皆さんは、心と肉体が1つの体で繋がっていることは、ご存知かと思います。

心が苦しいから心だけケアをする、
体が不調だから体だけにアプローチ、
それでは、本来は不十分

そこで、今から60年ほど前にスペインの精神科医が体系化してくれたメソッドがあります。
心と体を総合的にケアするためのメソッド『イメージ呼吸セラピー』原語では「ソフロロジー」と言います。

ソフロロジーと言われても、日本の方にはまだ知られていないため、内容がイメージしやすいように「イメージ呼吸セラピー」と私が翻訳させて頂きました。

スポンサーリンク

具体的にはどんな方法なの?

どうなの?
呼吸をコントロールしながら筋肉を緩め、体をほぐします。

そして、心が楽になるイメージを使って心身をリラックスさせます。

過去に意識して感じることのなかった自分の体とつながり、
気づかずに通り過ごしてきた気持ち
を自覚することを通して、
心と体の不調和=アンバランスを整えていきます。

心と体が調和=バランスを取り戻すことで、
心身に表れている症状も和らいでいくようになります。

 

イメージ呼吸セラピ (ソフロロジー) Q&A

Q. 
(※お客様に聞いてみました。)
「イメージ呼吸セラピー・ソフロロジー」はどんなセラピーですか?

A. 
精神的なケア
なんだけれども、例えてみると
「風邪をひいたら病院に行って薬をもらう」
というのに近い感じのセラピーだと思います。

自分の人生のトラブルになっていること、
いま、問題になっていることが何か、カウンセリングの中で明確にして、
それに対して、どう対処したらいいかが分かるようになりますよね。

そして、すぐに対処できるようになるように思います。
効果に即効性を感じますね

まだ現実の問題が取り除けていない状態でも、
安心感を抱けるようになります。

また、セッション中で行う呼吸法やイメージワークを継続していくことで、
そういった対処法を用いなくても問題を感じなくなるようになり、
自分の良い状態が維持できるようになっていく感じですね。

 

Q. マインドフルネス瞑想やヨガ、心理系のイメージワークとはどう違うの?

A. マインドフルネス瞑想やヨガ、或いはその他の呼吸法では、全体にアプローチします。
なんとなく、全体的に気持ちよくなるのですが、特定の症状にアプローチする目的では
  用いられません。

それに対して「イメージ呼吸セラピー」は、どんな呼吸、イメージを何の目的で使うのか?
を分かった状態で行います。

それぞれのボディワークで、リラクゼーションで、マインドフルネスな状態になることによって
どんな症状をどう解決するのか?
困った症状の「ビフォーア⇒アフター」がある、薬を使わない処方箋ともいえるのです。

どんな方におススメ?

Ⅰ 心と体がストレス

  • 動機や呼吸の息苦しさがある。
  • 慢性痛や凝り、耳鳴りがある。
  • 疲れやすい。
  • 病気じゃないけれども、楽にしたい心や体の症状がある。
  • 親子関係がよくない。
  • 夫や妻に不満があって、イライラすることがある。
  • 職場での人間関係に不満がある。
  • 妊活がつらい。
  • 妊活を辞めたいけど、やめるのが辛い。
  • 出産が不安。
  • 子どもをうまく愛せているか、自信がない。

リラクゼーションを効果的に用いるだけで
自分の感情や思考がムリなく変化し、
現実が楽になっていく体験をしてみたい方。

Ⅱ ビジネス、プレゼン、試合で成功する!

全仏オープン最多5連覇を含む12回優勝。
オリンピックなどの世界大会で数えきれないほどの勝利を挙げているテニスのラファエル・ナダル選手。

「ソフロロジーがなければ、この勝利はなかった」
全仏オープンの最多優勝記録について、彼はそう語っています。

プレッシャーがかかる局面で、自分の資質を存分に発揮するメンタル、
それは生まれつき備わっているものではなく、訓練して身に着けるものなんですね。

 

  • 緊張のコントロール
  • 自分への自信
  • うまくいくための意識のコントロール
  • 呼吸コントロール
  • ポジティブなイメージを維持しつづける力

『イメージ呼吸セラピー・ソフロロジー』の真骨頂が現れるのは、こんなところにもあります。

継続セッションについて

ストレスをケアするために「リラックスが大切」と頭では理解できても、
あなたの使い慣れた神経系がリラックスを知らなければ、リラックスできないのが人間なんですね。

例えば、初めて補助輪なしで自転車に乗ったときのことを思い出してみてください。

どうやって、自転車をこいだらいいのか頭で分かっても、すぐには補助輪なしで乗れなかったと思います。
繰り返し練習することで、倒れずに自転車に乗る感覚を体で覚えていったと思うんですね。

「リラクゼーション」も同じで、マッサージやリラックゼーション音楽などの補助がなくても自分の力で「安心な状態」「リラックスした状態」になるには、練習が必要なんです。

数回のセッションを通して、その方法を体が覚えていきます。
そして、体が自力でリラックスできるようになると、心や思考がほぐれやすくなり、望む変化が現実に起こりやすくなっていくんです。

 

最初は気合を入れずに無料カウンセリングを受けられてみて、
気に入ったら、続けられるとよいと思います。

無料カウンセリングのご案内はコチラからどうぞ。矢印無料カウンセリング