「自分は人と違うから、うまくいかない」
「自分は人と違うから、生きづらい」

そんな気持ちになること ありませんか?

私も同じように感じていた時期があるんですよ。

仕事でも、プライベートでも、家族といても、何か見えないバリアがあって「思っていることが人に伝わらない

他の友人たちは一緒に「コレいいね」と言いながら、お互いにワイワイやっているのに、自分はその輪にはどうしても入れない。

「自分は自分」と思っていても、やっぱり輪に入れない自分になんか寂しさを感じたりして。

「しょうがない」って思っていたんですけど、でも、そんなときにどうしたらいいのかが分かるようになったんですよね。

だから、今はセラピストをしています。

 

でも、一体「みんなと違って何が困る」っていうんでしょう?

どうして、その輪の中に入りたい?
その輪の中に入ったら、どんないいことがある?

はてな
スポンサーリンク

人と同じになったら、何かいいことあるの?

もしかしたら、その輪に入ったら

「人生何がもっとうまくいくようになる」
「寂しさがなくなる」

なんて、ぼんやりイメージしていませんか?

もしかしたら、
ただ単に人の輪の中に入ることではなくて
「うまくいくこと」「寂しさをなくすこと」
が本当は欲しいのではないでしょうか?

でも、他人と一緒にいるだけで、本当に人生がうまくいき、寂しさがなくなるものか、少し不安がありますね?

他人と一緒にいても人生がうまくいかなかったり、心の中の寂しさが消えなかったりする人も世の中にはたくさんいますもんね。

それに「他人と一緒にいなければ、寂しさを払拭できない」というのも、考えようによってはとても不便です。

だって、自分の幸福感が他人に依存してしまうことになりますから。

 

じゃあ、どうしたらいいんでしょう?
他人に頼らずに人生がうまくいき、寂しさがなくなる方法?

そんな方法あるんですかね?

 

一応、あるんです。

それは「本当の自分と向き合ってあげること」です。

 

「本当の自分」と真に向き合うって

意外と挑戦したことある人少ないかもしれません。

もしかしたら、本当の自分と向き合うことが怖いと感じていたかもしれません。

「本当の自分」は不幸せで、不満が多くって、皆がやっていることも普通にできない。

人と同じではないそんな自分を直視するのは辛いから避けようとしてきたのかもしれません。

でもちょっとだけ考えてみてほしいんです。

もし自分が不幸せだとしたら、 誰と比べて不幸せに感じているんでしょうかね?

  • 人の輪の中に入ってワイワイやっている他の人たちに比べて?
  • それとも、Facebook や インスタグラムで綺麗な写真を載せている人たちに比べて?

深呼吸をして、落ち着いて考えてみます。

  • 自分から見てキラキラして見える人たちは本当に幸せなんでしょうか?
  • 自分から見てキラキラして見える人たちにとっての幸せは、本当に自分のことを幸せにしてくれるでしょうか?

もしかしたら、そうではなくて
こういうこともあるかもしれませんよ???

自分が知っている幸せそうな人の「幸せ」を真似してみたけれど、上手くいかなかったから、
いまも自分は悩みつづけている。

そして、上手くいかなかったのは、他人にとっての幸せが
「自分にとっての本当の幸せではなかった」から。

しかも、私たちが幸せそうだと思っている人たちが本当に幸せかどうかなんて、私たちには分からないことなんですよね。

例え、インスタグラムの写真に不満が映っていなくても、見えないところに不満が溜まっているかもしれません。

そんなことは本人にしか分かりません。

私たちが持っている不満は特別なことではなく、誰もが持っている不満なのかもしれないんです。

もう一度、考えてみますね。

「人と同じになったら、どんな未来が手に入る?」

  • みんなの輪に入れてもらえる?
  • みんなに認めてもらえる?

でも、世の中には人と違うからこそ、他人ができないことに秀でているからこそ、周囲に認められる方もたくさんいます。

もしかしたら、あなたは自分に秀でている点なんて何ひとつない、そんな風に思っているかもしれません。

でもね、本当はそんな風に思えてしまうのも「本当の自分を知らないから」かもしれませんよ。

だって、周りばかりを見て、自分を見つめなければ、自分にどんな良いところがあるかなんて分かりっこないから。

山に住む人が、海の生活ばかりを夢見て、自分が住んでいる山にどんな宝が埋まっているのか気づこうとしなければ、自分が住んでいる山がダイヤモンド鉱山であることに気づくことはできません。

ましてや「自分の山はガラクタの山だ」と決めつけていては尚更です。

自分と他人を隔てているように感じていた見えないバリアのような壁は、実は、あなたと「本当のあなた」を隔てている見えないバリアなのかもしれません。

さあ、そのバリアは今ここで壊してしまいましょう。
そして本当のあなたに会いにいきましょう。

 

本当の私はどんな顔?

 

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました♪

セラピー内容にご興味をもたれた方はこちらへどうぞ。