セラピスト・ママの子育て応援記事(*^-^*)ダヨ。

今回は、3歳の子がお友達に手を上げる、ママやパパに手をあげる、という状況について、厳しく叱らずに言い聞かせる方法特集☆

「子どもに「やっていはいけないこと」を分かってもらう + 社会の成功者に多い高EQ(心の知能指数)教育もできてしまう」一石二鳥の子育て法です。

EQ(心の知能指数)とは、「自分の気持ちや他人の気持ちが分かり、自分を大事にしながら皆と仲良くできる能力」で、社会的な成功者はEQが高いと言われているんですよ。

スポンサーリンク

親が手こずるイヤイヤ期は本当は2歳ではない!?

「2歳からイヤイヤ期が始まる」と言われていますが、実際には「自分とママは違う人間かもしれない( ゚Д゚)」と思い始める1歳児の頃からイヤイヤ期は始まります。

そして「あたち、ママの言うとおりにしたくないし!ママとあたち違う人間やし!(今まで同じ人間やと思っとったけど(笑))」とかいう思いが強くなる2歳、3歳児には、このイヤイヤはピークになります。

そのうち「みんな、あたちの奴隷じゃなかったん?そっか、世の中、民主制なんか・・・」と納得して、「しゃ~ない、ママの言うこと聞いたるわ。そうせんと、こっちが持たんしな」と物事の道理が分かるようになってくる4歳に向けて収まっていきます。

2歳、3歳のこの時期、ちびっこたちは「喋れるようになった嬉しさ!」や「一人で何でもできるようになった万能感!」と同時に、自分がまだ何を感じているのか言葉にできないという、大きなストレスを感じています。

※↑余談ですが、これは海外にいって片言しか喋れないときの大人が感じるストレスと同じなんです。(「言いたいことが言葉にならない。伝わらない。分かってもらえない(悲)」私も苦労したな~。)

結論

イヤイヤ期の幼児は、誰かの助けを借りずにたくさんのことができるようになり「あたちって、マジすごくない?なんだってアタチの思い通りよ!」という俺様気分がムクムクと膨らむ反面、やっぱりちびっ子なので、大人のようにうまくできないこともたくさんあり、そんな現実に出会うと「あたちはできるハズなの!」というセルフイメージとその逆の現実に混乱して、フラストレーションが反抗的な態度や暴力的な行動になって表れている状態でもあるんです。

☆大人でもありますよね。プライドが高い人が他人からの厳しい指摘や目の前の失敗を受け入れられない、なんてこと (#^.^#)。

ちびっ子たちも、いっちょ前に、大人と同じような葛藤を抱えて「なんなん、このモヤモヤしたイヤな感じ」って混乱してるんですう。

泣く子ども

喧嘩

例えば、ちょっとママやパパの言葉が気に入らなかったとか、お友達に小さなちょっかいを出して嫌がられた、などという、大人から見ると「そんな小さなことで手あげるなんて、絶対ダメよ!」と思われるようなポイントで、こうしたフラストレーションが大爆発して、親やお友達を叩いたり、大声を上げたりする行動へつながってしまうんですね。

でもね「なんで、こんな小さなことで怒りまくるの、うちの子。マジ勘弁して~、世話する身にもなってみろ~」というママ・ポイントでも、お子ちゃまに「こんなちっせぇことで手をあげるたぁ、何事じゃあ!」と叱りつけるのは、ちょっと酷だと私は思うんです。

例え、叱りつけたところで、ちびっ子の小さな心に吹き荒れる「理由の分からないモヤモヤ」は消えることはありません(ノД`)・゜・。 モヤモヤがある限り、ちびっ子たちはそれを感情表現しようとしてきます。

感情があるのだから、それを外に出そうとするのはごく自然なことで、外に出さずに溜めることの方が、後々もっと深刻な症状を引き起こすことになるので、大暴れするちびっ子は、それはそれで安心な親孝行のちびっ子なんですよ☆

イヤイヤ期の「ちびっ子」たちの心の中

こんなときにちびっ子たちが求めていること、それは「誰か、アタチの中に吹き荒れる、この暴力的な衝動を何とかして~」ってことなんです。

ちびっこたちは、「手をあげて、痛めつけてやる~」なんて確信犯で手をあげているわけではありません。

どうしようもなく叩きたくなって、叩く以外の方法で、その衝動をどう発散すればいいのか分からない、から叩いてしまうんです。

つまり「”叩く以外の方法で、その衝動を収める方法”を教えてあげること」これが、ママやパパも、子どもも、円満に過ごせる方法なんですよね。

叩く以外の方法で、吹き荒れる感情をおさめる方法

子どもの行動を「社会に出て許されるかどうか」でジャッジするのではなく、その行動の元になっている子どもの気持ちに注目することで、子どもの気持ちが落ち着くようになります。

子どもは親に受け入れてもらっていると安心し、心を静められるようになります。

子どもがしっかりお話できる場合は、「何がイヤだったか、いってごらん?本当はどうしたいの?」と聞き、しっかりお話できない場合は「〇〇ちゃんは、△△がイヤだったの?□□してほしかったの?」と聞いてみてあげます。泣きじゃくっていも、子どもは反応してくれるはずです (*^-^*)。

少し、話ができるようになったら、叩く以外の方法で、ちびっ子が感情やエネルギーを表現できる方法を探してみてあげてください。

親子コミュニケーション

うちの3歳児には、「イメージ呼吸法(ソフロロジー)」の呼吸を教えていますよ☆

息をフーッと吐きながら、手をパーにして前に投げ出します。怒りのエネルギーをフーッと体の外に吐き出す感じです。これを何回もしてもらいます。(3回以上)

すると、だんだんと自分自身で、激しい感情をコントロールできるようになっていきます。

 

「イメージ呼吸法(ソフロロジー)」を使った子どもの感情コントロールはこちらの本がおススメです。うちの3歳児もフランス語版のこのユニコーンの絵本が大好きです(*^-^*)