「若い頃のように眠れなくなった」
「床に入っても、寝つくまでにとても時間がかかる」
「夜中に目が覚めると、再び寝入れなくなる」

こうして「朝起きるとスッキリしない」あるいは「日中の生活に張りが出ない」「居眠りをしてしまう」こんなことにお困りではありませんか?

実は、厚生労働省の調査によると日本人の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」或いは「寝つきが悪い」など何らかの睡眠の悩みを抱えているということです。そして、この傾向は加齢ともに増えていくということです。

50代以降の不眠の悩みはあなただけに限ったことではありません。多くの方が経験していることでもあるのです。

スポンサーリンク

眠れない理由が変わる50代

睡眠に悩みを抱える理由は年齢によっても変化します。

例えば働き盛りの忙しい世代では「睡眠時間が確保できないことが大きな問題」となっています。平日には睡眠時間が確保できないため、20代では「週末に睡眠をまとめてとる」ことで対処してきたのが、30、40代になると平日に仕事をバリバリして週末に睡眠をとるだけでは疲れがとれなくなり仕事の能率が落ちる、けれど働き盛り、仕事量はどうしようもないことが問題となる傾向があります。

それが大きく変化するのが50代です。

50代になると、いくら仕事が忙しいといっても、やはり体に無理はさせなくなります。睡眠時間の確保は比較的できるようになるのですが、そのかわりに、寝ようと思って床についても「寝つきが悪い」「夜中に目がさめる」「早朝に目覚める」「眠りが浅く、目覚めがすっきりしない」などの不眠症状に悩む人が増える傾向があります。

眠りの質は抱えている不安度のバロメーター

眠りの質は「心の状態のバロメーター」とよく言われます。

睡眠の問題で悩みを抱える50代以降の方によくみられるのが「眠れないことへの不安、焦りが非常に強いこと」

若いときと同じように眠れないことに不安を感じ「どうしよう」と焦ってしまう。少しでも思ったように眠れない、寝つけないと、そのこと自体に不安や焦り、イライラなどを感じて神経が高ぶり、余計に眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

眠りに直結した不安や焦りだけではありません。

50代では若い頃に比べ、自身の体調の変化生活の変化社会的ポジションの変化など、様々な変化を一気に迎えます。人間の脳にとって、こうした変化のすべてがストレスとなります。

何故ストレスとなるかというと、脳はもともと「同じ状態を維持しようとする性質がある」からです。それには理由があり、脳の第一使命である生存を維持するためには「生存できている今の状態を変えない」ことが一番確実だからです。(※過去記事で詳しくお伝えしていますのでよろしければコチラをどうぞ。)

ということで、50代は日常生活の中で無意識に抱える不安や焦りが増えます。

ストレスが増えるのにも関わらず、50代を過ぎると、そういった悩みや不安を若い頃のように誰にでも相談することがはばかられ、社会的なプライドを守ろうとする意識の作用も手伝って、自分自身の中でもそういった不安や焦りを抑圧するようになります。

ところが、日中の日常生活では、特に問題なく生活しているように感じていても、意識の覚醒状態が低くなる睡眠前には、抑圧していた不安や焦り、ストレスなどのモヤモヤがより意識される状態となり、神経が高ぶって寝つきの悪さにつながってしまうのです。

漢方を利用するのもひとつの手

特に寝つきが悪いタイプの方におすすめの漢方薬に『抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)』があります。(さっぽろ悠心の郷 ときわ病院院長 宮澤仁朗先生のおススメ - 出典:Kampoful life

神経が高ぶってイライラしやすい方に処方される漢方で、自律神経を安定させる効能があり、胃腸の弱い方でも服用しやすい漢方薬となっています。

寝つけないというのは、直前までイライラや不安があり、その延長上で起きていることがほとんど。『抑肝散加陳皮半夏』を日中に飲むことによってイライラ度を下げ、眠りに導いていく効果が期待できます。実際に、不安焦燥が強く、夜眠れないという高齢者の方に処方しており、『イライラしなくなり、眠れるようになった』とお声をいただくことが度々あります

不眠の悩み ~ 薬に頼らない解決法

フランスでは多くの高齢者がソフロロジー(リラクゼーション・メソッド)によって睡眠の問題を薬に頼らずに解決しています。不眠の悩みを解決するために大切なことは大きく分けて3点あります。

  1. 日々の不安、人生への焦りなどから解放すること。
  2. 年齢と共に変化していく自身の体調や移り変わっていく社会環境を受け入れ、それに適応していく能力が自分には備わっているという自信を持つこと。
  3. 心地よく、自分の思い通りの寝つきができる、良質の睡眠をとれる自分をイメージすること。

不眠の症状をどうにかしたいとお困りの方はお気軽にご相談ください。

この記事が参考になった方はボタンをポチッと押してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村