私はフランスでヒプノバーシング(自己催眠出産)によって第一子を出産しました。夫はフランス人なため、娘はバイリンガル環境で育つことになりました。海外育児。バイリンガル教育。

妊娠中から「どうしたものか」と私は悩みました。そんな私のバイブルとなったのが「ソフロロジー育児」でした。

スポンサーリンク

国際結婚と子育て不安

私たちは、娘に両親の言語を両方伝えたいと考えています。娘のルーツである父親と母親の両文化を娘が感じられることは、娘が将来自分のアイデンティティーを確立していく上で欠かせないものだと考えるからです。

フランスでの子育てですから、当然フランス語の影響はとても強くなります。私は妊娠中からこのことがとても気になっていました。「どうやって日本語を伝えていけばいいのか?」「娘が小さい間は、日本語に触れる機会は私だけ」「どうしたら日本語に触れるチャンスを増やせるだろう?」そんなことばかり考えていました。

言葉の問題の他にもう一つ私が不安に思っていたことがあります。それは、魔の二歳児と呼ばれるイヤイヤ期の存在です。私の娘はバイリンガルなので「きっと話し始めるのは遅くなるだろう」と思いました。言いたいことがたくさんあるのに言葉で伝えることができなかったらイライラするだろうし、周りの子どもたちが話しているのに自分だけうまく話せなかったらそれもフラストレーションが溜まるだろう、と思いました。ということは、きっと平均的な子ども以上に激しいイヤイヤ期になるに違いない、と思ったわけです。

  • 日本語をどう伝えるか?
  • イヤイヤ期をどう乗り越えるか?

この2点が私に取って、幼児期子育ての大きな不安事項でした。

妊娠中から今まで、この2点を頭において自分なりに工夫をしながら子育てをしてきたのですが、中でも、娘が新生児の時期に私が出会ったソフロロジーを軸にした子育て法が思いほか役に立ち、イヤイヤ期真っ只中の今「これまでの努力が実った」と感じることが多いので、ぜひそのことをお伝えしたいと思います。

コミュニケーション子育て

私が行ってきた子育ての工夫にはソフロロジーが取り入れられています。フランスでは子育てに関するソフロロジーの書籍もたくさん出版されているからです。ヒプノバーシングと同じく、あまり期待せずに実践してきた「ソフロロジー子育て」。けれど、ソフロロジストとなった今、その手法で結果が出る理由が理解できるようになりました。

ソフロロジーとは、そもそも「身体的、感情的、精神的に自分がどのような状態であるのかを感じ取り、それらを自分へのメッセージとして受け取ることで、自分自身をいい状態へと導いていく」という精神科医の実践研究に基づいて発展してきた学問です。

ですから「ソフロロジー子育て」では、子どもの身体的、感情的、精神的なメッセージを親が受け止め、子どもに説明する、親の身体的、感情的、精神的な状態を子どもへ説明する、そういったコミュニケーションが土台となっています。

「ソフロロジー子育て」が大切にする3つのコミュニケーション

  1. 子どもが自分自身の内面に起こっていることを理解することを親が助け、子どもが自分自身とコミュニケーションすること。
  2. 親が自分自身の内面で起こっていることに意識を傾け、親が自分自身とコミュニケーションすること。
  3. 親と子どもが双方の状態についてコミュニケーションすること。

この3つのコミュニケーションがあると、親や子のどちらかが抑圧されるということなく、親子の温かい絆を育みながら穏やかな家庭生活を送っていくことができるようになります。

子どものストレスをケアする「ソフロロジー子育て」

世の中のセラピストたちは、大人になった私たちが社会に出て抱えるストレスをほぐしていく術を持っています。では現代を生きる子どもたちはストレスがないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。ストレスに疲弊する大人たちに囲まれて暮らす子どもたちの心身にも見えないうちにストレスは溜まっていっているものです。そして、ケアしないまま大人になると、現代社会の大人たちのようにストレスに悩まされることになる可能性があるのです。

ソフロロジーを取り入れた子育てには、子ども時代の抑圧をできるだけ減らす知恵、子どもたちが大人になってからセラピストの力を借りずに心身の調和を自ら築けるようになるための知恵がたくさん詰まっています。私が実践し、実際に効果を感じてきた「ソフロロジー子育て」について、このサイトでもご紹介していきたいと思います。

この記事が参考になった方はボタンをポチッと押してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

子育てストレスについての記事はこちらから。ご興味のある方はご覧ください。

子育てストレスの処方箋 子どもの癇癪にイライラしない育児のコツ

子どもの我儘もへっちゃらになる「親の心の余裕」の作り方

親の対応次第で子どもの心は育つ 大泣き編

自己肯定感を育てる子育て 親ができる4つの心がけ