突然ですが、いまの生活に、あなたは何%満足していますか?

同僚と会えば仕事の愚痴、テレビをつければ心が痛くなる
ニュース、そんなことばかりがつづいて心が疲れていませんか?

例え、ストレスに囲まれた環境を変えることができなくても、
実は次のシンプルな事実を知るだけで、ストレスな現実から
抜け出すことができます。

スポンサーリンク

現実の捉え方

今の生活に心から満足していても、していなくても、

現実そのものに「良い or 悪い」はない。

 

「いや、そんなことはない!」

少し怒気を帯びた声も聞こえてきそう・・・( ゚Д゚)。

 

現実がニュートラル(中立)なのに、心が疲れてしまう方が
多いのは、一体どういうことなのでしょうか

 

現実の良し悪しを決める意外な犯人

現実がすべてニュートラルなのに、それでも心が疲れてしまう理由、

それは

「自分にとって大切な価値基準「自分の目の前にある現実
かけ離れているように見えるからです。

 

少し想像してみてほしいんです。

 

アイスクリームは良いもの?  or  悪いもの?

 

「アイスクリームは悪だ~!そうに違いない~!」と熱弁を
ふるう人はさすがにいないと思います。

もしレストランで「デザートの選択肢にアイスクリームしか
なかったら」という場面を想像してみてください。

この状況はアイスクリームが嫌いな人にとって、とても
ネガティブになることはお分かり頂けると思います。

逆に、アイスクリームが大好物の人にとって、この同じ現実は
ポジティブです。

同じように、「自由」がとても大切である人にとって「自分の
自由が少しでも妨げらる現実」は大きな不満の種になりますし、
自由よりも「同じ体験を他人と分かち合うこと」が大切な人に
とっては、多少自分の自由を我慢してでも他人に合わせて何か
同じ体験を誰かと分かち合えた方が幸せになれる、ということ
になります。

 

心が疲れてしまうとき、私たちはとかく「自分以外の何か」
(例:デザートがアイスクリームしかないレストラン)が
変われば、自分の不満が解消されると思い込みがちです。

 

けれど本質的には「自分以外の何か」が変わればいいのではなく、
ただ単純に「現実」と「あなたにとって大切なこと」がズレ
ている
だけ
だったりするのです。

「現実から問題が消えない」という問題

心が疲れるという現実は、実は私たちに大切なメッセージ
をもたらしてくれています。

そのメッセージとは「あなたが本当に大切に思っていること
は、今の現実とは違うよ
」というメッセージです。

このメッセージを無視しつづけていると、似たようなストレス
が人生の中に何度も現れてくるはずです。

「一難去って、また一難」まさにそんな人生を送ってしまう
ことになるでしょう。

では、心が疲れにくい人生を送るためには、どうしたらいいのでしょうか?

現実の「被害者」か? or  現実の「恵みを享受」するか?

私たちは、自分が生きる現実について「周りのせいだ・・・」
と不満にフォーカスして現実の被害者になっていまいがちです。

でも本当は、「この状況が自分にとって大切なことは何か?
を教えてくれているとしたら、
それはどんなことだろう?」
と思う
だけで、本当は自分がどうしたらいいのか?
どうしたいのか?「
理想の人生へ向かう道標」を手に入れること
ができます。