潜在意識と呼吸が密接に繋がっていることを、あなたは知っていましたか?

瞑想をすると潜在意識と繋がりやすくなると言いますが、ほぼ全ての瞑想で「呼吸」を落ち着けることは必須です。

何故なら、「呼吸」を意識することが、潜在意識の世界への入る扉となるからです。

スポンサーリンク

潜在意識の覚醒は体から

「潜在意識と繋がる」というと、天使とかハイヤーセルフとか、異次元の存在と繋がることをイメージする人も多い昨今の世の中です。

しかし、実際に、「潜在意識と繋がったことのない初心者」が、いきなり、天使やハイヤーセルフと繋がろうとしても、十中八九うまくいかないのが現実です。

ですから、「潜在意識と繋がる」訓練をする上で、まず始めるべきなのは『体の意識』と繋がることなのです。

それには、まず最初に「自分が、どんな呼吸をしているのか?」気づくことが大切になります。

なるほどワンコ

「うまく呼吸をする」「深く呼吸をする」のではなく、ただ、「今、自分が呼吸している感覚」を感じます。

そして、目を閉じ、呼吸を感じながら、体の力を抜いていきます。

すると、力を抜こうとしても、なかなか抜けきれなかったり、体の内側で、何か違和感を感じる場所があったり、そういったことに気づくかもしれません。

普段、気づいていないことに気づけたなら、そのとき、普段、あなたの潜在意識がキャッチしていた情報に「気づいた」ということになります。

「潜在意識とつながった」瞬間です。

潜在意識からメッセージが欲しい

「潜在意識と繋がる」というと、「お腹が空いた」とか、「トイレにいきたい」とか、そういった生理的欲求を満たすためのメッセージではなく、もっと人生が拓けていくような「お告げ」のようなメッセージが欲しいと思いますよね?

潜在意識からのメッセージを受け取り慣れていない方が、自己流で「潜在意識と繋がる」ということを行うには、時間と訓練が必要です。

これは、仕方のないことです。

ダンスをやったことのない初心者が、ユーチューブを見ながら、自分で踊れるように頑張るようなものだからです。

でも、自己流でダンスが踊れるようになる人がいるように、デキナイわけではありません。

ただ、面倒くさがらないことが大事なのです。

「潜在意識と繋がりたい」けど、三日坊主で終わってしまう人は、やはり専門家のサポートを得た方が、早く確実にできるようになります。

潜在意識と繋がるファースト・ステップ

潜在意識と繋がるファースト・ステップは、先ほども申し上げた通り、呼吸を意識して感じること。

そして、その呼吸を、ゆっくりにしていくことです。

その後、自分の体の状態を感じます

そして、自分の体に必要なことができているかどうか、自分に問いかけてみます。

多くの方が、社会の要請に応えるために「体の声」を聴けていない現実があります。

体にムリな負担をかけていないか、ご飯をちゃんと摂れているか、睡眠を取れているか、など、呼吸を静めながら、自分の体の内側へ意識を向けて、問いかけていきます。

そうすることで、何か感じることがあるはずです。

こうして「感じる時間をとる」ということが、「潜在意識と繋がる」第一歩なんですね。

日常生活の義務に追われて「自分の内側に意識を向ける時間をとる」ということができなければ、「潜在意識と繋がる」ことは困難です。

ユーチューブやヤフーニュースを見る時間を数分でも、「自分と対話する時間」にあててみましょう。

潜在意識と繋がる呼吸習慣

「潜在意識を覚醒に導く生活習慣」それは、外の世界に引きずられて、一日を怒涛のように過ごし、疲れてベッドへ倒れ込むような生活ではなく、一日の中で、数回、自分の潜在意識としっかり繋がる時間をつくることです。

例えば、仕事を始める前に、「自分の呼吸」を意識的に感じます。

仕事が終わった後も、意識的に「自分の呼吸」を感じます。

「今日は、呼吸が苦しい」「今日は、深い呼吸ができている」と評価するのではなく、気持ちのいい呼吸ができていても、息苦しくても、ただ気づくだけに留めます。

そこに「今日はこんなストレスがあったから、息苦しいのだ」という解釈を絶対に挟まないようにします。

「現実に起こった出来事」と、「今の自分の状態」を切り離して受け入れます。

  • 今は息苦しい、明日は、また違う呼吸をしている。
  • 今日は、気持ちよく呼吸ができる。明日は、また違う呼吸がある。

このように捉えるようにします。

この呼吸習慣を取り入れるだけで、日常の心の安定具合は、格段に上がっていきます。

 

おススメ記事

素人でもできるハイヤーセルフと繋がりインスピレーションをもらう方法【誘導音声つき】

素人でもできるハイヤーセルフとの繋がり方【誘導音声つき】