モラハラ家庭に育った、或いは現在モラハラ関係者のあなたは、人間関係で
いつも同じようなストレスを感じていませんか?

「また○○が××してる・・・ストレス」
「〇〇が××するから、自分の平和が侵される!!」

これって「〇〇が変わってくれないと自分に平和が訪れない!!」
つまり「○○は他人なので自分にはその問題をどうにもできない」という胃が
キリキリするような状況だと思うのです。

「ストレスがストレスになるのは、ストレスを解決できるのが他人だと思って
いるから」ってご存知でしたか?

つまり「ストレスは自分で対処できる」と思えるようになれば、中和することが
できるんですよ!

 

どうやったら、そんなことできるの!?

という疑問にお答えする記事です。

自分でモラハラ・ストレスを解消する術を身に着け、心の平和を築きましょう。

スポンサーリンク

ストレスの意味 何故ストレスを感じるのか?

実は、ストレスにはとても大切なメッセージが隠されています。

そのことを分かりやすく説明するために、まずは体のストレス、痛みを例に
ご説明します。

痛みは嫌われ者ですが、何故、痛みを感じるか、ご存知ですか?

痛みの役割

痛みを感じるとき、私たちは「早く痛みをなくしたい」と思います。

けれど、もし痛みを感じることができなければ「ケガをしても流血しながら
走り続ける」ということが起こってしまいます。

つまり「痛み」は肉体に起こっている異常を知らせてくれる大切なシグナル
なんですね。

このシグナルを感知することによって、私たちは体の異変を理解し、手当てを
して、死に至る前に治癒させることができます。

例えば、激しくこけて足を骨折してしまったとしましょう。

もし、痛みがなければ激しい運動をしつづけるかもしれません。

足を骨折しているのに激しい運動をつづけたら、怪我をしている足の状態は
さらに悪化してしまいます。

けれど痛みがあれば、痛いのでそれ以上の激しい運動を思い留まることになり、
治療することになります。

こうして結果的に、私たちは体を早期回復させて、命を守ることができています。

 

 

体の「痛み」は、体の異常を知らせて早期回復させ
命を守るためのシグナル

ストレスの役割

では、ストレスにはどんな役割があるのでしょうか?

あなたはストレスが何を私たちに教えてくれていると思いますか?

ストレスを感じる状態というのは「~がイヤだ」と感じている状態です。
「~がイヤだ」の裏側には「本当はこうあってほしい」という願いや望みが
隠されています。

 

「本当はこうあってほしい」という願いや望みは、大きければ
大きいほど、感じるストレスの度合いが強くなります。

つまりストレスとは、あなたの「本音にある願いや望み」を知らせる
役割を持っているのです。

 

モラハラ家庭に育った、或いは現在モラハラ関係者のあなたは、人間関係で
モラハラ的人間関係が身の回りにある場合、どうしても、

どちらが正しいのか?
どちらが非常識なのか?
どちらがおかしいのか?

という「どっちが良くてどっちかが悪い」という前提の下でストレスを
ジャッジしてしまいがちだと思います。

 

けれど、相手がいるから感じたストレスであっても、相手は自分の人生劇場の
脇役にすぎず、自分が感じたすべての感情を自分を知るためのメッセージ
として受け取ることで、被害者的な立場から脱出することができます。

「嫌な気持ちになった!」

そのとき、必ず「自分にとって大切なことが脅かされている」と感じたはず
です。

本当はどうしてほしかったでしょうか?
そのせいで、どんなことができなくなってしまったでしょうか?

 

実は、その「本当はこうしてほしかった」「○○ができなくなった」という
部分には、あなたにとって大切なものが隠されています。

もし、「こうしてほしかった」や「〇〇」があなたにとってすごく大事
だとしたら(大事だと仮定したとき)どうして大事なような気がする?

と心に問いかけてみます。

出てきた答えに対しても、その問いかけをどんどん繰り返していきます。

すると、あなたの自分軸に関わる、ゆずれない価値観がでてくるはず
なのです。

ストレスは自分軸発見のためのツール

ストレスの反対側にある「本音にある望み」を知ることで、あなたが大切に
したい「自分らしい生き方」に気づくことができます。

 

ストレスは「大切に思っている心からの望み」を知らせ、
人生を軌道修正して
「本来の自分を輝かせながら生きる人生」へと導くシグナル

なんですね。

 

では、ストレスを感じているのに人生を軌道修正しないままでいると、人生
はどうなってしまうのでしょうか?

ストレスは体や心を消耗させます。

 

その消耗が臨界点を迎えると大病を患ったり、鬱症状などの精神症状に表れて
きたりしてしまいます。

ストレスのかかるそれぞれの現実に対して一時的な対処でのりきっても、本当
の望みへ向かって人生を動かしていかない限り「一難去ってまた一難」という
ように、同じような問題に何度も何度も向き合わされる人生を送ることに
なってしまいます。

 

「ストレスは自分で対処できる」と思えるようになれば、中和することが
できます。

 

ストレスに目を向け、自分にとって大切なことに気づいたら、そのストレスは
もう手放しても大丈夫。

この誘導瞑想でストレスのお掃除をしてあげてくださいね。

 

「不安なこと」「怖いこと」「無くなってほしい嫌なこと」をゴミ捨て
して
風に運んでいってもらうイメージ

★どんな効果がある?★

「不安なこと」はまた同じようなことが起こるんじゃないか、という懸念事項、
「恐れ」は同じようなことが繰り返されたときの結果としてイメージしてしまうこと、
「無くなってほしい嫌なこと」は今、嫌だと感じているストレス。

それらを心と体から外に吐き出す「イメージ呼吸音声」になっています。

ストレスや不安、などは不愉快な感覚なので、向き合うのを避けていると無意識のうちに
どんどん降り積もっていってしまいます。

リラックス状態では、不安も恐れもそれほど怖い気持ちにはならないので、その状態で意識
を向け、一つ一つ感じきってあげることで、様々な感情を昇華していってあげることが
できますよ。

https://youtu.be/bStD6vxRSRc

 

 

 

「ストレスに向き合う」その第一歩は現実をジャッジせずに、ニュートラルに見つめることです。その具体的な簡単な方法をこちらの記事でお伝えしています。

【幸せ思考と行動のコツ】1分読むだけで人生が変わる!現実の捉え方

 

人生の焦燥感から脱出して「生きがい」を見つけるための5ステップ