらいいか考え「自分は相手に何ができるかを考えてできることを行動に移す」ということに対しては、「告白する」よりも簡単なのです。

主に、顕在意識にある希望には「自分の利益」、潜在意識にある裏願望には「恐れ」が表れます。けれど上位願望では「自分に利益がありながら恐れが生まれない望み」になっているんですね。

人の意識(心)の中では、より上位の願望になればなるほど「恐れがなく、自分を含め、より多くの人の幸せ」につながる願望になっていきます。

つまり、上位願望をしっかり把握している人ほど行動力が上がるということです。

行動したいのにできない方は、まず、本来の願望や裏願望の上にある「上位願望」を探ってみてください。やり方は次の章でお話しています。

行動力を上げる思考法

行動力を上げるための上位願望さがしにはコツがあります。それは質問の仕方です。

私たちの脳は、一度質問をしたら、潜在意識が自動的に答えを探してくれる仕組みになっています。適切な質問をして行動力を上げるための適切な答えを導き出していきましょう!

上位願望を見つけるための思考法

  1. 行動することで何を実現したいと思っているのか?まずは「行動することで期待していること」を明らかにします。
  2. 次に、逆に、行動した結果として「避けたい未来」には、どんなことがあるかを想像します。
  3. それができたら、期待していることが1秒後に叶ったら困ることを想像します。(叶ったら変化する自分の生活、変化したら困ることなどについて考えます。)
  4. 2番、3番で出てきたデメリットをなくしながら、1番の望みに近づく方法について考えてみます。

どんな望みもステップを踏むことで必ず叶える道があるのですが、「叶わない」と落ち込んでしまうのは、ステップを飛び越えて無理やりスグに叶えようとしているからなんですよね。

今、自分が踏むべきステップを明確にすれば、行動力が上がり、望みが叶っていくようになりますよ!