激しい感情の起伏に疲れていませんか?

自分の一時的な感情に振り回されてしまって、それを身近な人と衝突してしまう。感情が激しい人の影響を受けやすく、とても疲れてしまう。

呼吸法によって感情の癖をコントロールし、幸福感に対する感性をより高めることができます。ただネガティブな感情に犯されないだけでなく、普段の生活でポジティブな感情を抱きやすくなります。

1日たった5分の習慣で、毎日が好転していきます。

スポンサーリンク

幸運を招く呼吸法

呼吸に意識を集中します。鼻から息を吸って鼻から吐きます。

  1. 5秒数えながら息を吐きます。
  2. 5秒数えながら息を吸います。

呼吸のスピードが一定になるように、ゆっくりゆっくり吐いていきます。息を吸ったあとは、一瞬も息を止めず滑らかに吐く息へ切り替えます。

実際には鼻呼吸をしていますが、頭の中のイメージでは、胸の真ん中にある心臓から息が吸い込まれ、少し下がったところにある胃腸からから息が吐き出されるイメージをします。(※解剖学的には心臓は体の中央に位置していませんが、イメージの中では体の中央にあるイメージをしてください。)胸の真ん中に息が吸い込まれ、みぞおちあたりから息が吐かれるイメージです。

このリズムの呼吸になれてきたら、目を閉じ、ポジティブなイメージを頭の中に思い描いてください。「愛」「信頼」「感謝」「喜び」を想起させるイメージです。

「愛」  自己愛、誰か大切な人への愛、隣人愛、博愛、
「信頼」 自己信頼、誰か特定の人への信頼、人体機能への信頼と称賛、世界への信頼
「感謝」 自分への感謝、誰かへの感謝、人生への感謝、自然への感謝
「喜び」 人生の喜び、日常生活の小さな喜び、家族と分かち合う喜び、内面の充足感

この呼吸を一日5分間行います。

※時間がある方は一日30分を6週間つづけることで劇的に人生が変わります。

呼吸法の効果

  1. 怒りっぽくなくなり、穏やかな感情がもてるようになります。
  2. 周囲のストレス原因の影響を受けにくくなり、自分を保ちやすくなります。
  3. 普段の感情の状態がよりポジティブになり、日常の幸福感が上がります。
  4. 心臓の機能が安定し、循環器系等の働きがスムーズになります。
  5. 過剰な食欲が抑えられ、ファーストフードなどより健康的な食事への欲求が高まります。

※補足:アメリカの一部の保険会社では(アメリカは日本のように皆保険制度ではないので、市営の保険に入っている方が多いのです。)この呼吸法を毎日行っているかどうかを機器を用いてチェックしているそうです。呼吸法を毎日行うことで、心機能が安定し、心臓病のリスクを低減できるからです。保険加盟者の健康が維持できれば保険会社は支払いを抑えることができますからね。

こちらにご紹介するユーチューブの画像で○の上下に合わせて呼吸すると5秒の呼吸法ができるようになっています。

 

この記事が参考になった方はこちらのボタンをポチッと押してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村